天空の標

作者 蜜柑桜

第九話 偵知(三)」への応援コメント

このエピソードを読む

  • おっと、何やらつながりが?

    作者からの返信

    ふふふ。これもまた、番外編で!

    2020年2月1日 07:36

  • >「そいつは、よくやってますか……?」

    気になるやりとり。スピカのお兄さんも気になるし。まさか……

    作者からの返信

    気になりますか? 多分、前作をお読みになった奈月さんなら気付くはず……

    2020年1月25日 19:02

  • 街へ食事に出たのは、妹王女の情報を得るためだったんですね。なるほど。
    妹王女も活動的だった覚えがありますが、兄王子はそれ以上なのでしょうか(^^

    作者からの返信

    コメント嬉しいです。応援コメントって、元気もらいますね。
    王女も活動的ながら兄も積極的にそとに出ていきます。後で、それに関して叱られますよ〜

    2020年1月25日 10:51

  • 何なんでしょう、謎の光(`・ω・´)

    作者からの返信

    キーになる、というか、わたしなりの世界に対する問いも込めてます

    2019年12月22日 09:52

  • 海を眺めて、ほっと一息。予想外の事態が起きて大変な時でも、心のゆとりは持っておかないとですね。
    ……と思っていましたけど、青年のあの様子。良くないことでもあったのでしょうか(; ・`д・´)

    建物の描写が細かくて、イメージが浮かんできます。自分はその辺を書くのが苦手なので、憧れます(*´▽`)

    作者からの返信

    無月弟様

    なかなか、平穏には程遠いようです。
    描写について、ありがとうございます。たまに入れ過ぎてしまうかも、と思うことがあるのですが、がんばります!

    2019年10月12日 13:22

  • 青年の幼馴染、前はと言うことは、当然今はいないのですよね。いったいどうしていなくなってしまったのでしょうか。
    なんだか訳ありのようですし、悲しい理由でなければいいのですが(´・ω・`; )

    作者からの返信

    無月兄様

    今はいません。それは……今は伏せておきます!! いつもコメント、とても嬉しいです。ありがとうございます。

    2019年10月11日 22:06