第30話

ルーシーはそのキャンビーを放り投げると、俺の後を追いかけてきた。


「ね、ヘラルドは、今度いつ、ピクニックに行く? 遠足の、おでかけ、する?」


俺は、ゆっくりと溶けていく子供たちが入ったカプセルの間を、足早に通り過ぎる。


遺伝情報が混ざるので、混合することは許されない。


完全なる個別で運ばれる。


死亡してから融解すると、生きたタンパク質を採取再生することが出来ないため、健康で若い個体ということが、重要視される。


「私、は、今度また、林檎の花のところに行きたい。前に皆で行ったところ。林檎が好きだから。ヘラルドがくれた、あの花のおもちゃ、まだちゃんと持ってるよ」


個別に融解された細胞は、遺伝情報を元に管理され、適当と判断された組み合わせによって、時には別の個体と融合させて、再生されることもある。


そうなれば、新しい人間になってしまうので、元の自分というわけではない。


そのまま継続して再生されれば、自分が自分として蘇ることになる。


「みんな、誰もピクニックに行こうって、言ってくれ、な、いの。ヴォウェンはお仕事中だから、お話し出来ないし、ディーノとイヴァは、いないんだもん」


だけど、記憶の継承は難しくて、各地に設置された定点カメラや、キャンビーのメモリーを個人の記録として残すより方法がない。


それを見れば、過去の自分の記録をたどることは可能だけれども、それが許されるのは、成人した大人だけだ。


「カズコもレオンもニールも、みんな忙しそうだから、さみしい、の」


再生されたクローン同士が、再び同じエリアで解放され、巡り会い、友好な関係を築くことが出来れば、再会もありえるという話だ。


俺たちは、何度も何度も同じパターンをくり返し、そこから得られる有益な情報、経験を元に、進化を続けている。


カズコの言う、運がよければというのは、そういうことだ。


「ね、ヘラルドは、今忙しい?」


「あぁ、忙しいんだ、放っといてくれ!」


つい声を荒げてしまったことを、すぐに反省する。


彼女は、さみしそうにうつむいた。


「最近、みんな、変で、つまん、ない」


「はは、つまんない、か」


彼女のその言葉に、俺は深く傷つけられたような気がした。


「そうだね、つまんないね、ルーシーは、どうしたい?」


彼女の顔が、明るく輝く。


「みんなで、ピクニックに行こう!」


「ピクニックか、じゃあ、計画を立てなくっちゃね」


ルーシーが微笑む。


ピクニックか、いいじゃないか。


外は本物の嵐、中は戒厳令発動中の、穏やかで確実な嵐だ。


どっちにしろ、嵐のまっただ中にいるのなら、本物の嵐に飛び込んだ方がいい。


「ルーシー、みんなを驚かせよう。二人でこっそり計画して、びっくりさせるんだ」


うんうんと、うれしそうに彼女は、何度もうなずく。


「これは二人だけの秘密だよ、約束できる?」


俺が小指を差し出すと、彼女はすぐ、同じように小指を差し出した。


俺はその細く白い指に、自分の指を絡める。


「じゃ、絶対に秘密だよ」


それで、彼女が納得したかどうかは分からない。


だけど、とりあえず大人しくさせることには成功したらしい。


俺は、それでいいと思っていた。


「ね、ヘラルド、どこに行くのか、決めた?」


それ以来、俺はことあるごとに、ルーシーに絡まれるようになってしまった。


本気でここから出て行くことも、ましてやピクニックなんてありえない。


それは、逃亡であり犯罪だ。


「今は、大事なお仕事の時期だから、だからヴォウェンは忙しくしていて、みんなもそれを手伝っている」


俺の説明に、彼女はうなずく。


「そのお仕事が終わったら、みんなで行こう。ルーシーの好きなところでいいよ、どこに行きたい?」


彼女は、うれしそうに考えをめぐらせている。


「うーんとね、やっぱり、みんな、で、最初に行く、た、公園に行きたい。林檎の木、約束したでしょ?」


「はは、ルーシーは、意外と記憶力がいいな」


彼女はその時の思い出を、ぶつぶつとつぶやきながら、俺の後をしつこく追い回している。


ふと、疑問が浮かんだ。


「ねぇ、ルーシーは、ここに来る前の記憶はあるの?」


彼女は首をかしげた。


「ルーシーは、カプセルに乗ってやってきただろ?」


うんと、うなずく。


「どこでそのカプセルに乗ったの? その時は、どこで何をしてた」


ルーシーは、困った顔をしてうつむく。


「覚えて、ないの?」


「分からない」


くるりと背をむけると、彼女は逃げるように去って行く。


まぁ、どうでもいいや。


そんなこと、今となっては俺にはもう関係のないことだし、キャンプベースでも散々問い正されているだろうし、本当に記憶がないのかもしれない。


彼女の長い時間は、彼女のものだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます