2章4話 17:12 月島天音という文芸部部長は、からかい上手でもあったみたい(1)



「ずいぶんと綺麗な茜色じゃないか。センチメンタルになりそうなぐらいに」

「日の入り時刻も遅くなってきたなぁ」


 校舎から出たところで、天音が夕日を見上げながら呟いた。

 俺もつられて茜色に染まる空を仰いだが、確かに天音の言うとおり、とても綺麗な光彩である。ノスタルジックとでも言うのだろうか?


 燃えるような空。

 東の空に浮かぶ月さえ赤らめる夕日。


 昇降口の前も、校門付近も、最寄り駅までの並木通りも、人はまばら。

 帰宅部の生徒はとっくに帰っているはずだし、逆に、部活動に励む生徒の下校はまだまだ先だ。


 17時12分。

 夕暮れ時にほのかに赤らむ並木通りを、俺と天音は最寄り駅まで、なんとなく並んで歩くことになった。


「――――」

「…………」


 当たり前だけど緊張する。

 望未と一緒にいる時とは違う緊張だ。

 いや、いっそ真逆と言っても間違いはないかもしれない。


 望未に対して俺が割と思っていることは――、

 これから、なにを話せばいいんだろう?

 どうすれば、いつか笑ってくれるのだろう?

 なんとかして、望未に感情を与えてあげたい。

 ――そういう類のモノだ。


 一方、先ほど出会ったばかりだが、この瞬間、天音に思っているのは――、

 これから、彼女の話についていけるだろうか?

 彼女は今日初めて会った俺と下校して、本当に楽しいのだろうか?

 それと、明日からはなにを教えてくれるのだろう?

 ――そういう受け身の考えだった。


「おや、どうしたんだい? ボクの顔をジッと見て」

「あっ、ゴメン。少し不思議な感じだったから、今日初めて会った人と下校するのが」


「当然と言えば当然だが、慣れていないだけさ。気にする必要はない。男友達、それこそ雪村のヤツと初めて一緒に下校した時のような感じで、ボクとも下校すればいいよ」

「りょ、了解」


 俺は意外とフラフラしてしまうヤツだったのだろうか?


 昨日と一昨日は望未に対して、可愛いとか綺麗とか何度も思いまくったし、実際に何回かは言った。

 なのに今日は天音に対して、っていうか、かなり美人な女子と下校するっていうシチュエーションに、意識していないと言えばウソになる。


 もちろん、どちらかに対して恋に落ちた、というわけではない。

 が、それにしたって、ラブコメのような展開を2人同時に進行しているな~、というのが、個人的に悩ましかった。


 まぁ、自意識過剰だと信じたい。

 変に意識して、せっかくできた新しい友達を失いたくないし。


「確認したいことがあるんだが、かまわないかい?」


 不意に、天音は流し目で俺の顔を覗いてきた。

 やっぱり瞳は眠たそうで、声はダウナーだったけど。


「あぁ、大丈夫だよ」


「件のアンドロイドの女の子、望未くんとの同棲、毎日のコミュニケーションに、最低限の決まった時間はあるのかい? いや、ないわけがないが」

「朝は遅刻しない程度に30分前後。帰宅は遅くても19時までで、夜は寝るまでに最低2時間は会話してほしい、って言われた」


「ふふっ、中学生レベルの門限じゃないか」

「一応、週に1回なら、連絡してくれれば友達と遊びに行っても大丈夫、って許しても出ているし、特に不満はない」


「ますます中学生の門限みたいじゃないか」

「それと、休日は望未と一緒に、おはようからおやすみまで、家で遊んだり、出かけたりする予定」


「大変だね。寝不足には注意したまえ。特に、次の日に外出をする場合は普段以上に」

「まぁ、可愛い女の子と部屋で遊んだり、出かけたりするわけだし、大変かもしれないけど、楽しみでもあるよ」


 文句なんてあるわけがない。

 それに、人付き合いが大変なのは、望未に限った話でもない。


 結局は程度の問題で、本人が望んでいるなら、大変なことだって大変とは思わないはずだ。

 それこそ白崎しらさきから見たら信じられないかもしれないが、なんだかんだ楽しいから、雪村や深水といつも一緒にいるわけだし。


「そういえば、天音」

「なんだい?」


 定期的に聞こえてくる、野球部とかサッカー部とかテニス部の、自分とは一切関係ない、掛け声や、ボールを打ったり蹴ったりする音。

 穏やかな時間だった。話しかけやすい雰囲気だったので、今度はこっちから話しかけてみようと思う。


「今日、なにか用事とかあったの?」

「いや、なにも」


「部活、初日だからかもしれないけど、けっこう早く終わらせたね」

「理由がある」


 瞬間、天音は数歩だけ俺の先に躍り出た。

 次に舞踏のように半回転して俺と相対して、立ち塞がる。

 最後に、彼女はいきなり、俺のブレザーのネクタイを掴むと――、


「っっ!?」

「悠真くんは件のアンドロイドの女の子、望未くんに、感情を知ってほしいから、文芸部の戸を叩いた。相違ないね?」


 ――強引に引っ張って、互いに互いの吐息が頬を掠めるほどの至近距離に、顔を近付ける。

 事実、天音の熱っぽい吐息が頬を掠めたような気もするし、端的に言えば、キスできそうなほど、俺たちは近付いてしまっていた。


「えっ? あっ? あぁ、あっている、けど……」

「断言するが、悠真くんのような事情を抱えている相手なら、ボクはキミ以外の相手にも、同じように、自分でできる範囲の啓蒙けいもうを提案しただろう。ボクはね? これを機に、できればキミの方にも、1年後や高校卒業後、5年後や10年後の未来まで、なにか、財産と呼べるようなモノが、残ってほしいと思っているのさ」


「ま、まぁ……、その……、こんな事情を抱えている人なんて、滅多にないと思うけど……」

「クスッ、それはそのとおりだ。とはいえ――」


 囁くように天音は語る。

 ザクロのように赤い舌で、彼女は少し、桜色をした自分の唇を舐めた。

 彼女の亜麻色の長髪からはバニラのような香りがして、不可抗力だと信じたいが、豊満な胸が俺に当たって、なんかもう、抵抗できなかった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます