ファンタ

 ファンタを買ったら、武士がいた。


 もう少し説明すると、ファンタの期間限定お遊びパッケージに“ちょんまげ”が印刷されていたのだ。これを頭に当てれば誰でも武士に変身できるというわけである。

 だから、今日はそれを額にあてて家に帰ってみたのだ。果たして、気になる武士の反応は……。


「おお、色のついた水だ。“じゅーす”だ。大家殿、それは土産か?」


 武士はジュースしか見ていなかった。


 なんだよお前。もっと見た目に惑わされろ。ギャグ説明しなきゃいけない私の気持ちに寄り添え。


 見ろよ私のちょんまげを。


「丁髷? それが?」


 おう。お揃いお揃い。


「……フッ」


 あああああああああ!?!?


 今鼻で笑いやがったなコイツゥゥゥゥゥゥ!!!!


 もう許さん! もう容赦しねぇぞこのオトボケ侍! 

 くらえファンタグレープ味!!


「ぬあぁぁ! 毒か!? これは毒なのか!?」


 炭酸じゃあ! どうだこんなもの江戸には無かっただろう!! 喉がファンタスティックになるだろうファンタだけになァ!!


 あっはははははは!!


 ……。



 ……私、深夜に何やってるんだろうなぁ。



 疲れて帰ってくると、往々にしてそういうテンションになる時がある。

 私はテンションを元に戻し、ちびちびとファンタを舐める武士を残して風呂へと向かったのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます