第八章 ここにいて

ここにいて (1)

「それじゃ、準備はいい?」

「ええ、修二さんは?」

「だいじょぶです」

 チラリと、右隣下の明梨窺う。コクリ、と頷いた。

「じゃあ、出発」

 楓の後に続いて、外に出る、空けてあった新村家の駐車場に彼女の車が止まっていた。大衆的なセダン車。

「えっと、俺は……」

「助手席でいいでしょ、明梨ちゃんは由希の隣で」

「うん」

 全員乗り込み、シートベルトを装着する。明梨は前にも見た、チャイルドシートに座り、由希が固定した。

「それじゃ行くよー」

 楓がキーを回す。静かに道路に出た車は、ゆっくりと進み、幹線道路に進入した。


 今日は、近くの山までハイキングとなる。従前から、行く約束をしていたらしいが、修二の件もあり、見送っていたのだ。ここにきて、ようやく状況が落ち着き始めたこともあり、楓が休みの今日と言う日に行くことになった。

「これって美島さんの車ですか?」

「そう、一括払いで買ってやったわ」

「へえ、すごいんですね、弁護士って」

「こんなの、大したもんじゃないわよ。私、車には拘らないから、燃費がよくて適度に走れればそれでいいの」

 窓から空を見る。雲はまばらで絶好の行楽日和といえる。

 明梨が、興味深そうに街を眺めている。自意識が芽生え始めている彼女にとってはなにもかもが真新しく、幻想的に見えるのかもしれない。あれはなに、これはなに、と由希と楓に問い続ける。だが、


 やっぱり、避けられてるな……。当然、だけど……。


 尽くすべきは尽くしたが、あれから大きな進展はない、そろそろあの部屋で目覚めた日から一ケ月になる。


 やっぱり、今日伝えるか……。


 密かな決意を抱えて、このハイキングに付きあうことにした。この日が、この一ケ月に対するけじめをつける日になるだろう、と心に決めている。

 車がどこかを上っていく。

「高速使うんですか?」

「ううん、ここはただの高架道路、市外の山だけど、そんな遠くないから」

「修二さんも、何度も行ったことありますよ」

「へえ……うん……?」

 なにか不思議な感じがする。


 なんだ……?


 窓の向こうを見る。

「え……⁉」

 周りが霧に包まれたかのように、視界を覆う。窓から高架道路の下を見た。

そこにあったのは一面の青、今いる場所は海の上にかかる橋、その下のはるか低いところに青白い波が渦巻いている。


 な、なんで海が……?


 窓を開けて顔を出す。

「ちょ、ちょっと……⁉」

 楓の制止する声にも構わず、辺りを見回す。海などどこにもなかった・

「修二さん!」

「あ……」慌てて、体を引っ込めた。

「なにやってんのよあんた……⁉」

「す、すみません……! ただ、その……」

「……記憶、かしら……?」

 由希が今起こした奇行の事情を察したようだ。ミラー越しに明梨が目を丸くしているのが見える。

「はい……」

 どこかで見た光景、だが夢幻のようにフワフワしていて輪郭がはっきりしてくれない。


 一体どこで……?


「大変なのはわかってるけど、明梨ちゃんがいるんだから……」

「すみません……」

 しばらく四人とも黙ってしまった。


「ハァ……!」

 着いた先の、自然公園の入り口で大きく息を吐いた。山々が赤と黄に染まり、異界めいた姿を現出させていた。

「うーん! こりゃちょっと予定がずれてよかったわ」

 楓が大きく伸びをした。

秋の風光の最も美しい時期なのだろう、ふもと一帯の食堂や土産物店はレジャーに来た親子連れや観光客で賑わっていた。

「きれい……」

由希も見とれているようだ。

「ママ、抱っこ」

明梨の催促、もっと高いところから見たいのだろう。

「ええ、あ……修二さん、頼んでいい」

「え、ええ……」

やや気後れする、本人が嫌がったらどうすればいいか悩みかけたが、

「ふ……!」

しゃがんだ修二の背によじ登ってきた。驚いたが、器用なものでがっしり首を腕で挟む。

「ほら、立つぞ」

立ち上がり、周りの景色を見やすいように、肩をやや右に傾けた。


……軽いな。


 こんなにも軽い体に、命が宿っているというのが、なんだか不思議に思えた。

「さあ、乗り場はあっちよ」

 楓の後に続いて歩き出す、ロープウェーで山頂近くまで行くのだ。ゴンドラに乗り込むと、明梨を下ろした。膝立ちで、席に座り、外の景色に目を張る明梨、由希が靴を脱がせた。


 今、この子は、すべてがキラキラ輝いて見えるんだろう。これからも、どんどんそう言うものを見つけて、触れ合っていく。


 なにも知らない、というのは知る喜びも、いくらでも体験できる、ということなのかもしれない。


 この子はまだ人生を始めたばかりだ、これから色んな人と出会い、時には傷ついて大きくなっていく。それを見守っていく人間は……。


「ほら、着くよ」

 上まで着いたようで、楓に促されて降車する。修二の後に由希が明梨の手を引いて降りてきた。

「……」

 先に行かせるべきだったかもしれない。

 目的のハイキングコースまで着いた。といっても幼児連れで無理する気はないようで、頂上の山麓をぐるっと一周回るだけである。


 ここ……。


 アルバムファイルに写っていた場所に似ている、おそらく由希と何度も遊びに来たことがあるのだろう。ひょっとしたら、自分になにか思い出してもらいたくて、この思い出の場所に決めたのかもしれない。

 楽し気に歩く三人を少し後から追う形で歩く。由希が背中で自分の様子を気にしているのが、見て取れた。そのことが辛い、もう修二は記憶を取り戻すことは、半ば諦めている。今、考えていることは、精神を飛ばされたこの時代での生き方、過去の出来事を追っていくうちにようやくそれが見えたのだ。


 後は……。


 木道を歩いた先に展望台があった。黄金色に染まる山々を黙然と視界に入れる。

十五年前もこうだったんだろう、おそらく十五年後も。

 泰然自若と変わることなく存在し続ける自然への畏敬、それを考えると、自分一人の記憶などは実に些末な問題であるような気がした。

 頂上近くの広場で昼食を取ったのちも明梨は飽きることなく、駆けまわっている。それを穏やかに見つめる由希。


やはり、今日、言おう……。


 もうこれ以上時を遊ばせるべきではない。

 日が西に傾き始めた頃に、ようやく麓まで帰ってきた。

楓の車で、近くのレストランで夕食とした後、新村家まで送ってもらうことになった。


「明梨ちゃん、今日はどうだった?」

「たのしかった!」

 意気揚々と答える。疲労している様子はあまりなく、エネルギーを持て余しているようにすら見える。

「うん、来てよかったね。そろそろ旅行とかもいいかな」

 由希の言葉に一瞬、ドキリとする、遠回しに自分に対して提案しているのでは、と思って冷や汗をかきそうだった。

 家に着くころには日も沈み切っていた。

「それじゃあ、今日はありがとうございました美島さん」

「ううん、久々に羽のばせてこっちも楽しめたよ、まあ、あんたにそんな丁寧な物言いされるのは慣れないけど……」

 苦笑しながら、シートベルトを締める楓。

「楓ちゃん気をつけてね、疲れてるでしょ」

「大丈夫、それじゃ、明梨ちゃんまたね」

 窓が閉じられた。明梨が手を振ると、車は夜の街へと消えていった。

「さあ、それじゃ、お風呂に」

「由希さん」

 はっきりした声音で呼びかける。

「はい?」

「この後、少しいいですか?」

「え? ええっと……」

「そこの公園まで行きません?」

 修二の様子が真剣なので、由希もなにか大事なことだろうと、推察したようだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る