愁いを知らぬ鳥のうた ※

 大空に翼広げて飛ぶ鳥の

 視界にうれい入る余地なし



 せめてこの歌の主人公みたいに

 愁いを知らぬ鳥になりたい



 何となく「どうにかなる」で構わない

 僕らは今日も生きているから



 いつの間に随分歩いてきたけれど

 信じたものは ずっとそのまま



 がむしゃらに走り続けてきた過去に

 落としたものを拾いに行こう



 悲しみも愁いも置いて見上げれば

 空には雲のひとつもなくて



 天高く「痛いの痛いの飛んで行け」

 幼子の言う呪文が溶けた



 籠の中飼い慣らされた鳥の世の

 平穏無事と美しい声



 いつか来る別れの翳に怯えないで

 黒い瞳の光仄かに



 天国があるならきっとこんなだと

 思うと言った君の面影

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

短歌練習帳 青い向日葵 @harumatukyukon

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画