1章11話 4月11日 文芸部の妖精は退廃的で、耽美的だった。(1)



 翌日――、

 放課後――、


 俺は雪村の紹介で月島天音くんと会おうとしていた。

 彼が指定したのは部室棟3階にある文芸部の部室。


 とりあえずそこを目指して歩いているのだが――、


「こっちが迷惑をかける立場とはいえ、深水はともかく、雪村まできてくれないとは……。雪村の知り合いなのに、あいつ抜きで大丈夫だろうか……」


 周りに誰もいないから大丈夫だろう。

 廊下を歩きながら独り言を呟く。


 どうも、雪村は月島くんのことをライバル――あいつなりに言い換えれば不俱戴天の仇と思っているらしい。

 ヤバイよな……、中間テストも期末テストも、入学からずっと同率学年1位って。



仙波悠真 : 『月島くんってどういう人か知っている?』

MIYA SHIRASAKI : 『なんでウチに訊くの? 雪村の方が詳しいでしょ』

仙波悠真 : 『訊いたら既読スルーされた』


MIYA SHIRASAKI : 『もしかしてアレじゃない?』

MIYA SHIRASAKI : 『高校のテストなら互角だけど』

MIYA SHIRASAKI : 『それ以上だと月島くんの方に軍配が上がる、とか』


仙波悠真 : 『雪村に勝つってヤバイな』

仙波悠真 : 『ちなみに深水にも訊いたんだが』

仙波悠真 : 『男には興味ない、って』


MIYA SHIRASAKI : 『残念! ウチも特に知りません!』

MIYA SHIRASAKI : 『っていうか、成績学年1位はすごいと思うけど』

MIYA SHIRASAKI : 『だからって、調べようとは思わないじゃん、その人を』


仙波悠真 : 『確かに。別のクラスならなおさらか』

MIYA SHIRASAKI : 『話変わるけど、土日って暇?』

仙波悠真 : 『ゴメン、どっちも埋まっている。駅前とか映画館に行く予定だ』


MIYA SHIRASAKI : 『神は死んだ』

仙波悠真 : 『悪いな。また明日』

MIYA SHIRASAKI : 『また明日(´・ω・`)』



 LINEを終わらせるとスマホをポケットにしまう。

 そしてあと10歩程度歩けば――、


「ここだな」


 ドアの上のプレートにも『文芸部』って書いてあるし、間違いないだろう。

 遠慮がちにノックをしてみると、中から声が聞こえてきた。


『入りたまえ』


 聞こえてきたのは、やたら演技っぽい中性的な声だった。

 俺は多少緊張していたが、それでも言われたとおり、部室に入らせてもらうことに。


 が――、

 いきなり目の前に現れたのは――、


「……本棚の位置、おかしくない?」

「気にしないでくれるとありがたい。本の日焼けを防ぐためには、こうするのが一番だからね」


 だとしても、ドアを開けて目の前の位置に本棚はやり過ぎだと思う。

 その上、横幅も高さも2m近くありそうだった。


「地震きたらヤバイでしょ」

「抜かりはないさ。このボク、月島天音を甘く見ないでほしいものだ。いざという時は縄梯子で、窓から地上に降りさせてもらうからね」


 なかなかユニークな生徒らしい。わずかに気圧けおされているのを自覚できる。

 しかし、いつまでも棒立ちというわけにもいかない。


 日の光が少ししか届かない、薄暗いドア付近。そこから勝手に奥に進ませてもらうが、流石に本棚で迷路は作っていないようで安心した。

 本棚は全て東側の壁にくっ付いていて、部室の西側に奥へ続く道が用意されている。


 それにしても、すごい。

 アルファベットのLを左に90°回転させた感じ、とでも言うのだろうか……。それを5つも並べるようにして、合計10個も本棚がこの文芸部室にあった。しかも、そのほとんどが本で埋まっている。


 そして薄暗がりから茜色の光の差す方へ――、

 一種の隠れ家と化している部室の一番奥には――、



「――ようこそ、ボクの城、ボクの庭へ。

キミが仙波悠真くんで、間違いないかい?」



 ――亜麻色の長髪の妖精がいた。


 赤らむ世界で黄昏るように微睡まどろみつつイスに座り、スカートから伸びる肉感的な脚を組みながら、ひじ掛けを使い頬杖を付くその姿。

 それは中世から時を超えて現れた妖精のようにも、魔女のようにも、吸血鬼のようにも、そして正直、サキュバスのようにも、どうしても、どうしても、失礼だから否定したくても、なぜかそのように目に映ってしまう。


 少し不健康なぐらい色白な肌。

 けっこう眠たそうな子ギツネのような瞳。


 背丈にも恵まれているし、胸も平均よりかなり大きいはず。

 なのに、どこか栄養不足でやつれているような感じ。


 完璧に計算して生活してきた、発育良好な虚弱体質、というか。

 大切に、立派に育ててもらったネグレクトの被害者、というか。


 物憂げで、気怠そうで、退屈そうで。

 微笑みは自虐的で、声は言わずもがな、演技みたいで。


 病んでいるとか、いわゆるメンヘラというわけではないだろう。

 むしろ、明らかにメンタルが強いタイプのような気もする。


 けれど、自分で自分の感想を最低だと思った。

 なんか、こう、暇だからって理由で、平気で麻薬とかに手を出しかねない危うさがある、なんて。


 本当に、妖精のように綺麗な女の子だった。

 それに間違いはない。


 ただ、退廃的、という形容動詞が絶対に必要なだけで。

 綺麗を耽美的、という言葉に入れ替えることも、容易いというだけで。


「え、えぇ、あっています。仙波悠真です。雪村の友達の」

「クスッ、ボクとキミは同学年じゃないか。タメ口でかまわないよ」


「……なら、お言葉に甘えて」

「とりあえず、適当に座ってくれないかい? 今、なにかお菓子を用意しよう」


 学校に秘密裏にお菓子を持ってきている生徒は少数派だが、いないわけではない。

 が、部員が部外者の生徒をお菓子で出迎えるとは……。


「その前に、2ついい……か?」

「なにかな?」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます