第147話 ベルトの進化系 


 ベルトに取っては弟子であり、最愛の妻だった女性。


 メイルに取っては、憧れであり最愛の姉。


 ベルトは目前で、その死を見届け――――


 メイルはその知らせを受けている。


 彼女の死はある程度の年月を得て、2人共が何らかの形で心に決着を迎えていた。


 しかし、それを今…… 今更覆されたのだ。




 カレン・アイシュ



 彼女の表情には感情が抜け落ちて見える。


 敵意も、悪意も、殺意もなく――――襲い掛かってきた。



 ≪魂喰いソウルイーター



 カレンの手によって振るわれた魔力の刃がベルトたちを襲う。


 だが、ベルトたちは『呪詛喰い』を発動中。 動揺で足を止めていたのも一瞬のみ。余裕を持って避ける。


 しかし――――



 ≪暗殺遂行アサシネーション



 高速移動のベルトたちにカレンはついてきた。



 ≪致命的な一撃クリティカルストライク



 防御不能の打撃。


 喰らえは弱点へ打撃の衝撃が叩き込まれる。


 ――――この場合。2人が密着している場合にダメージを請け負うのはメイルだ。



「――――ッ! この!」とベルトはメイルを庇うため、彼女を投げた。


 投げた先には物影に隠れて成り行きを見守っていたマシロ姫がいる。


 たとえ人類を裏切ったとは言え、彼女の精神は善。そして肉体は常人離れしている。


 反射的にメイルを抱きとめた。


 それを見届ける間もなく、ベルトはカレンの一撃を受けた。


「――――がぁ!」と吐血。 


 メイルから離れたため『呪詛喰い』の効果は消え、冥王の心臓も鼓動を止めた。


 生身で受ける≪致命的な一撃クリティカルストライク≫は内部をかき混ぜられるような痛みが走った。


 だが、カレンの攻撃は続く。


 背後に忍び寄ったカレンは手刀をギロチンのように振り下ろした。


 

 ≪二重断首刀ギロチンエックス



 「この!」とベルトも手刀を高速で振るう。



  ≪二重断首刀≫と≪二重断首刀≫



 接触した2つのギロチンは金属音を上げる。


 相殺した攻撃スキル。 しかし、ベルトの腕から血が零れ落ちる。


 僅かながら、カレンの攻撃が上回っていた。


 明らかに後手後手に回るベルト。 焦りから、技に精細さを欠けている。

 

 加えて精神的な動揺がいくら抑えようとしても、湧き出してくる。



 そんな様子に―――― 「どうだ? 暗殺者よ!」と魔王は笑う。



 「彼女は可能性。 お前を超える才能を持つ彼女を蘇らせ、彼女が将来たどり着くはずだった可能性の再現。 ベルト、お前が『単独戦闘なら魔王よりも勇者よりも強い世界最強の暗殺者』ならば彼女は、その進化系。お前が、お前が勝てる道理はないわ!」


 だが、その直後だ。


「くははっははははは――――はぁ?」と魔王を笑いを止め、何が起きたのか分からない表情。それから間の抜けた声を出した。


 魔王の胸に穴が空いていたからだ。



 ≪真実の弾丸トゥールショット



 それは魔王に最も有効な聖女の一撃。


 それを放った聖女――――メイルは彼女らしからぬ強い意志を瞳に見せていた。



 「またしても……やはり、聖女こそが、世界を、運命を――――ッ!」


 前のめりに倒れていく魔王を抱きとめた者がいた。


 カレンだ。


 「待て! カレンッ!」とベルトが叫ぶ。 しかし、カレンは動きを止めない。


 カレンはベルトとメイルを一瞥すると魔王を抱きかかえたまま、離脱した。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます