小説を書きたいわけじゃなかったのに……

作者 木沢 俊二