1章9話 4月10日 意外とリアルにブラコンで、美人なお姉ちゃんと外食へ(5)



「ちなみに、シーカーさんが女性の理由は?」

「男性の姿でも女性の姿でも、私が実験の計画書、及び設計図をもとに造られている以上、運動能力に実験の妨げになるレベルの違いは出てきません。なら、少しでも人間で言う脂肪に相当する部分を増やして、万一の時、致命的な破損に繋がらないために、女性としての姿が選ばれました」


「予想以上に納得できる理由だった……」

「そう考えると、女の子とエロイことするゲームで、アンドロイドが女の子ばかりなのにも納得できちゃうよね。メチャクチャ合理的だし」


 高校生の前で大人がエロゲの話をしないでくれ。

 反応に困る。


「あれ? 待てよ。そもそも、シーカーさんはどうやって俺たちと会話しているの?」

「私の本体が、私の声の元となる音をシンセサイザーによって加工して、それを喉の奥のスピーカーから出力しています」

「要は、リアルタイムで、人工知能がボーカロイドのようなモノを使って話している、ってこと」


「本体? 人工知能が宿っているPCのこと?」

「肯定です。入出力端末がここにあるのに対し、場所は秘匿させていただきますが、私の本体であるコンピューターは別の場所に。そことの通信によって、この身体は動いているのです」


「鼓膜は……目の次に簡単そうだからいいや。ワイヤレスマイクなんて普通だし。だったら、これは絶対に聞いておきたいんだけど、充電はどうやって……?」

「ワイヤレス電力伝送です」


「ウソ吐けるじゃん……」

「すげぇ、シーカーが事実を言っているのに、人間がそれを固定観念でウソと思っているし。かなり面白い」


「マジで……?」

「シーカーが言っていることは事実だよ。悠真がイメージしているスマホを充電するアレは、非放射型の電磁誘導方式。シーカーに搭載しているのは放射型。伝送元は仙台市内に数ヶ所あって、GPSで効果範囲を絞っている感じ」


「他の機械に影響とかは……」

「周波数が違います。悠真さんが普段から使っていると推測される物で喩えますと、街中でブルートゥースを使っても、他の人の機器と混線しないのと同じです」


「令和が未来すぎる……」

「ワイヤレス充電の構想は20世紀初頭の時点で、ニコラ・テスラがすでに思い付いて、実験の記録では約5km先の電球を光らせた、っていうし。っていうか、6歳も離れた姉よりデジタルに対応していないって……」


「機動戦士を造るために、その道を進もうとしているヤツと比べないでくれ……」


 仕方がない。

 わからないことはあとで調べておくとして、今はパスタを食べよう。


「パスタ食べたままでいいけど聞いてくれる?」


 コクコク、と、頷く。


「最後に話しておくのはこの子の所属について」


「3つぐらいの研究室が共同で生んだんだろ?」

「厳密に言えば、3つの研究室の人たちが集まって、研究室での実験とは別個に、実験に乗り出した。たった22人で」


「…………」

「どうしたん?」


「あのさ……」

「うん」

「もしかして、さ」

「うん」


「あくまでも同人っていうか……自主的な活動、ってこと?」

「YES」

「シーカーさんを、22人で?」

「YES」


「…………」

「んんっ?」

「おかしい……、自分の部屋でとはいえ、風呂上りに素っ裸でアグラをかいて、寝落ちするまでゲームしている姉さんが天才に見えてきた……」

「し、っ、失礼だなぁ、おい! 誰かに聞かれたらどうする!?」


 恐らく、風呂上りに素っ裸でアグラをかいて、という部分に反応したのだろう。

 姉さんが珍しく顔を赤くして、本気で恥ずかしがっていた。


「でも、さっき言っていなかったか? 経費はそっちが負担する、って」

「建前としてはサークル活動だし」


「なら、大学の計画じゃないのに大学の設備を使っているのも……」

「同じく、建前としてはサークル活動だし」


「えぇ……」

「それにパトロンがいる可能性だってあるし、22人の中に大金持ちがいる可能性もあるし」


「けふぅ!」


 どこかから女性がむせた声が聞こえてきた。

 店内はそれなりに賑わっていたので、その声の発生源はわからない。


 けど、考えてみれば当たり前か。

 シーカーさんがいかにその22人にとって大切な女の子かを考えれば、姉さん1人に保護者を頼むわけがない。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます