Note:06 私の話

 もっと他にやりようがあったのではないか。

 もっと上手くいく方法が、もっと器用なやり方が。

 それさえ出来ていれば、こんなことにはならなかったのではないか――一切の隙無く私の心を苛む声に、しかし私はこう返して黙らせる。


 他に方法があったのなら教えてよ、と。


 タミがこの世からいなくなってしまう前に、どんな手を使えば外の世界に触れさせてあげることができたのか――答えられるはずがないのだ。だってこの声は、私自身の声なのだから。

 間違っている、なんて解り切っている。

 それでも私は、きっとどんな世界でも、同じ手段を用いただろう。


 未来のことなど、誰にも分かるはずがないのだから――


「ナル、どうしたの?」

 

 呼びかける声に、ハッとして振り返る。

 不安げな面持ちで私を覗き込むタミの、ふわふわとした髪が視界に揺れていた。

 木陰であるにもかかわらず、微かな木漏れ日程度で透けて輝く彼女の髪――少しの間呆けていたらしく、私はゆるりと頭を振って、

「なんでもない。ちょっとサイキックを使い過ぎた……かもしれない」

「ダメだよ、無理したら。今ならまだ、許してもらえるかもしれないよ」

 だから戻ろうよ――許してもらえるかもしれないって、誰に?

 誰に許してもらいたくて、あんな場所に戻ろうというのだろう。

 立ち上がった私は深呼吸を一つ、そのまま空を見上げた。


 ずっと焦がれていた外の景色。調整されていない温度。強く降り注ぐ生きた光。

 あの施設にいたのでは、おそらく一生味わうことのできなかった世界を――タミと一緒に生きている。死に向かって歩くだけだった日々とは、それだけで違う。


「――大丈夫、タミは心配しなくていい」

「でも……」

「何が来たって、私がタミを護るから」


 あなたは最期の時まで、好きに生きていい。

 見たかったものを見て、味わいたかったものを味わって、そして。

 誰も知らない場所でひっそりと、二人だけの旅路を終える。

 それが生きるということで、自由であるということだ。


「だからお願い――私の傍から離れないで」

 

 指と指を絡めてタミの手を強く握り締める。

 彼女の存在ごと全て、失くしてしまわないように、しっかりと。

 肌を伝う温度が、胸の奥からせり上がる熱さが、今の私の絶対だから。

「――うん」

 どこか複雑そうな心地を混ぜつつ、タミはふにゃりと笑った。

 そう、それでいい。あなたが私に見せる顔は、その笑顔だけで。

「……なんか照れるね」

 もう少し休憩しよっか――隣に腰かけたタミが着ているのは、見慣れた青いパジャマではなく、太陽の光を吸い込んで、明るく輝く白いワンピース。

 、と。

 そう言ってタミに、目に眩しいワンピースをくれたのは博士だった。

 こんな余所行きのワンピースを彼女が持っているのも、そのサイズがタミにピッタリなのも驚いたが――やはり一番驚くべきことは。

 あの博士が私ではなく、タミにくれたということだろう。


 思い出すのは数刻前――私達が施設から脱走した時の光景。


「……自分が何してるのか、わかってる?」

 

 サイキックにおいて、手の平を向けるという行為は準備である。

 力を飛ばす方向をイメージする、たったのそれだけで。

 威嚇、牽制、脅迫など詳細に差異あれ、要するに「使」という意味であることに他ならず、ましてそれがサイキック同士なら――その瞬間、双方勝敗を察していることも珍しくない。

 つまりまさに今、ナルに掌を向けられているマギは。

 これから行う所作の一つ一つが、自分の生命を左右することを悟った。


「はい」

 どこまでも無表情に、ナルは危険極まりない力の矛先を向けている。

 対するマギはゆっくりと立ち上がり、冷や汗を掻きながら。

「冗談じゃ済まされないわ、ナル。冷静になりなさい」

「冷静です、私は」

 あぁ、そうだろう――そして焦っているのは自分の方だと、マギは理解していた。

 恋を知り、感情を知ったナルが、しかしそれを表に出すのはあの失敗作――先日倒れたらしいタミに対してだけ。その他の感情を極力抱かせないように、少しでも兵器らしくあれと育ててきた結果、マギに向けられる手の平に一切の感情はなかった。

「博士はただ、私の言うことを聞いてくれたらいい」

「……何が目的?」

 観念して問い質したマギに、ナルは表情一つ変えずに言い放つ。

「私とタミは、ここから出ていきます。だから探さないでください」

 そう言うのではないかとも、想像だけは出来ていた。

 動力足りうるほどの感情と、自由を勝ち取るだけの力を得た人間がどう動くかなど、人間科学に詳しくなくとも分かりそうなもので――それはきっとマギが、本当に欲しかったモノなのだから。

「――外に出たところで同じよ。もうその子は長くは持たない」

「わかっています」

「逃げ出したことが判明すれば、いずれ『暗幕エクリプス』からの追手もくる」

「邪魔をするなら潰します」

「そこまでして結局、あなた一人だけ置いていかれるかもしれないわ」

 思い留まってほしい、という考えが無かったといえば嘘になる。

 ナルが脱走したと知れば『暗幕エクリプス』は動くだろう。

 担保を確保する為に手段を問わないだろう。

 それはマギ自身の破滅にも繋がり――けれどもう無理だ。


「それでも生きていたい。タミと一緒に、最期の時まで」

 

 ある種の諦めにも、悟りにも似た覚悟を前に、果たして他人の言葉がどれだけ届くものか――とうの昔に忘れたはずの感情が眩し過ぎて、直視すらできないのに。

 かつてのマギが駆け足で、今のマギを追い越していったのが見えた気がした。

 こんな境遇になっても、しかし後悔だけはしなかったのだ。

「私達の人生は、私達が決めます」

 あの日の自分が選んだ未来を、望んだ願いを、否定できなかったように。

 それこそが自分の使命であると、気付いてしまっては、もう止められない。

「――そう」

 今のナルに一番近かった頃のマギが、振り向いて囁いた気がした。

 分かっているくせに――そう隣に彼女を連れて、小さく囁いた気がした。

「……あぁ、もう! いいわよ! 勝手にしなさい! あんた達が逃げ遂せようが、どこかで野垂れ死のうが、マギにはもう関係ない!」

 だから――ナルの後ろに姿を隠しながら、こちらの様子を窺う失敗作を一瞥する。

 大した力も持っていなかった彼女がいつの間にか、一人の兵器をただの人間に変えてしまった。自分の想いを優先する、ありふれたつまらない存在にしてしまった。

 生きられるものなら、きっと生きていたいだろう。

 ただの人間なら当たり前の願いに、ならば。


「逃げ切ってみせなさい。誰の手も、運命すらも届かない場所まで」


 ならば抗ってみせるといい。

 どこまでも無様に、人間らしく足掻いてみればいい。

 本当は誰もが――そんな風に生きたかったのだから。


「あぁ、それと」

 自分で脅迫しておいて、間の抜けた表情を浮かべるナルに思わず苦笑する。

 随分と知らない表情が上手になったもので――その原因である少女に、

「タミ、だったかしら」

「え、あ、はい!?」

「そんな無愛想な恰好で外に出るなんて許さないから。逃げるのなら、生きるのなら、もっと相応しい格好があるってものよ――勿論ナルも。ちょっと待ってなさい」

 私室に積まれた段ボールを無作為に崩し、やがて一つの段ボールを探り当てる。

 ナルに似合うはずだと見繕っていた灰色のチュニックと、いつか買った純白のワンピース――まとめて買えば送料無料だったから、自分用に買って肥やしにしていたそれを取り出し、放り投げて寄越した。

「そこのクローゼットに色々あるから、適当に。レギンスでいいと思うわ。というかレギンスにして。タミは――あぁ、もう、あのサンダルどこにやったかしら……」

「……くれるんですか、これ」

「どのみちマギには必要ないもの」

 この先好きな服を着て自由に外出する機会など、与えられないだろう。

 暗闇に堕ちるだけの人間よりは、これから光を浴びる人間が持っておくべきだ。

「博士」

 すっかりどこにでもいそうな格好になったタミの手を引き、部屋を出ていこうとしたナルはふと立ち止まってマギに振り返る。

「なによ」

「私が生まれたのは、結局博士の勝手だけれど」

 別れの挨拶か、恨み言の一つでも寄越すのかと思ったマギに、


「だから私は博士のこと、――と、思います」


 それだけ言い残して、彼女は出ていった。

 おそらく二度とマギの手の届かない世界へ、最愛の存在と共に。

「……何よ、それ」

 世界一の科学者になりたかった。けれどそれは叶わなかった。

 究極のサイキックを造り上げたかった。だけどそれも叶わなかった。

 何も成し得なかった、何も手に入れられなかった女が、唯一手に入れたモノが――嫌いじゃなかった、なんて曖昧な評価一つで。

「嫌いでいてくれなきゃ、意味無いじゃない……」

 おそらくそれも覆るだろう――隠しコードはもう発動している。

 サイキックがある限り、ナルは蝕まれる自身の記憶と感情に惑うのだ。

 最後までマギの仕組んだ運命に、翻弄されることになると知れば。


「……もしもし?」

 ペタンとその場に座り込んで、マギは携帯電話を取り出す。

 連絡するのは二つ。一つはケムリに、ナルが脱走したことを。

 もう一つは――あの憎き科学者に、これまでの全てを。


 できれば何もかもが上手くいくことを、願いながら。


「見て、ナル!」

 

 施設は想像していたより、ずっと山奥にあったらしい。

 誰かに踏み潰されること無く育った雑草に、サンダルが圧し掛かる度、草の香りが鼻を突く――五感の全てを使っても追い切れない情報量は、けれど居心地が良かった。

 どこまでも広がる緑に、まばらに咲き誇る色彩の飛沫。

 眩みそうになる光の中で、祝福されるように煌めく命の灯火一つ

 真っ白なワンピースの裾を翻し、くるくると回転するタミの、宙に踊る少しウェーブのかかった茶色い髪は、まるで金糸のようにきらきらと。

「これが世界なんだね!」

「えぇ、そうね」

「えへへ! 楽しいなぁ、嬉しいなぁ!」

 檻の外はとても広くて、とても優しい――今更知った私達にも、牙を剥くことなく受け入れてくれる。

 初めてなのに、まるでずっと前から知っていたかのような温もりは、

「あはは――ねぇ、ナル!」

「なに?」


「ありがとう、あたしを連れ出してくれて!」


 だからこそ――全て手放して旅立ってしまうから、泣きそうになる。

 博士の言った通り、もうタミは、両の指で数えられる程度の命だ。

 タミから聴こえる音が弱まっていく度、それを痛感する。

 いずれ来る追手を撃退しても、どれだけ先に逃げようとも。

 優しいだけの世界に私を置いて――タミはいなくなってしまう。

「……ごめんなさい」

「えっ、どうして?」

「もう少し早くこうするべきだった。タミが外に憧れていること、知っていたのに――。なのに今更になって、こんなこと」

 そして彼女を連れ出した今、私はもっと怖くなった。

 外の世界がこんなにも素晴らしいと、知ってしまったタミが、けれどその全てを諦めなければならない現実を、後悔と呼ばれる物を、与えてしまったのではないか、と。

「勝手なのは、きっと私も同じ。だから、ごめんなさい」

 それはとても傲慢で、そして罪深いこと。

 私の我儘はタミの願いを中途半端に叶えた。

 

 そう思うと繋いだ手が、どうしても強張ってしまう。


 感情や心は、姿の無い急所だ。

 私が得た絶対で、酷く儚く、そして脆くて壊れそうで。

 それでも手放したくなかった――だから彼女に光を与えてしまった。

 すぐ奪われることになる光を、私の醜い欲望が。


「ねぇ、タミ――私、間違えてしまっては、いないかな」

 

 憧れと願いを抱えたまま消え逝く、目の前の少女は。

 それで誰かを恨んだりしないと、理解していても。

 不幸を嘆きながら終わってしまう可能性を孕んでいて。

 その可能性を生み出したのは――間違いなく私の我儘なのだ。


「……うーん、どうだろう」

 首を傾げていたタミは、やがてふにゃりと笑みを浮かべて言った。

「あの場所にいたままだったら、こうして触れることもできなかった世界に、今はナルと二人でいる――あたしはもうすぐ死んじゃうけど、それでもずっと近くに、手が届くところに、大好きなナルと憧れた世界があるんだもん!」

「タミ……」


「だからあたしは、世界で一番幸せな女の子! ナルのしたことが間違っていても、間違っていなくても――それだけはきっと、何があっても変わらないの!」


 だからね、とタミが私の頬に触れた。

 軽い圧迫と同時に感じた湿度に、私は初めて自分が泣いていることを知る。

「後悔だけはしないで、ナル。ナルがあたしの為にしてくれたこと、そうするべきだと思ったこと――なんて、あたしが誰にも言わせない」

 あたしの幸せも、あたしにしか決められないんだから。

 ぷにぷにと頬を摘まんだり伸ばしたりしつつ、そう言って笑うタミを抱き締めた。華奢な身体の彼女は、私よりよっぽど何もかもを受け入れていて、その羞恥を悟られないように。

「……!」

「うわぁっ」

 そのまま倒れ込んだ緑の絨毯を、嬌声と共に私達は転がって。

 瞬く花々に囲まれながら、お互いの匂いを胸一杯に吸い込んだ。

 溢れ出る愛しさを表現する術など、幼い二人は知らなかったから。

「えへへ、くすぐったいよ、ナル」

「うん……うん」

 ただ力いっぱい抱きしめて、縋るように求め合うことでしか、言葉以上の想いを伝え切れなくて――そして、それで充分だった。


 世界で一番幸せな女の子が、私の傍にいる。

 こんなに触れ合える。こんなに感じ合える。

 あぁ、だから――もう何も怖くないんだ。

 

 見つめあった瞳の中に、お互いの姿を捉えた。

 いつの間にか私は、こんな風に笑えるようになっていたのだ。

「……タミ」

「……ナル」

 抱き寄せたタミの音と、身体の内から響く鼓動が混ざった二人の音。

 額をくっつけて、髪を梳いて――僅かな感触だって零さないように。

 こうしていると私達は、まるで一つの生き物みたいだ。

「不思議だね。あたしとナルって全然違うのに、どんな世界でも出会えるし、絶対にナルのこと、好きなるって思うんだ」

「うん、私も」

「……あたし、生まれ変わったら花になりたいな。死んじゃっても、この世界で咲く花になる。そしたら絶対、またタミに会いに行くから――その時はちゃんと、あたしのこと見つけてくれる? もう一回あたしに、好きだって言ってくれる?」

「もちろん――約束する」

 小指を結ぶ代わりに、絡めるように手を握り締めた。


 どれだけ無数の中にいようとも、必ず私は見つけるだろう。

 この特別な花を絶対に、たとえ音が聴こえなくなっても。


「……ありがとう、ナル」

 

 そして綻ぶように咲く彼女に何度でも――愛していると囁こう。


 けれど私は果たせなかったのだ。

 体温と共に交わした約束を、当たり前のように立てた誓いを。

 私は何も知らなくて、何も気付けなくて。

 擦り切れていく記憶の果てに――やっと理解した時には手遅れだった。

 

 タミが自分と引き換えに起こした奇跡が、誰の為の物だったのかを。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます