第6 半年

どうやらメアリーとメリーは魔力があるせいか成長がとても早い。


もう歩くぐらいなら出来ている。


子供の成長とは早いものだ。


2人は能力を持っているらしいのだが、どんな能力かはあまりわかっていないのだ。


ただ、物に関する能力だというのは確実だ。


マリアンヌも物を動かす能力を持っていた。


「あーとぼ!」 訳 (あそぼ!)


「あとぶあとぶ!」訳(あそぶあそぶ!)


「「キャハハ!」」


パリンッ!パリンッ!


「キャハハハハハ!!」


「とーず!とーず!」訳(じょーず!じょーず!)


「あははは!」


「王女様方またその遊びをしていたのですね?どっちがどっちをやっているのやら...」


「「たー?どってぃ?」」 訳(さー?どっち?)


「まぁ!息ぴったりですとこ笑笑」


「ひゃひゃひゃ!」


2人が謎な遊びをしているらしい。


我には分からぬ。


我は───…。


ふぅ。さて、仕事だ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る