第46話 奇妙な協力者たち―2




「う、うそでしょ……。この感じ、もしかして……!」



 奇抜な造形の屋根を戴いた道具屋に足を踏み入れるなり、アレイアは驚愕の声を上げた。驚いたエッドが振り向くと、興奮した様子の少女が瞳を輝かせている。


 飛び込むように商品棚に向かうと、魔物混じりの闇術師は早口でまくし立てた。



「この眼鏡、“燐水晶フォスクリスタル”が含まれてる! 成型が難しいのに、なんでこんなに薄くできたの? あ、こっちのブローチに嵌ってるのは“紺碧合金アズルアロイ”!? にしても純度高すぎじゃ……あああ! あの泡立て器の金属部はまさか、“白金銅プラチナムカッパー”――」

「ア、アレイア? 大丈夫か」



 エッドに肩を叩かれ、勢いよく振り向いた若者。彼女は信じられないといったふうに、小麦色の三つ編みを真横に振った。


「どれもこれも、田舎の道具屋にあるような代物じゃないよ! 素材も加工技術も、ルテビアの職人に負けちゃいない……ううん、造形美の深さを加味すれば、ここの品々が凌駕していると言っても――!」

「う、うんうん。落ち着こう。な?」


 エッドがなだめようにも、少女の興奮は冷めやらぬようだ。術師連中ときたら、自分が惚れ込んでいる分野に遭遇するとこうである。エッドは前科多数の友を見たが、本人は“弟子”から解放され店の隅で一息ついているところだった。


「店主さんは!? その人がぜんぶ作ってるのかな? ぜひ、話を聞きかなくちゃ。例えばこれ――この、不思議なガラス玉っ!」


 広い作業机に転がっていた黒っぽい物体を取り上げ、アレイアはぐいとエッドに見せつけた。


「素材は“瑪瑙炭素アゲートカーボン”だと思うけど、あんな硬いものをこんな完全球にする技術なんて、聞いたことないし。これ、なにで出来てんだろ?」

「あ。それは……」


 エッドが説明するよりも早く、ガラス玉が震えはじめた。



「それはな、夢と情熱と浪漫で出来てるんだっぺよぉ! お嬢さん!」



 甲高い声と共に、アレイアの手からガラス玉が飛び出す。

 店の照明の下に浮かんだ玉は、後光を放ちながらぐるぐると回転した。


「うっ――ううわっ! こ、声もでる仕組みなの!?」

「その仕組みだけは、オラもわかんねえなあ。なんせ、自分を分解するこたぁできねえからなっ!」


 がっはっはと底抜けに明るい声を放つ球体に、アレイアは好奇心に震える手を伸ばしている。捕獲したいのか、指がむずむずと奇妙な動きをしていた。


「あ、あたしがしてあげよっか? 中がどうなってんのか、めっちゃ気になるんだけど!」

「んん、その心意気や良し! だっぺな」

「良くありませんよ、ペッゴ……。自らを粉々にしてどうするのです」


 ログレスの真っ当な忠告にも、球体の生き物は元気な声で笑っただけだった。


 少女の目が点になったのを確認しつつ、やっとエッドは苦笑して紹介する。


「アレイア。道具屋の店主、ペッゴさんだ」

「え――えええ!?」

「よろしくなあ。お嬢さん、そこまで鉱物が好きってことは“犬鬼”――いや、もしかしてその瞳は、“宝石犬鬼”かい? 懐かしいっぺなあ!」


 店主の言葉に、アレイアは文字通り飛び上がった。


 自らの正体を見抜かれたことと、希少な魔物と面識があるという事実の両方に驚いたのだろう。エッドも眉を上げて店主を見た。


「あ、あたしはあんまり血が濃くないんだけど……分かるの?」

「おうとも。オラの故郷は、ウェルスの古い鉱山でなあ。“宝石犬鬼”たちとは、よく共同製作したもんだっぺよ。あんたの瞳は、上等な鉱石を掘り当てた時のあいつらと同じ――きらっきら光る、“琥珀水晶アンバークリスタル”みたいな色だっぺ」

「そう……なんだ」


 これまで、瞳の色を褒められたことはなかったのだろう。少女はその蜂蜜色を潤ませ、黙った。自身の瞳に暗い感情を持っている彼女だが、父祖たちのそれと同じと聞かされて思うところもあるのかもしれない。


 エッドは静かになった店内に、咳払いを落とした。


「ペッゴ。今日は、正式な製作依頼をしたくて来たんだ」

「おお! そりゃ大歓迎だっぺ。ちょうど、ニルヤん家の鍋底を直して手が空いたとこでなあ」


 嬉しそうに語る店主には手がなかったが、エッドはなるべく気にしないことに決めた。


「下手だが、完成図を描いてきた。これを作ってほしいんだ」

「ふんふん。ちっと見せてくんな」


 エッドが開いてみせた設計図の上に漂ってきたペッゴは、ぴたりと動きを止めた。


 呼吸音も聞き取れない――そもそも、していない気もするが――沈黙のあと、強張った声で言う。


「エッドさん。こりゃ、あんた……」

「作れそうか?」

「いんや、そりゃ……作れることには、作れるけんど」

「なにか問題か? 素材が入手困難とか」

「問題っちゅうか……完成させるために“どんな道”を通らなきゃなんねえか、知ってて言ってるんだっぺか?」


 戸惑った店主の声をよそに、エッドはさらりと言った。


「ああ、知ってる。ちょうど、似たような物を注文した冒険者の知り合いがいてな。“完成”まで立ち会ったことがある」

「覚悟は出来てるってんだな? けどよぉ、エッドさん。簡単に言うけんど、実際は……」

「心配するな。そのためには、都合のいい身体を持ってるからな」


 設計図をくるくると丸めて机の上に置き、エッドは安堵の声を落とす。


「引き受けてくれて良かった。こんなもの、王都の職人には掛け合えないからな。そんな時間もないし」

「あ、当たり前だっぺな! オラだって、正直あんまり良い気はしねえよ」


 ぐるぐると激しく回転しながらそう言い放ったペッゴだったが、やがて回転は声量と共に力なく収束していった。



「でもなあ……メルちゃんのためなんだべ?」

「そうだ。そのこと以外に利用しないって誓うよ。全部済んだら、返却する」

「返されても、オラにはとても使えねえっぺ。作ったら、あんたが使っておくんな」



 宙で輪を描いている店主は、まだ思い悩んでいるようだった。


「……」


 涼しい顔を保っているエッドだったが、内心では不安が渦巻いていた。ペッゴに断られると、他に宛てがない――この道具を作り上げることは、作戦の要なのだ。 


「んんー。いいのかい、ログレス先生? あんたのお連れさん、とんでもねえ代物を作ろうとしてるっぺよ」

「……持てる言葉は、とうに全て尽くしました」


 店主の問いに苦々しい声で答える友を、エッドは見ることができなかった。

 完成した設計図を見せた時など、冗談だと思われたほどである。エッドが本気なのを見た友は、珍しく数秒のあいだ絶句していた。



“エッド……亡者も生者も、体はひとつしかないのですよ”



 半刻に渡る説得の末、折れた友が最後にぼそりと呟いた言葉は記憶に新しい。



「むむぅ。先生でもダメだってんなら、オラがなに言っても無駄ってもんだな」

「話が早くて助かるよ」

「“犬鬼”の嬢ちゃんは? ちゃんと、計画を知ってんのかい」


 ペッゴの声に、ふたたび商品棚に見入っていた少女は慌てて振り向く。


「もっ、もちろんだよ! まったく、呆れちゃうよね。あたしもちゃんと反対したんだから。でも奇策といえば奇策だし、完成品はちょっと見てみたいし。何ならその、製作助手が必要なら、力になれるかもしんないし……?」


 指先を擦り合わせながら、アレイアはちらちらと店主を見上げる。

 八の字を描いて飛び回った後、ペッゴは可笑しそうに言った。


「ぶっはは! あんたもだいぶ、ぶっとんでるっぺな! それでこそ“宝石犬鬼”ってもんだ、気に入った!」

「細かい調整はいらない。形にさえなればいいんだけど……どれくらいで仕上がりそうだ?」

「ふっふふ。安心すっぺな、ご新規さん」


 設計図の隣に音もなく着陸し、ペッゴは丸い胸を張った――ように見えた。


「このペッゴ、設計図を違えたことは一度たりともねえ。三日ありゃ、満足に動く品に仕上げてみせるっぺ!」

「そうか。三日も――え、三日!? 早っ!」


 作業日程を早めてくれるようお願いするつもりだったエッドは、予想外の返答に度肝を抜かれた。


「なんの因果かちょうど、素材も揃ってるしなあ。この身体は数日眠らないくらい、なんてことねえし……雑務をやってくれる“助手”がいりゃ、何とかなるっぺ」

「が、頑張りますっ!」


 鼻息荒く答えるアレイアは、工房に立ち入ることができる幸運に浮き足立っているようだ。無事に帰ってこられたら、本当に助手として雇ってもらうのも悪くないかもしれないとエッドは密かに思案する。


「けどよ。肝心の“下準備”のほうは、どうすんだい? 見たところ、先生も嬢ちゃんも向いてねえと思うっぺ」

「まあ、そうだろうな」


 エッドが目を向けると、仲間たちは怖い顔をぶんぶんと真横に振った。絶対にご免だという表情である。


 エッドは心配そうに揺れている店主を見下ろし、頭を掻いた。


「作業は、その道の“達人”にお願いする予定だ。そこがうまくいってからじゃないと、何も始まらないからな」

「んだな。頑張りなよ」


 ペッゴは再び浮き上がり、店内を見回すようにゆっくりと回転した。



「――オラの身体がこんなだから、作ったまんま埃をかぶってた商品も多かったんだけどよ。あの娘は商品棚のホコリを払って、ひとつひとつピカピカに磨き上げてくれたんだ。手を真っ黒にして、優しい顔で笑ってたっけなぁ」



 腕まくりをし、雑多な品々と格闘する彼女の姿が見えた気がする。エッドは小さく牙を覗かせ、微笑んだ。


 白い服を好んで着る割に、作業で汚すことは名誉だと思っている――そういう女性ひとだった。



「だからよ、オラも力を尽くすことにするっぺ。絶対、メルちゃんを取り返してきてくんな!」

「……ああ。任せてくれ!」



 店主に力強く頷き、エッドは意気揚々と店を後にした。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます