第43話 宝石犬鬼




「アレイア。君は……」

「その様子じゃ、分かっちゃったみたいだね」


 “純粋な人間”として数えられていたのは闇の友――そして、想い人メリエールのほうだったのだ。確かにニルヤにはまだ、この少女は親戚という体でしか紹介していない。

 涙を流す魔物の瞳を持つ少女を見下ろし、エッドは自分のにぶい思考を呪った。



「うん。あたし……あたし、“宝石犬鬼ジェム・コボルド”の血を引いてるんだ」

「ジェム――?」

「やっぱ見たことない? そりゃよかった。見た目は、あんまりだから」



 犬鬼コボルド自体を見たことはある。しかし彼らですら、ウェルスよりも鉱山が少ないこの大陸では珍しい存在なのだ。

 犬のような頭部を持ち、背を丸めて二足歩行をする魔物である。筋肉隆々の肢体は、緑か褐色――確かに、魅力的な外見であるとは言いがたい。


「犬鬼の中でも、ちょっと変わった血族でね。鉱山の最奥にこもって、より希少な宝石の発掘と加工に没頭してるんだ。頭も良くて文化を持つけど、絶えず加工に熱中してるから短命。今はもう、純粋種は絶滅寸前らしいよ」

「へえ……。それにしては君は、“のびのび”育ってるように見えるけど」


 アレイアは小柄だが、ひと目見て人外の者であることを見抜けるほど小さくはない。言われてみれば少しだけ耳が大きい気もするが、目につく程度ではなかった。じっと見られて恥ずかしいのか、少女は苦笑する。


「べつに、牙も長耳もないったら」

「わ、悪い。じろじろと」

「いいよ。見ての通り、あたしに入ってる魔物の血はそんなに濃くはないんだ。純粋な魔物だったのは“変わり者”のご先祖さまだし、外で異種婚したらしいからね」


 ニルヤと同じようなものなのだろう。外見ではとても判別できない。

 それなら苦労はないではないかと、生前のエッドなら口にしていただろう。


「……」


 しかし、魔物として日々を送るエッドには、少女が何かしらの問題を抱えていることが分かった。


「話し込む前に、ちょっと待ってくれ」


 エッドは言うなり、長椅子の背にひらりと飛び乗った。

 ぐっと脚に力を込め、お喋りの場に木陰をもたらす果樹へと飛び上がる。狙いをつけた赤い果実を片手で素早くもぎとると、華麗に着地した。


「ほら。そんなに泣いたんじゃ、喉が渇いただろ」

「あ――わわっ」


 少女は腕輪を鳴らして手をのばし、放られた林檎を慌てて宙で捕らえる。小さな両手に余るくらいの丸々とした果実を見下ろし、そっと鼻を寄せた。


「いい香り。この村のものって、なんでも美味しいよね」

「魔力がたっぷり含まれた特製なんだってさ。“俺たち”には、より美味く感じるんだとか」

「……」


 親しげにそう言ったエッドは、さっと少女の表情が曇ったのに気づく。

 そしてすぐにその“問題”を悟った――彼女は、自身に魔物の血が流れていることを快く思っていないのだ。


「すまん。不躾だったな」

「ううん。最初の反応としては、全然マシ。てか、そう言われたのは初めてかな」


 自嘲めいた笑みを浮かべる彼女は、急に気取った声を出す。



「“やあ。君が闇術師のアレイアだね。さっそくだけど、僕のパーティーに入ってくれ。君の力――ああ、隠しているほうのだが――を見込んで、やってもらいたい仕事があるんだ。それ以外は特に期待していないから、安心したまえ”」



 その芝居が、あの勇者との出会いを演じていることはすぐに分かった。なかなかの演技力である。


 言い終えると、少女はすぐに暗い顔に戻って椅子に沈んだ。


「そう街で声をかけられた時は、正直ちょっとイラっときたよ」

「でも、断らなかったんだな」

「まあね。ライルベルが新進気鋭の勇者ってことは知ってたし、いよいよ活躍の時が来たと思ってさ。その……ルテビアは物価が高くて、生活も厳しかったし」


 当時の生活苦を思い出したのだろう。アレイアは歳に似つかわしくない、深いため息を落とす。

 エッドは隣の椅子に腰掛け、林檎をかじりながら訊いた。


「勇者さまが期待してた能力って?」

「ま、カッコ良く言うなら宝物奪取トレジャーハントの分野だね。“宝石犬鬼”は普通の犬鬼よりも痩身で、高いところの鉱石を採るためにすごく身軽なんだ」

「おお」


 林檎をぽんと宙に放り上げ、手元を見ずにそれを受け取る。慣れたその手つきに、エッドは感心した。少女は華奢な肩をすくめてみせる。


「部屋で、ログレスの杖を取って見せたでしょ」

「あれも“宝石犬鬼”たちの技なのか」

「うん。でもあれをやっちゃうと、ますますヒトとの距離が開いちゃう気がして。なんだかんだで失敗を演じてた。あいつ、汚い仕事ばっか押し付けてくるし」

「そうか……けど、あの早業は確かにすごかったよ。なんでそれを活かさないで、複雑な闇術なんか始めたんだ?」


 これも失礼な質問にあたるのかもしれないが、回り道ばかりしていては時間が過ぎるだけだ。エッドの真っ直ぐな問いに、少女はふいと顔を逸らせる。


「この能力も、故郷じゃちょっとは“役に立って”たよ。言葉を喋るより早く盗みの技術を仕込まれ、文字を習うんじゃなくて貴重品の特徴を教わった。あたしの家族は、みんな現役だよ。捕まってなきゃだけど」

「……そうか」

「でも、あたしは嫌だったんだ。ちゃんと自分で稼いで、食べれるようになりたくて……」

「それで、ルテビアに行ったのか」


 アレイアは冷たい林檎に額を当て、肩を落とした。


「うん。海都に出たあたしは、そこで初めて目の紅い闇術師たちを見かけたんだ。で、どうやら闇術ってのを勉強すれば、ああいう目の色になれるらしいって分かった」


 遠い昔のことに想いを馳せているのか、闇術師の少女は空を見上げている。


「ウェルスじゃ、この大陸よりも闇術師たちの地位は高いんだ。身分も隠せて、おまけに豊かな生活ができるならって、ね……単純な田舎娘だよ」

「自分の目が嫌いなのか?」


 滑らかな林檎の表面に映り込む自分の目を睨み、アレイアは呻くように答えた。


「向こうでは、結構すぐ分かっちゃうんだ。目が金色なら、“魔物の子”だってね。昔みたいに表立って迫害されてるってわけじゃないけど……分かるでしょ」

「なるほどな……」


 どこの大陸も、栄えた都を牛耳るのはやはりヒトだ。


 圧倒的な数に、集団性。個々が優れた少数の存在など、その大海に浮かぶ流木のようなものである。華やかな王都の路地裏に逃げるように入っていく、歪な背中を何度も見てきた。


 以前はあまり、深く考えたことのない光景。

 しかし、今は――。


「うん。けど、字を読むのもギリギリだったあたしが、魔術を勉強できる場所はあんまりなくてさ。酒場の下働きでもらった薄給でなんとか買った教本を、毎日必死に読んだよ」

「杖は? 大体は、剣よりも高いだろ」

「これは、精霊の住む森から死ぬ気で折ってきた枝を削って作ったの」


 腰に下げた小さな杖を丁寧に撫でるアレイアの表情には、愛しさと苦労が混じっている。苦い思い出もたくさん詰まった品なのだろう。


「あいつからそれなりの給料をもらっても、これだけは買い換える気がしなくて。“みすぼらしい木の枝”でも、あたしにとっては――自分が何者かを示してくれる大事な杖なんだ」

「いいんじゃないか? そういうのは、自分で決めることだろ」


 昨夜学んだことを思い出しながら、エッドは力強く頷いた。

 多少元気づけられたのか、少女はしゃくしゃくと林檎をかじり始める。


「うーん、おいし! そういや、しばらく水も飲んでなかったなあ」

「あいつと何があったか、訊いてもいいか?」

「!」


 びくりと肩を強張らせた少女を見て、エッドは問うのが早すぎたかと焦る。

 しかしアレイアは深呼吸すると、観念したように口を開いた。


「あんたが出て行ったあと、ログレスに訊かれたんだ。あたしの……素敵な血のこと」

「多分、俺以上に不躾な訊きかたをしたんじゃないか?」

「まあね。でもそんなの気にならないくらい、あたし緊張しちゃって……」


 明るい色に彩られた爪が、じゃりっと林檎に食い込む。

 わずかに震えている手をもう片方で押さえながら、アレイアは長い息を吐いた。


「……ログレスは、あたしが勇者パーティーの一員にしてはあんまり闇術に長けてないことと、杖を取り上げた動きで気づいたみたい」


 エッドは同情を込めて頷く。隠していた素性をいきなり想い人に暴かれるというのは、決して楽しい気分ではないだろう。


「あと、犬鬼語を使ったこととかも」

「ああ――あれか、“スニヴ”」

「うん。とっさのことだったから……。知識量も含めて、ほんとログレスはすごいね。あんたが寝込んでた間、何度か手合わせしてもらったけど――軽い術ひとつでも、洗練されてるっていうかさ」


 エッドは、素直に合いの手を挟むしかなかった。アレイアが闇術を使用しているところはまだ見ていないので、彼女の実力など推し量れるはずもない。術師同士であれば、わずかな対峙でも十分なのだろう。


「この腕輪も、歳にしては選り好みすぎだって」

「それも血の影響なのか?」

「血というより性質かな。上等な宝石を身につけると、なんか安心するんだよね。給料、ほとんど飛んでったけど……。ディナスには“宝石犬鬼”がいないから、バレるわけないって油断してた」

「あいつ、魔物の知識は無尽蔵だからなあ……」


 エッドにしてみれば、日々遭遇する魔物たちの情報が得られたらそれでよかった。しかし友は使役術を磨くために常に学びを怠らず、高価な図鑑を他大陸から取り寄せるほど熱心であったのだ。


「それで? あいつ、君のことを知ってなにか言ったのか」

「ううん、なにも。でも――」


 前髪をくしゃくしゃと乱し、少女は小さな声で続けた。



「でも、わ――笑ったんだ!」

「え」

「絶対、滑稽に思われたんだよ! 鉱山にこもってるはずの魔物もどきが、難問である闇術を身につけようとしてるなんて!」



 出会った日に、地面で“す巻き”になって喚いていた時と同じような興奮を見せ、アレイアはまくし立てる。



「そんなの、自分でもダサいってよく分かってる! 勉強がしたいって言えば家族に笑われ、独学の闇術は勇者あいつに才能ないってバカにされて」

「アレイア――」

「しかも、命を助けられたくらいですんなり惚れてさ! 向こうは、純粋な“ヒト”なのに!」

「……それって、まずいことか?」



 エッドの静かな声に、少女はハッとして手で口を塞ぐ。

 鮮やかな格子柄のスカートの上に、林檎が転がった。


「あ……。ご、ごめんなさい」

「いや。まあ気持ちは分かるよ。お互い、苦労するよな」


 さっぱりとした肯定がどんなに落ち込んだ心を癒すか、エッドは昨晩体感したばかりである。

 しばらく鳥の声に耳を傾けて時間を置くと、予想通り少女はぽつぽつと喋り始めた。


「あたしには、ちゃんとヒトの血も流れてる。それでも、魔物の血を引いてるって聞いた人は、みんなどこか一線を置いちゃうんだ」

「ああ、それはあるな。俺なんか棺桶出たとたん聖術浴びせられたり、聖気の塊みたいな剣でぶっ刺されたり斬られたり、なかなか愉快な魔物人生を送ってるぞ」


 穴の空いた胸の上に手を添え、エッドは感慨深く目を閉じてみせる。

 アレイアは小さくぷっと吹き出し、慌てて咳払いした。


「ごめん。……すごいや、よくそんな風に言えるね。でもさ、人間の頃からエッドは強いんでしょ。勇者になるくらいだもん」

「うーん。それも案外、成り行きもあってな」

「えっ、そうなの?」


 好奇心を浮かばせた少女をよそに、エッドは椅子から腰を上げた。

 どこかの家から、コトコトと朝餉の準備を始める心地よい音が響いてくる。今日からは自分も同じように食卓につくことができると思うと、エッドの足が疼いた。


「とある数奇な勇者の人生譚ってのもいいが――まず、やることがあるだろ?」

「えっ……」


 家の方角を指差したエッドに、野うさぎのように跳ね上がったアレイアは頭を振った。


「いや、ムリ無理!! あたしがどんな“仕事”をしてきたかも、知られたし」

「あいつも学院生だった時は、保管室から薬草やら干物やらをしこたまくすねてたぞ。気にすることないさ」

「そういう話じゃなくって――!」


 唖然とする少女に、エッドは両指で口の端を引っ張りながら言った。


「笑ったって言っても、こういう顔だろ。にやーって、嫌らしいやつ」

「う……うん。そうだけど。それって、馬鹿にしてるんでしょ?」


 腰に手を当て、エッドは不安そうな顔の少女を見下ろした。


「たった数日じゃ、あいつの乏しい表情は見分けれやしないだろうな。けど大丈夫さ。俺もちょっと話があるから、一緒に行こう」

「で、でも……。もし、ほんとに嫌われちゃってたらどうすんのさ?」



 当然の問いにも、エッドは己の脳に思案する暇を与えなかった。


 答えは、もう出ている。



「そうなりゃそれで、これから好きになってもらうしかないだろ?」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます