第3話 初恋は永遠に儚く

 エンケラドゥス・アコヤを回収できた。また、その体内からエンケラドゥス・サファイアも見つかった。良いことづくめのようだが、アンドロイドのララを破損させてしまった。ララではなく隊員を派遣していれば死亡事故につながった案件だ。あのような凶暴な生物がいた事は誤算だったのだが、この件は失態として厳しく糾弾されても致し方ない。


 持ち帰ったエンケラドゥス・アコヤは月面の研究施設で飼育されることとなった。地球より月の方が、エンケラドゥスの重力環境に近いからだという。また、入手できたエンケラドゥス・サファイアはすぐに病院へと届けられた。

 アレをどう使って治療に役立てるのか、素人の自分には分からなかった。しかし、病院関係者の喜びようは凄まじく、まるで何かのお祭りのようなはしゃぎ方だった。あの一かけらで多くの人の命が救えるのだという。


 そして当然、美沙希も礼を言いに来た。俺が滞在していた部屋に入って来た時には、両手にプレゼントらしきものを沢山抱えていた。ビューティーファイブメンバーへの感謝の気持ちなのだという。

 香織はそのプレゼントの山を抱えて部屋から出て行った。

 こんな所で気を利かせる聡い副長だ。


 そのおかげで美沙希と二人きりになってしまった。


 俺は言葉に詰まる。しかし、美沙希は自然に俺の手を握った。


「ありがとうね。ギーお兄さん」

「礼には及ばない。義務を果たしただけだ」

「香織から聞いてるわ。お兄さんだけが反対していたんだって」

「反対してはいないさ。躊躇していただけだよ」

「公私混同だって?」

「ああ」

「お兄さんらしいわ」


 そう言って俺に抱きついてくる。

 俺も軽く抱擁する。

 

 美沙希は俺の胸に顔を埋めながら聞いて来た。


「どうして告白してくれなかったの?」

「いきなり何を言ってるんだ」


 俺は何か核心を突かれたような気がした。心臓は激しく鼓動しているが、極めて平静を装う。


「美沙希の事は妹のように思っているんだ。告白なんてするわけがないだろう」


 嘘をついた。


 告白しなかったのは自信がなかったからだ。

 

 まず、自分の気持ちが分からなかった。本当の気持ちに気づいたのは美沙希が結婚してからだ。そして、美沙希の気持ちも分からなかった。彼女の心は宇宙へと向いていると、そう思っていたからだ。


 その彼女が結婚した。


 それは自分にとっては青天の霹靂で、ありえない事実だった。


 彼女はいつも自分の傍にいた。そして宇宙について熱く語っていた。

 他の男性の元へ行くなんて思ってもみなかった。


 そんな自分は、彼女の目から見れば無関心だと思われていたのだろうか。


「そんな風に言うのね」


 一言呟いて美沙希は背を向けた。


 向こうを向いたまま、また一言呟く。


「そういう事にしといてあげる」


 そして今度は俺の方を向く。


「明継はね。本当に一生懸命なんだ。宇宙の事にも、私の事にも、娘の事にも」


 大体想像はついた。

 自分は一生懸命ではなかった。美沙希に対しては。


 だから、本当の兄であるかのように振舞うべきだと思った。

 彼女の意志を、最大限尊重してあげようと。


 俺は何度も頷いていた。


「ギーお兄さん。私は、本当はね……」


「言わなくていい」


 俺は美沙希の言葉を遮った。

 その一言を言わせてはいけないと思ったからだ。


 美沙希は納得したように頷く。


「うん。ありがと。感謝してる。明継も感謝してた。一生感謝しても足りないって言ってた」

「ああ」

「ごめんなさい」

「謝ることなんてないさ」

「そうだね。そういう事にしとく」


 美沙希は手を振りながら部屋を出て行った。

 ハンカチで目元を抑えながら。


 入れ替わりに香織が入って来た。


「何か、湿っぽい事でも話していたんですか?」


 ギロリと睨まれる。


「何もないよ。唯々感謝されただけさ」

「そう?」


 さらに睨まれる。


「まあ、あの美沙希さんが唯一認めている方ですからね。隊長は」

「そうなのか」

「ええ。彼女がリーダーの時も、田中隊長のお話はよくされてましたから」

「恥ずかしいな」

「それはそうと、チーム内恋愛は禁止ですから。メンバーに手を出さないで下さいね」

「分かってるよ」

「そうですか? 黒子の胸元を見つめる目つきが怪しいのですが」

「だ、大丈夫だ。そんなよこしまな意識はない」

「そうだと良いのですが、妊娠して脱落……等という様な不祥事は二度と起こしたくありませんからね」

「分かってるさ」


 ネクタイを掴まれ睨まれた。


「お願いしますよ。隊長さん」

「ああ」


 まるで蛇に睨まれた蛙だ。

 まあ、この副長がいれば風紀が乱れることはないだろう。


 俺の心は軽くなった。

 残念な気持ちなのか、それとも吹っ切れたのかよく分からない。


 ただ一つ、はっきりと自覚したことがある。

 自分が彼女を想う気持ちは変わらないのだと。


 そして彼女も、自分を兄のように慕ってくれているのだと。


 

[おしまい]

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます