第148話 屋敷の攻防 その後の世界


 魔王の屋敷での出来事。 


 あの後、再び魔王の行方は分からなくなった。


 胴体に風穴を開けられて生き続けていられるのだろうか? それも人目を避けた逃亡生活の中で……


 秘密裏に魔王の亡命を支援したマシロ姫は幽閉された。 今は城の塔に隔離されている。


 かつての魔王討伐の英雄。 正統なる王位継承者。 それらの立場から重い刑に処される事はないだろう。


 しかし、彼女の口から真実が世界に向けて語られた。


 「どうして、私が魔王を保護して国内に匿っていたいたのか? みなさんは不思議に思うかもしれません。 しかし、彼は魔王と同時に勇者でもあるのです」



 勇者の体は魔王に乗っ取られた。 ――――その事実が公言されたのだ。


 結果、世論はマシロ姫に同情的になった。


 それと同時に世界は1つの目的に向って動く。



 『勇者を取り戻せ』



 生死不明の魔王には多額の懸賞金がかけられた。


 有力情報1つで、一生遊んで暮らせる金額だ。


 それを目的とした専門の冒険者も生まれるほどだ。


 恐ろしい事に、これらは魔王の屋敷の出来事から2週間足らずの話だ。



 ・ ・ ・


 ・ ・ ・ ・ ・ ・


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



「それでは行ってくる」とベルトはでかける準備をすました。


この2週間、メイルと一緒に行動していない。 万が一を考えて単独行動を行っている。


なぜなら魔王は、この付近に潜伏している事はわかっているからだ。


生死不明のダメージを受けて、長距離を移動したとは考え難い。


それに、おそらく協力者がいる。 そうベルトは考える。


いくら、姫であるマシロが亡命の手助けをしていたとはいえ、あんな屋敷に魔王1人で……正確にはカレンも一緒に暮らしていたのだろうが……住んでいたとは思えない。


 従者のような存在がいて、今も匿っているのではない?


 魔王を匿うような人間がいるのか? と思うかもしれないが魔王信奉者は以外といる。


 例えばー―――


「あぁすいません。どうやらお出かけのようですね」


そう言って訪ねてきたのはギルド職員であるソル・ザ・ブラッドだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます