三 白猫

 

 ふわふわとした白猫が行く城の廊下は人だかり。

行く手をはばまぬように、注意深く廊下の隅に寄る者、そろりそろりと後ろから着いて歩く者。家臣たちは遠巻きにして、奥方の愛猫の城内散歩を見守る。


「お雪どの、相変わらずの美猫ぶり。ところで今朝の奥方様のご機嫌はいかがですかな」

猫好きな家臣が声をかけると、白猫は一瞬足を止め家臣の顔をじっと見つめ「にゃー」と泣き、宙に浮かぶような軽やかさで明石城の奥へ消えた。



堀越ほりこし左近さこんが尼崎から連れて来た美童は只者ただものではない。昨夜も殿は、すっかり手玉に取られていた」

隠密おんみつの金井新平が城内の裏庭で、気のおけない友の古谷金蔵と話している。


「確か、歳は十三で、長坂小倫といったな」

「うむ、殿のご執心ぶりは驚くばかり。毎晩、小倫ばかりをとぎに召し出している。尼ヶ崎の生田で左近が大雨に降られ難儀をしていたところ、傘を持って現われた。傘をささずに、ずぶ濡れになって現われた美童だ。長坂主膳という浪人の子で、親子三人で甲州から豊前へ向かう途中、父親が病死。仕方なく生田で暮らすことになり、母親の唐傘作りで養われていたそうだ」


「なるほど、母の作った大切な売り物の傘を雨で濡らすことはできないというわけか。姿も美しいが心根も優しい、母親思いの孝行者だ」

金蔵が感極まった様子で腕組みをすると、新平はにやけながら言う。

「ふふふ、はたしてそうかな。雨でずぶ濡れになった美童は、さぞ美しかったことだろうよ。思い浮かべてみろ。夏の薄衣うすごろもが肌に張り付き柳腰やなぎごしあらわになる。つまり裸同然だ。黒い濡髪が頬を飾り、よりいっそうなまめかしく美しく見えたことだろう。母親は色小姓として奉公させたくて、わざと、そんなあられもない姿の小倫に左近の目前へ、傘を持って行かせたのではないか」


「なるほど、案外そうかもしれぬ。いやはや、どれほど・・・・・・」

ごくりと生唾を飲み込む二人だった。

「孝行息子なのか色仕掛けなのか、よくわからんが、したたかな親子には違いない。おれもねやであのうぐいすのような美声を思うがままにさえずらせてみたいものだ。ひひひひひっ」

金蔵が甲高い声で笑った。


剣術の朝稽古を終えた若者が庭を横切り、ちらりと二人に目線を送った。


「朝から大声で噂話ですか。お聞き苦しいですぞ。いい大人がそのような、小倫どのをおとしめるような物言いは感心いたしません。小倫どのは白梅のように清楚で真っ直ぐな気性のお方。殿の覚えが良いのは当然のこと。あまり、閨のことを吹聴ふいちょうしたり、妙な噂話をするのはよろしくないですな。幼い身で一生懸命、殿にお仕えしている小倫どのと、ご苦労しながら女手一つで息子を育て上げた母君に対して、あまりにも礼を欠くのではありませぬか」


「これはこれは、神尾かんお惣八郎そうはちろうどの。ご立派になられて。その上、ずいぶんと耳が良ろしいですな。我らの話しを盗み聞きする趣味がおありとは、驚きましたぞ。さて、そろそろ拙者はいとまいたしまする。一晩中、殿と小倫の睦言むつごとを障子の陰から聞かされていて、いささか疲れましたゆえに」

これといった特徴の無い薄い顔をした、金井新平が横目でにらむ。


惣八郎は表情一つ変えずに、いかにも剛毅ごうきな若侍然として二人の横を通り過ぎた。


「ふん、母衣ほろ大将の神尾かんお刑部ぎょうぶせがれか。おれたちよりも十も若輩のくせに生意気な、汗臭くてくそ真面目な若者よ」

新平が吐き捨てるように言った。


「ははははは、あやつは色恋とは縁遠い。武芸だけに精を出す堅物かたぶつだ。もう二十になったのか。岩のような顔をして、あれでは一生恋の相手も見つかるまい」

金蔵の笑い声が天高く響く。



 惣八郎は手ぬぐいで汗を拭きながら、たくましい背をやや丸めて城内の小道を行く。


「また、余計なことを言ってしまったな。だが、小倫どのを悪く言うのだけは、聞き捨てならん」


「にゃー」と、どこからともなく現われた白猫が惣八郎のすねにすり寄り、喉を鳴らす。

「おやおや、お雪どのか。いつも愛らしい。おれは人付き合いが苦手だ。友も出来ない。どうやら、人よりもけものに惚れられるようだ。お雪どのは、おれの嫁になりたいのか。ははははは」 


白猫はいつまでも、惣八郎にまとわり付き離れようとしなかった。 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます