第41話 奪還依頼




「――そういうわけで、メルはいない。この大陸にすらな」



 月が水面の端に沈む頃、エッドはようやく話を終える。


 重々しく頷き、ニルヤは空になった語り手のジョッキに液体を流し込んだ。


「そうだったのかい……。辛かったね」

「……」


 まっすぐなその同情は、下手な慰めよりもエッドの心を揺さぶった。

 手に力が入らず、芝生の上にジョッキを降ろして亡者は呟く。


「だから“勇者”なんて、今の俺には一番似合わない肩書きなんだ。大事な人をあっさり拐われて。自分の無力さに苛立って、仲間に当たって……。挙句、こんなところで酒を煽るくらいしかできない、ただの“亡者”にはな」

「おやおや、自棄になるんじゃないよ。酒は、自分の心を見つめるには役に立つもんさ」


 宥めるような女の声に、エッドは渦巻く液体の暗い底を睨みつける。



「ああ。改めて話してみて、よく分かったよ――俺は弱いってことがさ」

「……」



 呆れているのかもしれない。しかし黙り込んだ女に構わず、エッドは言い捨てる。


「けど、それに気づいたとこでどうなるってんだ? 彼女がいなきゃ、俺が棺桶の中から“起き上がった”意味なんてない」

「……そうかね?」

「ああ、そうだ! それに取り戻したからって、彼女は幸せになるのか? 聖堂から隠れて、小さな村に閉じ込めて。なら、いっそ」



 その言葉は口にするべきではない――心の隅で誰かが、全力で訴えかける。


 悲痛な叫びをねじ伏せたのは、目をそらし続けていた不安の影。



「“人間あっち”の世界で、生きたほうが――!」

「そこまでだよ」

「!」



 唸りにも似た低い声に、エッドははっと目を見開いた。


 風を切る音もなく、首筋にぴたりと当てられた刃――その持ち主であるニルヤは、金色の目に厳しい光を浮かべている。


「確かにあんたは、あたしが思ってるほど強くないみたいだね」

「……」


 そんな嘲りの言葉が耳を打っても、激昂する気力さえ湧いてこない。

 本物の亡者のように虚ろな瞳で、エッドはのろのろと女に顔を向けた。喉の皮が、刃に浅く沈む。


「なんなら、そのままこっちに倒れてくるかい? 考えない頭なんて、いらないだろ」


 首を飛ばされたら、亡者もさすがに無事ではいられないだろう。

 それでも動くようなら、目の前の泉に投げ入れてもらっても構わない。


「……それも、いいかもな」


 そうだ――自分は、いつでも“それ”を選ぶことができる。


 亡者だが、この身体は幸か不幸かまだ意思を持っている。

 未練を追って苦難の道を進まずとも、苦痛もなく楽になる方法をこの場で選ぶこともできるのだ。


「しっかりしな。好きでもない男と一緒にいることが、あの娘の幸せに繋がるわけないだろ?」

「……けど、それは俺のそばにいたって同じだろ。“亡者”に、人間を幸せにする力なんて――っぐ!」


 突如襲ってきた衝撃に、エッドは身構える暇もなく芝生に倒れこんだ。


 横ざまになった風景に、本当に首が飛んでしまったのかと錯覚する――しかし殴られたのは、どうやら頬のようだ。



「これは、“人間”のあたしからだ。魔物と一緒になったからって、不幸になるなんて決めつけないどくれ」



 肉付きのよい拳を痛そうに振り、ニルヤは倒れたままのエッドを見下ろした。



「それから、これは“魔物”のあたしから――ほら」

「……悪い」



 柔らかな皮膚に戻った右手を差し出す。

 易々とエッドを助け起こしながら、女は話し続ける。


「自分の弱さをよく知る魔物が一番賢く、そして厄介だ。あんたもそう在りな」

「……!」


 なかば無理やり座らされたエッドは、その言葉にもう一度頬を張られた気分になった。


「俺の、弱さ……」


 深く心に刻まれた言葉の意味を考えようとした瞬間、眼下にある水面がゆらりと膨らむ。



「そうです! ここが踏ん張り時ですぞ、エッド殿!」

「うわっ!? そ――村長!」



 水しぶきをあげて泉から姿を現したのは、村長であるモルズドだった。


「その身体――」


 楽々と岸に上がった彼の身体は、びっしりと青い鱗に覆われている。

 トカゲのような太い尻尾で芝生を打ち、逞しい腕を組んで村長はエッドを見下ろした。


「若い時分に、“水蜥蜴ウォータ・リザード”に噛まれましてな。以来、少しばかり泳ぐのが得意な体になりました」

「お……おう……」


 膨れ上がったトカゲの腰に、水泳用の下穿きをきちんと身につけた姿に、エッドはぎこちなく頷くしかなかった。

 大きく横に裂けた口、開閉できる鼻孔――どこをとっても立派な魔物でしかなかったが、人の良さそうな垂れ目だけがエッドが知る村長その人であることを物語っている。


「この姿を見せた時、人間である妻は驚きつつも嬉しそうに言ったものです――“よかった。これで新鮮なお魚をたくさん食べられますね”とね。今でも、村の漁は私の仕事なんですよ」

「へ、へえ……それで、いつもこの泉に?」

「はっはっは。この泉には大した魚はいませんよ。たまには、水の中で昼寝をしたくなるものなのです」


 海藻のように貼りついていた白髪を撫でつけ、村長は並んだ鋭い歯を見せて笑った。

 新しい酒の大瓶を用意しながら、ニルヤは呆れ声を向ける。


「水ん中で聞き耳を立てちゃいけないって掟も追加しなくちゃねえ、村長?」

「厳しいね、ニルヤ。村長として、困った村人を助けるのは当然なのだよ」


 自分が村人として数に入っていることに気づき、エッドはどきりとした。

 そんな心中を知ってか知らずか、胡座をかいた村長は金色の瞳を輝かす。


「さて、改めて。我が村が誇る“勇者”さまに、“依頼クエスト”をお願いしたいのです」

「く、依頼?」


 思ってもみなかった提案に、エッドは訊き返した。

 久しく聞いてない言葉だ。



「ええ。我が村の人気者――メリエール・ランフア殿が、どこぞの不埒者に連れ去られたようなのです。その奪還を、お願いしたい」

「!」



 事態を飲み込めないエッドを置いて、モルズドはひとり話を進める。


「件の人物の特徴を述べますぞ。美しい銀色の長い髪に、翡翠の瞳を持つ若い女性。大抵は聖術師の力を高める、白い衣服を身につけております」

「お、おい――?」

「人を安堵させる柔らかな物腰と、どんな相手であっても真摯に向き合う生真面目さを持っております。……真っ直ぐすぎて、足元の小石につまずくこともしばしば」


 トカゲの顔が、器用に悪戯っぽい笑みを浮かべる。

 ニルヤから受け取った酒を大きな口にくいと流し込むと、長い舌を美味そうに揺らした。



「この“少し変わった村”では、唯一の聖気を持つ者。けれどそんなもの、我らにとっては毒でもなんでもないのです。高潔と親切、利他的な優しさを備えた若者を、誰が嫌いましょう? 彼女は――この村の、陽だまりのようなものです」

「……」



 ここまでメリエールに人望――ヒト以外から、だが――が集まっていた事実に驚き、エッドは小さく口を開けた。しかしまるで“言葉封じ”で抜き取られたかのように、声は出てこない。


「それに彼女としても、この村で大事な出来事があったようです」


 静かに輝く月を見上げ、村長は目を細くする。

 縦長の瞳孔は人間に不可能な収縮をしてみせるが、そこからは確かな親愛があふれていた。


「最初は、まだ彼女も自覚できないほどの小さな芽。けれど、“彼”と日々を過ごすうちに、その思いはたくさんの水と光を受け、真っ直ぐに伸び――今や、誰が見ても立派な大輪の花となりました」

「そ、それは……!」


 その詩人めいた例えがなにを示しているかを悟り、エッドはもごもごと声を漏らした。ちらりと隣の女を見ると、止められないよとばかりに小さく肩をすくめられる。砕けて話す時は、いつもこうらしい。


「……。ひとつ、確認させてくれ」

「何ですかな?」


 村長の芝居に乗る覚悟を決めたエッドは、鱗に囲まれた目をじっと見た。



「その“彼”は――そんな陽だまりである彼女に、相応しい人物だと思うか?」



 野菜の酢漬けをひと呑みにしたあと、モルズドは嬉しそうに答える。

 

「おお、よくぞ聞いてくれました。それが、その“彼”というのがなかなか厄介でしてな」

「え……」

「ヒトから亡者に成った数奇な運命を持つ若者で、まだ自分が何者かと揺れております。その上、苦手とする聖気を纏った女性ひとを好いている。他人が聞けば、この池でクジラを待つほど無謀なことと同義でしょうなあ」


 メリエールを褒めちぎっていた時の優しい態度から一変し、村長は呆れたように細長い頭を左右に振った。エッドは言葉もなく、それを見つめる。



「しかしね、私は――“私ら”は、そうは思ってないんですよ」



 金色の瞳が、柔らかな光をたたえる。


「世渡り上手で気さくな“彼”ですが、心から想う人の前ではまるで不器用そのものです。愛を得たいがため力みすぎたり、格好つけようとして転んだり――まるで、無垢な少年です」

「……」

「ですが、我々も皆そのようなものでしたよ。立派な鱗や角を持っていても、若さとは――得てして淡い辛酸をなめることに、変わりありませんでなあ」


 村長の長い舌が、可笑しそうにチロチロと覗く。

 吹き出しそうな顔をしているニルヤを横目で睨み、エッドはジョッキを煽った。


「悪かったな。少年みたいなおっさんで」


 ふてくされたエッドを眺め、少し引き締めた威厳ある声になった村長は話を続ける。


「環境や自らの身の上を嘆いていては、こんな村は出来上がらなかったでしょうな。ですから少なくとも我々だけは、その“彼”の未来を悲観することなど決してありません」

「モルズド……」

「不運なら、幸運を探せばいい。不条理には、それを上塗りする条理を自らで築くだけ――そうやって泥の中を進む者のみが、安寧を手にするのですよ」

「……。俺は」


 温かい激励にエッドが口を開いた瞬間、暗い家々や木立の陰から複数の気配が躍り出てきた。



「そーだっぺ! メルちゃんを取り返してくれよ、エッドさん!」

「そうだよ。あの娘がいなきゃ、なんだかもう寂しくってさ。また一緒に、お料理する約束もあるんだ」

「うちの孫も、多少ちくちくしてもメリエールさんに抱かれるのが好きでなあ。あの子らに、彼女が行っちまったなんて言えやしないだろ?」



 登場と同時に勝手に話し始めたのは、村でよく見かける面々――のはずである。エッドはもはや、どこから驚いたら良いのかも分からなかった。


「……全員、初めましてじゃないんだよな? ええと、ドルンに……ポーラか」


 鋭利なくちばしをカチカチ鳴らしているのが、村一番の力持ちであるドルンだ。メリエールと仲の良いほっそりとした八百屋の女、ポーラもいる――彼女の腰から下は、光沢を持つ大蛇の身体をしていた。


「それから……?」


 二人の隣に浮かんでいる宝石のような丸い“物体”の声にも、聞き覚えがある。


「道具屋のペッゴだ! ログレス先生に渡した黒合金ブラックアロイの筒は、役に立ってるっぺか? あの人にも、また来てくれって伝えとくれよ!」


 道具屋の主人は、エッドの記憶にある人物の面影をかけらも残していない。


「ペッゴ? それが、本当の姿なのか」

「ぜーんぶヒトに化けるのは、骨が折れんだっぺよ? まあ、骨なんてねえけどなっ!」


 完全な球体である身体のどこに口があるのかは分からなかったが、ペッゴがにこにことしているらしいのはエッドにも分かった。


「悪いけど話は聞かせてもらったよ。まさか、怖気づいてんじゃないだろうね?」


 ポーラはシューという危険な音をちらつかせ、高みからエッドを見下ろして唸る。


「あんたが行かないなら、アタシだけでも行くよ。野菜の選り分けと、木登りだけが得意ってわけじゃないんだ」

「落ち着いてくだされ、マダム・ポーラ。心配なのは、みんな一緒ですぞ」

「村長は話が分かりにくいんだよ! ほら、腐ってもあんた勇者なんだろ? 好きな女を拐われてしょげるヒマなんかないんだ、意地を見せな!」


 普段は上品な物腰の美女は、いまや噛みつかんばかりの顔になってエッドを叱咤する。


 自分よりも数倍長いその牙を見上げ、エッドは静かな声で答えた。


「勇者である前に、俺は亡者だ」

「なっ……! もうそんなこと、あの娘は眼中にないよ! 聞かせてやりたいくらいさ。あの娘が、どんなにあんたを――」

「いや。甘い言葉は、彼女から直接聞くことにするよ」

「!」


 エッドの言葉に、蛇女は長いまつ毛を瞬かせた。

 勢揃いした異形の者たちを眺め、エッドはいまだ癖となっている深呼吸をする。



 胸の穴に、一陣の風が通り抜けた気がした。



「亡者であり、人間であり――やっぱり、勇者でもある。“勇亡者”エッド・アーテル。それが、今の俺さ」

「ああ。あんたがそう決めたなら、そうだとも!」

 

 満足そうに口の端を持ち上げているニルヤは、どこか目を赤くしているように見えた。村長もうんうんと嬉しそうに頷き、他の面々も安堵の表情を浮かべている。


 代表として一歩前に出たモルズドは、丁寧に会釈して言った。


「では、“勇亡者”エッドさま。ラケア村の代表として、再び申し上げます。聖術師メリエール・ランフアの奪還依頼――受けて頂けますかな? もちろん村としても、協力は惜しまないつもりです」


 王の御前でしか披露したことのない、片膝をついた姿勢をとりエッドは答える。



「このエッド、命に代えてもその任を遂げてみせましょう――ま、命はもうないから、骨に代えてもってとこか。とにかく、やれることはやってみるさ」

「なんだい、締まらないねえ」



 ニルヤの呆れた笑い声に賛同するように、茂みにいた虫たちが楽しげな曲を伴奏しはじめた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます