2章8話 10:07 望未と一緒に本屋さんへ(1)



 うららかな4月の日差しと爽やかな春風。

 隣の少女の銀髪は、前者によって瞬いて、後者によってサラサラ揺れる。


 俺は望未と手を繋ぎながら、ペデストリアンデッキを歩いていた。

 姉さんは後ろからついてきているはずだが、それはともかく。


 この状況は美女と野獣どころか、天使とアリだった。人として容姿に差があるとか、そういうレベルではなく、なんかもう、容姿の格が違った。

 出会った瞬間から望未のことを美少女だと思っていたけど、こうして手を繋いで街を歩くとそれを痛感する。姉さんが以前使った言葉を借りるなら、役得で、人生で1回もなくて当然のラッキーに、心底感謝するぐらい。


「? お兄ちゃん、どうかしましたか?」


 小首を傾げ、無垢な瞳で、望未は俺のことを気にしてくれる。

 望未の声はすごく綺麗だ。100万円以上するバイオリンや、パイプオルガンの音色よりも美しいだろう、と、個人的には思ってしまう。


「周りからは、恋人同士に見えるのかな~、って」

「可能性は、否定できないと思います」


「ますます緊張してきた……」

「なぜでしょうか?」


「あのカップル、カレシの方、全然釣り合っていないよな! って思われているかもしれないし」

「同じく、可能性は否定できないと考えます。しかし同時に、なぜ釣り合っていないように思われるのか、私にはわかりません」


「望未に限らず、容姿が整ったカノジョだと、もっといいカレシ候補がいてもおかしくない。なんであの男性を選んだんだろう? そんな風に、不思議がる人もいるからな」

「……理解できません。確かに、人間の容姿には美醜という基準があります。しかし、容姿の優劣が、恋人としての価値に直結するモノなのでしょうか?」


「そういえば、それもそうか」

「――――」


「ゴメン、当然と言えば当然だけど、俺にもわからないことがあるんだ。っていうか、わからないことの方が圧倒的に多いし」

「わかりました」


「だから、家に帰ったら、俺もネットかなにかで調べてみるよ」

「ありがとうございます、お兄ちゃん」


 涼しげな声で、静かに、だけど確かに望未は俺に感謝の言葉を告げる。

 感謝の言葉が出てきただけで、そこに感謝があったかどうかはわからない。


 けど、いい雰囲気になったような気がしたから、俺はこのまま、なにも言わないで目的地まで進むことにした。

 ずっと会話がなかったら姉さんに怒られると思うが、ぶっちゃけ、あと少しで目的地に着くし。


「到着!」

「書店ですか」


 しかも割と大型のはずだ。

 仙台駅前という一等地に建つ30階を超える高層ビル。その2階から入ってエスカレーターで1階に降りるとある、フロアの半分以上を占める書店である。


 その上、駅ナカの本屋というわけでもないし、基本的にいつも空いている、というわけではないが混雑はしていない。

 もちろん、置いてある本の種類もかなり多い。


「そう、流石にマンガにはラッピングされているけど、立ち読みできる本がけっこう多めの書店」


「ここで、私はなにをすればいいのでしょうか?」

「立ち読みさえしてくれれば、好きにしていいよ」


 言うと、望未は俺の手を引いて、自分の方に俺の意識を向けようとする。

 勘違いかもしれないけど、こっちを見てください、と、思っているような気がした。


「確認させてください。私にその類の命令をしても、自律的な行動に移行するだけで、感情は宿りません。その説明を受けたはずですが――」


「それを踏まえて、なんでもいいから、本を読んでほしい」

「わかりました」


 そこで手を放し、望未は店内を歩き始める。

 進行方向の先には書店の地図があった。

 そのあとを俺が追っていると、ふと、今度は姉さんが俺の隣に並んでみせる。


「――言っておくけど、書店には何回か連れてきたことがあるよ? ここじゃないけど」

「いくらなんでも、俺だってそのぐらい予想していた。ちなみに、その時はどうだったんだ?」


「全国でチェーン展開している大型書店に3回、アニメショップにも3回、古本屋には1回。書店じゃないけど、図書館には5回。各々1回ずつ、最低10分、最大1時間の間で、店内を自由に回ってもらった。気になる本があったら、時間を延長してもかまわない、という条件付きで」

「意外と回数が少ないな。試行回数は多い方がいいだろ」


 俺と姉さんが話していると、地図を確認していた望未が振り向いてきた。

 ノーリアクションも気まずいので手を振ってあげると、望未はどこかの本棚に対し、移動を開始する。


「そもそも、書店に行くという行為さえ、外出させるという行為の、数あるサンプルの1つだし。サンプルが多いに越したことはない、っていうのはわかるけど、書店以外にも行かせてみたいところがあったし」


 望未のあとを追いながら、俺と姉さんは小声で話し続けた。

 極力、周囲の迷惑にならないように。


「結果は?」

「全てのケースに対して言えるのは、集合場所に戻ってきたのが、入店から55~59分のどこか、ってこと。その理由を訊いたら、目的達成のため、最大限に時間を使うべきと判断した。その上で、目的達成の目処が立っていないのに、1時間以上、留まる必要はないと判断した、だって」


「個別だと?」

「立ち読みが難しいチェーン店と、ほぼ不可能なアニメショップの場合、あらすじだけを読む、ということもあった。もともとアタシたち22人は、あらすじだけを読ませて、内容に期待とか興味とかを抱くのか? なんて理由で、そこに連れて行った。だから、それは計画通り。結果が伴わなかっただけで」


「古本屋と図書館は?」

「図書館とかは特にそうだけど、本がある施設って、ジャンルごとに区分けされているでしょ? 時間を最大限使って、ジャンルごとに1冊ずつ読んでいった」


「それ、まず1冊読むだけでも1時間以上かかると思うんだけど……」

「悪い、語弊があったね。まず、望未自身は圧倒的な速読ができる。けど、その上で、時間が限られていたから、例えば学術的な本だと、問題提起の部分を読んだあとに、いきなり結論に跳ぶことが大半だった」


「マンガで例えると、1話を読んだあとに最終話を読むような感じか」

「うん、っていうか、実際にシリーズモノの小説でそういうこともあったし」


「1冊の本を最初から最後まで読ませたことは?」

「もちろんある。どんなに読ませても望未に変化はなかったけど」


 なるほど。

 そこまで聞いて、俺はスマホを取り出した。


「姉さん」

「ん?」


仙波悠真 : 『口裏を合わせてほしい』

はるの : 『りょーかい』


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます