金木犀

 なんだか年々暑くなってきている気がするが、今年の夏は本当に暑かった。


 家にいるならエアコンをつけりゃ済む話なのだが、外にまで持って出るわけにはいかない。あのどうにもならない暑さ、営業で外回りをする時には閉口したものだった。


 そんな夏もぼちぼち去り始め、涼しげな風がほんのり肌を撫で始めた今日。


 仕事で外を歩いていた時、優しげな香りが私の鼻をくすぐった。


 金木犀だ。


 ――こんな所に咲いていたのだなぁ。

 思わぬ見つけものに、仕事や武士によって削られていた精神力が回復していく。

 しばしその場に留まり、香りを楽しんでいた私だったのだが……。


「おお! 何か良い香りがすると思ったら金木犀ではないか!」


 元気いっぱいの武士が現れた。



 なんでだよ。



「おおー、大家殿! 今から帰るのか?」


 ンなわけねぇだろ。二時だぞ今。バリバリ働いとるわ。


 聞けば、この道は武士の散歩コースの一つらしい。

 ……ここ、家から結構距離があると思うんだけどな。健脚の武士である。


 武士は腕組みをして、嬉しそうに笑った。


「なんせあまりに暑かったからな。この日本に、もはや秋は無くなってしまったのかと思っていたのだ。ところがどっこい、金木犀は秋をしっかりとその身に知っていた。某、安心したぞ」


 ……秋をその身に知る、か。まるで俳句に出てきそうな言葉だ。お前案外風流だよね。


 そう言ってやろうと隣を向いたら、武士の姿が無かった。辺りを見回すと、金木犀の根元にしゃがみこむ姿。


 ヤツは私の視線に気づくと、振り返って言った。


「大家殿! 見ろ! オンブバッタがいたぞ!!」


 子供かよ!


 風流とかではなく、感受性が幼児であるだけなのかもしれない。だがそれはそれとしてオンブバッタは見たかったので、私も武士の隣に腰を下ろしたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます