第3産まれた時

「うっヴヴヴヴヴヴ、あっあああ!あぁぁぁぁ!」


「王妃様頑張ってください!もうちょっとですよ!頭が見えてますよ!」


「ううっぁぁぁ!」


バンッ!


「おい!まだか!?!?マリアンヌは大丈夫なんだろうな!?死ぬことは許さんぞ!」


「お、王様!?いついらしてたのですか」


「「おんぎゃァァ!おんぎゃァァ!」」


「「「「「おめでとうございます!!女の子の双子です!」」」」」


「双子か...」


「「「「「おめでとうございます!おめでとうございます!」」」」」」


「王妃様頑張ってください!王妃様...?」


「マリアンヌ?!?!大丈夫なのか!?マリアンヌ!!子が生まれたぞ!マリアンヌと俺の子のだ!楽しみにしてたではないか。目を覚ませ!」


「...............。大変言いにくいのですが王妃様が亡くなりました......。」


「マリアンヌ!!マリアンヌ!おいっっっっっっっなぁっっ......め、目を...っっ﹌﹌お、おねがいだっっ......」


「我が......我がこの子らを育てる───...!」


「名はなんと...?」


「名は......」





──アレックス!私ね子が産まれたら!──



「名はメアリーとメリーだ」





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る