二 殿の睦言(むつごと)

 

 ねやに香るは丁子ちょうじの油、明石の殿が微笑んだ。

水鳥の羽のような柔らかな夜具の上でくつろぎ、一糸纏いっしまとわぬ姿であぐらをかく。

荒事好きで筋骨隆々。黒々とした体毛とはがねのような髭を持つ。

近頃、召抱めしかかえた小姓に赤い襦袢じゅばんを着せて膝にまたがらせ、優しく艶やかな黒髪を撫でる。

小倫こりんよ。よく顔を見せておくれ。おまえは何と愛らしい。この世の者とは思えぬ」

顔を寄せて頬ずりをした。

「おひげが痛いです」

小倫は顔をしかめて、二人のひっついた頬の間に手の平を差し込む。

「ほお、何と柔かくて可愛らしい手と指だ。食べてしまいたい」

ぱくりと指をくわえるのだった。

「どうか、かじらないでくださいませ。小倫の指は殿には差し上げられませぬ」

「何と、では誰に、この指をくれてやると申すのか」

「小倫もいつか人並みに兄分を持ち、衆道の契りをいたします。その者に小倫の全てを差しあげたいと思います。そしてその者のすべてを小倫は頂戴したいと思います」

「ほお、すべてとは何だ。金か刀か。それとも城か」

からかうように殿が言う。


「まさか、そのような物ではございません。愛する者の心と体と命が欲しいのです」

よく澄んだまなこで殿の胸毛をいじらしく、じっと見つめる。


「なんと、強欲な奴。おまえには、わしのすべてを与えているつもりだが、わしを念者とは思ってくれぬのか。わしでは兄にはなれぬか。ふん、年寄り扱いか。寂しいことよ。こんなにいつくしんでおるのに」

ため息をつき、好色そうな顔を曇らせる。


「どうか、そのようなことを、おっしゃらないでくださいませ。小倫は、この世で一番、殿のことをおしたいしております。こうしていると、温かくて幸せで胸がはりさけそうです。恐れながら、亡き父に抱かれているような気がいたします。どうか小倫を他の誰よりも、可愛がってくださいませ」

甘えて、殿の胸毛にしがみつく。


い奴め。ああ言えばこう言う。おまえのまことの心は、わからぬが、そんなところがまた、たまらぬ」

狂おしく叫んだ。


 小倫は夜具と分厚い殿の胸の間に押しつぶされながら、息も絶え絶えに言う。

「殿の立派なお刀に、たっぷりと丁子の油を、お塗りいたしましょう」

それは、うぐいすのさえずりにも似た、耳をくすぐる透き通る声だった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます