第7 初めての誕生日

私たちが産まれてから1年がたった。


初めての誕生日だ!!


私たち姉妹はいつもしている遊びを相変わらずしていた。


その遊びは単純で、メリーがものを壊し私がなおすというものだ。


爽快感があって楽しいんだ!!


キィィィ。


ドアが開く音だ。


ドアが開いたということは...。


「おとーさま!ごきげんよー」


私より先にメリーが挨拶をした。


「メリー先に言うなんて!おとーさま!わたしもごきげんよー!」


お父様はふんわり優しい笑みを浮かべた。


「あぁ。久しいな。というかなんの遊びをしているのだ??我はよく見ていないから分からないのだが...」


「「あそびー????」」


「ん?ものを壊して遊んでいるのではないのか??」


「「それかぁ!さっきまであそんでいたんですよーーー」」


「ははは!!!メアリーとメリー───」


そう言って私とメリーの頭を撫でた。


「おとーさま??うれしー!」


メリーがそういう。


「わ、わたしも...!」


「そうか!そうか!それは嬉しいぞ!」


パリンッッ!!


「「あははは〜またやってるよー」」


「もーしかたないなー」


私がそう言うと皿がみるみる元の形に戻っていく。


「!!!よいな──…」


「いーでしょー??」


そうメリーは言った。


「ああ。じつによい、さすが我とマリアンヌの子だ──…」


その間私は黙っていた──…。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る