天空の標

作者 蜜柑桜

第四十五話 鳴動(三)」への応援コメント

このエピソードを読む

  • えー、水路が渡り廊下をくぐるんですかー!!
    んんんん、お城には南塔と北塔があって、水路は南塔の南に向かって左手、つまり東からお城の出口に直結してるんですよね?
    で、渡り廊下の下をくぐってる。
    北塔の西側に船着き場があるんですか。
    なんか東西を逆に考えていました。

    作者からの返信

    そういうことになるんですが、私どこか間違って書いてました?Σ(゚д゚lll)

    2020年2月3日 19:10

  • クルックスがカッコよくて萌えます。

    作者からの返信

    やるときはやっちゃうんですこの子。恐ろしい子です。

    2020年2月1日 21:32

  • スピカ、どうかご無事で。

    揺れからの空と海の描写、綺麗ですー。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    スピカはこれにてクランクアップですね〜

    2020年1月4日 11:20

  • 地震かな。
    海岸の一画が光らなくなったというのは
    地震の前兆っぽい。
    でも、大臣側の反乱が問題なのですよね。
    いろんなことが一気に起こって盛り上がってきました。

    作者からの返信

    全ての謎を小説内で明かすつもりはないのですが、読者様に考えてもらう種をどれだけまけるか、挑戦しています。あと数話で完結です。

    2020年1月4日 11:22

  • スピカとの別れは、ちょっぴり寂しいですね。

    だけどいつか、また会えたら良いですね。その時は約束を果たすなり、今回話し足りなかった事を語り合うなりしてください(´▽`)

    作者からの返信

    スピカはこれにてクランクアップです。
    完結したら、番外編を書きたくてうずうずしてます。

    2020年1月4日 11:22