神は勇者を召喚しなければならない

作者 瀬岩ノワラ

20

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


 この作品の中で神は世界の管理者、そして勇者は役割を与えられし存在……。
 しかし、勇者にも当然心がある。もしそんな勇者達が使命に疑念を持ったなら……そんなお話です。

 コミカルな神サイドとシリアスな勇者サイドとのギャップは、立場の違いを巧みに表現しています。見事な演出に読み耽ってしまいました。
 書き手としても非常に勉強になりました。異世界ファンタジー好きなら目を通してみても損は無い作品。是非、ご覧あれ!

★★★ Excellent!!!

後輩神の世界で魔王が出現してしまい勇者を召喚しますが、後輩神がポンコツなので上手くいかず、世界は滅亡寸前までいきます。それでも先輩神に助言をもらいながらさらに勇者を召喚し、どうにか魔王勢力に大打撃を与えますが、また大問題が発生……そんなこんなで勇者たちに頑張ってもらうお話です。

勇者は神様からそれぞれ固有の「奇跡」をもらっています。さまざまな能力を持った勇者たちが魔王勢力と戦う様が細かく描写されており、時折、神様サイドのコミカルなやり取りを加えることでシリアスさが緩和されます。
神さま、勇者、賢者などの主要キャラクターがとても魅力的で、文体も相まってスラスラと読みやすいです。

週一ペースでの投稿のようですので、のんびり気軽に楽しめると思います。わたしの今のお気に入り作品です。