第7話 指輪を嵌めるだけの簡単なお仕事―1



「で、でかいな……!」

「まったく、魔物の感性は粗野でいけませんね」


 巨神の大岩のようなひざを見上げたエッドの感想を、闇術師はため息まじりに一蹴する。


「あの見事に逆まいた髪や、ひげを見てください。それに、聖紋が散らされた法衣の精緻せいちさときたら……。これほど細部まで具現化できたのは、彼女の信仰の賜物と言えるでしょう」

「ああいう男が好みなのかな?」


 自分よりもたくましく豪気な神の姿をじろじろ眺め、エッドは不安そうに疑問をもらした。


「……」

「冗談だよ。最後になるかもしれないんだ、これくらい良いだろ」


 非難めいた目を向けていたログレスは、エッドの言葉にわずかに眉を上げた。

 やがて静かに息を吸うと、巨神の足元をゆっくりと見遣る。

 つられて目を向けたエッドは、停止した心臓がたしかに跳ねるのを感じた。


「いた! メリエールだ」


 先刻の場所から一歩も動いていないらしいその聖術師は、不思議な風に包まれていた。

 彼女の足元は金色に輝き、そこから吹きあげている熱風が銀髪を遊ばせている。


「なあ……なんだか、ぼーっとしてないか?」


 エッドたちに気づいた様子はなく、中空を見つめるその瞳はどこか虚ろにさえ感じる。

 隣の木立にいる闇術師が、不快そうに顔を歪めた。


「……かなり深い精神集中に入っているようですね。憑依とも言えましょうか」

「だ、大丈夫なのかそれ!?」


 エッドに声をおさえるよう手で示しながらも、ログレスは重々しく頭をふった。


「普段の彼女でも、この術は相当の負担になるはずです。まして、ここ数日の疲労状態であれば……」

「だな。よし、とっととやるか」

「ええ。隠遁術をすべて解除します」


 術師が短い呪文をささやくと、とたんに辺りの気配が鮮明になる。

 エッドは灰色の身体を見下ろし、首を傾げた。


「なんか、暑くないか?」


 じわじわと灼けるような奇妙な熱が、痛みを感じないはずの肌を刺している。


「神の聖気は、魔物には辛いのでしょう。しかし僕の隠遁術でもこの先、シュメンデルには通用しません」

「分かった。全力で走る」


 効力は不明だが、エッドはいつも戦いの前に行う屈伸をした。

 身体の状態は悪くない。むしろ、重い装備を着けていないぶん身軽だ。


「神に対抗できるか分かりませんが、走っている貴方へ攻撃がおよぶ際は闇術で援護します」

「謙遜するな。任せるから、好きにやってくれ。お前の力を信じてる」


 その言葉を聞いた友は、教典の項を繰っていた指を一瞬だけ止める。


 何事もなかったかのようにふたたび集中しながら、それでもどこか可笑しそうに言った。


「ええ。貴方も、恐るべき闇の力に呑まれないよう気張るのですね」

「そりゃ恐い。ま、亡者なりに頑張るさ」

「……それと、はしゃぎ過ぎぬよう」

「どういう意味だ」


 走り出す態勢に入りながら、エッドは親友の忠告をいぶかしむ。


「……エッド。僕が思うに、貴方は――」

「神の御前でお喋りがすぎるんじゃないか、大闇術師さま? さあ、作戦開始だ!」


 友の言葉をさえぎり、エッドは最後の境界線となっていた茂みを勢いよく飛びこえた。


 今、明らかにすることではない――そう感じたのだ。


 裸足の裏に力をこめ、着地と同時に前方へ跳ぶ。


「うわっ、とぉ!」


 その一歩があまりにも人間離れした距離だったので、エッドは奇妙な感嘆の声を上げる。

 

 メリエールはまだこちらを見ておらず、微動だにしない。しかし招かれし神は太い首を回し、すぐさまエッドを捕捉する。


「ちょっと足元失礼するぞ!」


 軽口を叩きながら疾走するエッドだったが、巨神は意外にもすばやい動きで小舟のような手を差し向けてきた。


 まるで蝿を払うかのような動作だが、半霊体であっても衝突するのはまずいと亡者は直感する。


「く……!」


 神々しい熱波にさらされ、亡者の肌が悲鳴を上げた。


(影紡いで鎖とし、鎖絡みて血を搾れ――)


 仲間による詠唱が、距離があるにもかかわらず不思議とエッドの耳を打つ。

 “伝達魔術”と呼ばれる、思念を通わせる基礎術だ。戦闘時の連携には欠かせない。

 

 闇術師の低い声に導かれ、木立の暗がりから黒い何かが数十本と飛び出す。


(汝が血にて、数多る骨を縛らんことを――“悲嘆の鎖ミザリーチェイン”)


 漆黒の蔓のような物体はあっという間に神の手のひらに巻きつき、拘束した。

 エッドは寸でのところで横に飛び、地面に爪跡を残しながらやっと停止して吼える。


「いいぞ、ログ!」

(長くは保ちません。止まらぬよう)

「了解!」


 友の顔をふり返ることなく、エッドはふたたび足に力を込める。


 兎のように跳ねる脚にも、いくらか慣れてきた。シュメンデルは鎖の拘束に傾きながらも、もう片方の手を胸の高さにかかげて開く。


 柱ほどもある太い指先が、星座のごとく並んで輝きはじめた。

 

「お洒落な爪だな」

(エッド、左腕で防御を――“黒曜石の護りオブシディアンガード”)


 親友の指示をしっかりと聞いたエッドは、疑うことなく実行した。

 同時に、神の親指から光の球のようなものが発射される。


「っ!」


 顔の前にかかげた左腕――それは、硬度をもった艶のある黒に変色していた。盾がわりにかざした黒い腕は正確に神の光をとらえ、力強く弾く。

 亡者になっても生前で培った経験が失われていないことに、エッドは感謝した。


(便利なんだがなあ、この術)


 これもまた、ログレスが独自に編み出した闇術である。しかし実戦に用いられる機会は、ほとんどなかった――術の練習相手に名乗りをあげる人間が少なかったのである。


(まったくです。……まあ、使用者が防御箇所をあやまれば蜂の巣という、“小さな欠点”はありますが)


 続けざまに襲いくる光線を跳ね返しながら、エッドは友の思念に笑った。

 そんな姿に激昂したのか、ついに巨神が大きく動き始める。

 大木のような足を浮かせ、エッドの頭上を瞬時に覆った。


 曇ったガラスのようなその身体を通して、エッドは紺色の空に星が瞬きはじめたのを見る。


「まるでアリを踏むような動作じゃないか。さすが、慈愛に満ちてるな!」


 どの木よりも広いその足が振りおろされるまで引きつけ、エッドは思いきり横に跳んだ。

 地響きもなければ、地面の小石ひとつも転がらない。だというのに、エッドだけが吹きつけてきた熱波によろめく。


「っと!」


 さぞ奇妙な光景だろうと思いながらも、エッドは体勢を立てなおし神を睨めつける。

 灰色の皮膚が、溶けるほどに熱されているのを感じた。


「あっつ……! こりゃ、いつまでもおちょくってはいられないな」


 熱々のパンの上を滑るバターを想像し、エッドはうめいた。


(エッド。少々、試したいことがあるのですが)

(出たな、“知的探求”……。どうせ、こっちに拒否権はないんだろ)

(分かっているなら、自身の魔力をおさえて楽にしていて下さい)


 闇術師の思念が途絶えると同時に、エッドの視界がぐにゃりと溶け、暗転した。


「えっ――!」


 気がつけば、黒い森が眼下に広がっていた。


 巣へと戻る鳥の群れが、突如あらわれた亡者に驚いて進路の変更を即決する。


 恐怖よりも先に、純粋な感嘆が湧きあがった。


(俺、飛んでる! いや、浮いてるのか!)

(短距離の転移魔術と、空間固定術です。貴方は今、僕が使役できる“物体”に近いので)


 苦しくはないが、見えない手で猫のように襟首をつかまれているような感覚だった。

 足元を駆け回っていた標的が姿を消したことに面食らったのか、シュメンデルはこちらにうなじをさらしながら腰を折っている。


 エッドはなるべく気配を消し、気楽に提案した。


(もう一回転移させて、メルの前まで送り届けてくれ)

(そうしたいのですが、上手くいく保証はありませんよ。……実は今も、僕が想定した座標から大幅にずれています)

(……そりゃ星座にされなくて幸運だったな)


 からかってみるも、友の思念は真剣そのものだ。


(どうも貴方は、操りづらいのです。それに満ちている聖気のおかげで、闇術の効きが弱い)

(ずいぶん弱気なんだな。大闇術師さま?)


 にやにやしながらそんな思念を送ると、一瞬の沈黙が返ってくる。

 エッドは浮遊したまま器用に足を組み、仲間の返答を待った。


(……良いでしょう。地面に激突する覚悟がおありなら、出発しましょうか)

(え? い、いや、そこまでの覚悟はまだ)

(さすがは勇亡者様です。いきますよ)


「ちょ、ちょっと待っ――!」


 残った内臓が、一気に浮き上がる感覚。


 その心地よいとは言えない現象で、エッドは透明の手が消え去ったことを知った。ほぼ同時に、空と森の色彩が油絵のように溶けて混ざりあう。



「う……!」



 独特の気持ち悪さに、エッドは思わず目を瞑った――


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます