第6話 それは柔らかな


 今日の採寸は、あと一ヶ月半後に控えたリリアーナの誕生祭で着用するドレスを仕立てるためのものだ。

 五歳を祝う誕生日。産まれた日を一周するごとの祝いは五度目になるが、ヒトの文化圏では五年毎の誕生日はことさら大きく祝うものらしい。


 体のいたるところを採寸されるのは煩わしくとも、数字の変化はそれだけ体が成長したことを示すものだ。

 健やかな生育を基本方針としている現在、それを実感できるイベントはそこはかとない達成感も与えてくれる。

 それに加え、誕生日には普段にも増して豪華な食事が提供される。いつもは部屋で侍女に囲まれて食事をとっているが、自分と兄たちの誕生日の晩だけは、広い食堂で家族が一堂に会しての晩餐となるのが慣例らしい。

 卓上に並ぶ見知らぬ料理の数々、色とりどりのフルーツの盛り合わせに甘い焼き菓子。

 四歳までは幼子用として別に作られたものを供されていたが、きっと五歳の祝いならば皆と同じように、卓上の料理へ手をつけることが許されるはず。

 五年もお預けを食らった誕生祭のご馳走に、リリアーナは大いに期待を膨らませていた。


 そうして一ヶ月半後の晩餐へ想いを馳せている間に、あっさりと採寸は終わった。どうやら色味などの注文は先に済んでいたらしい。

 まだ仮縫いのものを合わせたりといった段階が残ってはいるが、今日やるべきことはこれでおしまいだ。仕立て屋へ労いの言葉をかけて踵を返せば、妙にニコニコとしたフェリバが先導し扉を開ける。


 この年若い侍女は、リリアーナの世話をすることが楽しくて仕方ないらしい。

 人にはそれぞれ生来の向き不向きというものがある中、彼女は世話をする役職に天賦の喜びを見出しているのだろう。

 少々構いたがりなきらいはあれど、その細やかな気遣いには日々助けられている。お付きの侍女の中では一番若く、人当たりのよい性格をしていて声をかけやすいため、ぬいぐるみへの細工も彼女へ依頼することにしたのだ。




「ちょうど下側に縫い目があるから、一回開いても目立たなそうですね。綿が入ってるし、落としてもガラス玉は割れずに済みますよー」


 少し危うい手付きで縫い目の糸をパチパチ切りながらも、フェリバはご機嫌な様子で口と手を同時に動かし続ける。

 夕餉の支度まで侍女たちへ休憩時間が与えられている中、フェリバにだけ面倒な作業を頼んでしまい申し訳ないと思っていたのだが、それを楽しんでいる様子にリリアーナはこっそり安堵した。

 カウチソファの縁に腕とあごを乗せ、テーブルへ裁縫道具を広げ嬉々としながらぬいぐるみをいじっている侍女を眺める。

 少々はしたない格好であっても、こちらも休憩中なのだから構うまい。


「この玉を入れたら、起き上がり人形になりそうですね」


「何だそれは、呪いのアイテムの類か?」


「怖いこと言わないでくださいよ。あの棚の中にもひとつふたつはありますよ、下に重りが入っていて、倒しても自分で起き上がる人形のことです」


「ほー」


 子どもが遊ぶために細工を施した人形のことか、と納得する。そういう意味でなら、あの玉を入れればどんな体勢からでも起き上がるぬいぐるみになることだろう。

 それどころか会話ができて、決して破損せず、いくらかの魔法まで行使可能なシロモノだ。


「という訳で、下の方に縫い込めておきますね」


「任せる」


「えー、糸は、黒でいいかな。……うーん、うーん?」


 フェリバは普段あまり繕いものをしないのだろう、今度は縫い針に糸が通らず苦戦しているらしい。

 うめき声を上げながら悪戦苦闘している様は見ていて飽きない。


「……」


 先程採寸した着衣も、仕立て人がああして小さな針を使って手仕事でちくちくと仕上げていくのだろうか。

 これまで他者が縫い物をしている場面などあまり観察したことはなかったが、気の遠くなるような作業だ。

 幼いリリアーナでもすでに何着もの衣服を与えられている。その全てが、どこかの誰かの手で一着ずつ、糸から丹念に作られたものなのだと今になって初めて意識した。


 以前、魔王として生きていた頃の着衣も同様に作られていたはずなのに、そんなことは一度も考えたことがなかった。

 糸を作り出すための畑と施設、紡績と機織りのための道具、そういった生産ラインにばかり気を取られて身の回りに目が向いていなかった己を恥じる。

 王たる自分に献上された衣服だ、どれも見事な仕事だったに違いない。だというのに、服飾に対し無頓着であることを理由に、携わった者たちへ労いの言葉をかけてやることすらできなかった。

 寝間着も普段着も、勇者と対峙した際に纏っていた法衣も、纏ったものに着心地が悪いと思ったことは一度もない。

 どれも身の丈にぴたりと合い、肌に馴染んで非常に動きやすかったのを覚えている。

 いっぺん死んだ今となってはもう遅すぎるが、もし機会に恵まれたなら、かつて丹念に衣服を仕立ててくれた者たちへ改めて礼を言いたいものだ。

 腕に顔を埋めながら、リリアーナはそっと悔恨の息を吐く。


 ――もし魔王自身から衣服への礼なんてされていたら、言われた方が恐縮し申し訳ないやらもったいないやらで酷く萎縮してしまうことは間違いないのだが、そういったことへも意識の向かない元魔王であった。



「リリアーナさまー、おねむでしゅかー、チュッチュッ」


「……何だその、チュチュというのは」


「うさちゃんの鳴き声です」


 リリアーナが顔を伏せていると、後頭部に柔らかいものがぽすぽすと当たる感触がした。

 縫込みが終わったのだろう、頭を持ち上げればすぐ目の前で薄青色のぬいぐるみが跳ねている。


「兎には声帯がない」


「えっ、うさちゃんって鳴かないんですか? へー、リリアーナ様は物知りですねぇ」


 フェリバの手によりぴょんぴょんと跳ねてきた兎、もといボアーグルのぬいぐるみは、リリアーナの小さな手の中へ収まった。

 丸みを帯びた台形はたしかに兎が座っているように見えなくもないが、これはおそらくボアーグルの頭部だろう。だが背面に尻尾らしき紐が生えているのは解せない。

 綿が詰められていて枕のように柔らかい中、揉んでみれば底のあたりに丸いものが収められているとわかる。

 その部分にだけ質量の比重が偏っているから、これならばたしかに平らな面で倒しても自重で起き上がるだろう。


 起き上がりぬいぐるみとして新生したアルトバンドゥス。

 宝玉の冷たい表面を直に触れなくなったのは少しばかり残念にも思うが、これで普段幼いリリアーナがそばに置いたり持ち歩いたりしても不自然には見えないはず。


「フェリバ、ありがとう。面倒をかけたな」


「いえいえ、どういたしまして。リリアーナ様はもっとじゃんじゃんお願い事してもいいんですよ」


「領主の娘だからか? まだ役目のようなものは何も請け負っていないが」


「そーいうんじゃなくて。私がリリアーナ様に何かしてあげたいんです」


「……?」


 ふわりと目を細め、柔らかな表情を浮かべる侍女へ疑問符を返す。

 臣下を使い、侍らし、命じることに慣れた王は、仕える者たちへの労いも上に立つ者の役目だと当然のように考える。その慮る情の温かみを知ってはいても、上から下へと向けられるものしか未だ理解し得ない。


 心底わからないという顔をするリリアーナに、このときばかりは歳よりも幾分大人びた顔でフェリバは微笑んで見せるのだった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます