第13話 それ以外の道

 ちゃぶ台を返すようですが、実はそれほど共作にこだわる必要はないんじゃないかと思っています。


 重ねて言うように、わたしは作品が完成することにあんまりこだわってません。プロットをこねくり回したいだけです。ただ、自分からはもう着想できそうにないから、他人の構想を借りたいだけで。


 それならそれで共作以外にもカクヨムを使えば、楽しみようがあるのではないかと思います。


 たとえば、ボツ案を募集してそれをプロット化して発表する、という形でもかまわないわけです。


 自主企画でも、そういう趣旨の連載でも、成立するでしょう。いずれは本格的に共作を考えるとしても、まずはそうやって自分にできることを確認するのは有益でしょうし、いいアピールにもなりそうです。


 などと考えながら、既にカクヨムに存在するボツ案集を見て回ったみたのですが……


 うーん、これは思った以上に手ごわいかもしれないなあ、と認識を改めています。


 これのプロット書いてくださいって言われてもたぶん無理だろうなあ、っていうのが予想以上に多い。


 理由はいくつかあるんですが、まずやっぱりボツネタっていうのは基本的に出オチが多い。コンセプトは考えたものの、具体的なアイディアがないタイプですね。


 言ってみればムチャブリのようなもので、そのコンセプトに沿ったアイディアを考えなければならないのでハードルが高いです(だからこそボツになるんですが)。


 あと難しいなと感じたのは、ドラマの比重が大きいものです。


 人間関係だったり、恋愛、成長に焦点が置かれたものですね。これはある意味で想定通りだったのですが、思った以上に数が多いなと。


 というか薄々察してはいたのですが、わたしのエンタメ観ってかなり偏っているんだなって。早い話、ミステリがエンタメの王様だと思ってる節があったのですね。


 いや、だって、ミステリほど多くのサブジャンルを持ってる文芸ジャンルってそうないじゃないですか。本格にはじまり、ハードボイルド、社会派、クライム、サイコと、枚挙にいとまがありません。エンタメなら、必ずいずれかのサブジャンルには当てはまるものと無意識に思い込んでいたところがあります。

 

 ところが、カクヨムをはじめネット小説界隈ではドラマ主体のエンタメが少なからずある。というか、そっちの方が多いかもしれない。いや、本当は商業出版の世界でもそうかもしれないのですが、わたしの観測範囲にはなかったという話です。


 ドラマというとどうしても文学性が高いものを想起してしまうのですが、そうではなく、気軽なエンタメとしてそれらが消費されている気がするのですね。


 かく言うわたしも現代ドラマを主体とした書き手だったのですが、書きながらずっとエンタメとしてはニッチだよなあと思っていました。


 というわけで、ちょっとしり込みしてます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます