第105話 不死騎手


 竜王の死骸ダンジョン。


 入り口付近は人の出入りが多かったが、奥に進むにつれて人は少なくなり、アンデッド系モンスターが姿を見せるようになってきた。


 斥候役のベルトがモンスターを討ち、取りこぼしたモンスターもノリスとメイルは対アンデッドの専門家。


 何の問題もなく奥へ……奥へ……通常のパーティなら3日かかる道のりを半日で踏破した。

 

 しかし、ここからが問題だ。

 

 アンデッドが強化される夜が来る。


 闇の気配が濃さを増すのに比例して特殊なアンデッドが姿を現す。



 不死戦士アンデッドファイター



 不死魔術師アンデッドソーサラー



 不死神官アンデッドプリースト



 不死精霊使いアンデッドシャーマン


  

 明らかに冒険者の成れの果て…… 生前の精彩は失われ、ぎこちない動き。


 メイルは1体1体倒すたびに心の中で祈りを奉げていた。


 やがて先行していたベルトが戻ってきた。


 「気をつけろ。奇妙なモンスターがいる」

 

 「奇妙……ですか? どのような……」とメイルは聞き返そうとしたが、途中で言葉が途切れた。



 爆音。



 巨大な音をばら撒きながら、何かが近づいてくる。


 そして、それは――――速い。


 「あれは不死騎手アンデッドライダーだ」


 ベルトは物陰に隠れ、ノリスもメイルも後に続く。


 「騎手? このダンジョンで何に騎乗している?」とノリス。しかし、ベルトは――――


 「わからぬ」と首を横に振る。


 百戦錬磨のベルトですら分からぬ乗り物とは?


 それが肉眼で捉えれる距離まで迫った。


 アンデッドが乗っている物。それは――――


 自動二輪車バイクだった。


 何らかの生物の骨をドーナツ状に削られた前後2つのタイヤ。


 いや、タイヤだけではない。 全体が何らかの骨で形成せれている乗り物。

 

 燃料は、もちろん化石燃料。


 ここは竜王の死骸ダンジョン。 生物や植物が圧縮され、熱されて出来た液体が大量に貯蔵されている。


 しかし、アンデッドがバイクを作ったというのだろうか?


 いやいや、そんな馬鹿な。 何者かがアンデッドにバイクを与えたと考えるのが正しいだろう。


 ならば、何者が? ――――いや、決まっている。魔王軍からの支給された物に決まっている。


 そして、不死騎手は隠れているベルトたちに気づいた。


 「散開しろ!」と叫ぶようにベルトが物陰から飛び出す。


 高速で迫るバイクの囮として飛び出したのだ。


 不死騎手はベルトに狙いを定めるとアクセルを吹かして加速。


 「――――ッ!」と瞬発力の高いベルトですら回避するに焦りを覚えた。


 さらに厄介なのは左右2本の装備がある杭打ち器パイルバンカー



 (前方で迎え打つのは無謀。……さて、どうするか?) 

 


 ベルトは思考速度を加速させる。

 

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます