失恋タヌキ

作者 織田崇滉

35

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最初は平凡な作品だなぁ〜と思いました。
織田さんの作品は幾つか読んでいて、こんな凡作でも投稿する人なんだ、と拍子抜けしました。ちょっとキツい言い方ですが、彼の場合、秀作揃いなんです。
と思って見直したら、「隻腕の守護神」しか残っていない。アレっ?
勘違いかな。レビューで度々見掛けているので、私の中で存在感が大きくなっているようです。

さて、本題に戻ると、終盤で、最初の方に画面をスクロールし戻しました。推理小説の謎解きのような仕掛け。
しかも、真犯人(ではないけれど)が、彼女だったとは!

短編にはMAX2つが信条なんですが、星3つ付けました。

★★★ Excellent!!!

片思い中の彼・迅くんに「お前なんか失恋しちまえ!」と言われてしまった忍ちゃん。
なんて無神経なヤツだ! と激怒したいところですが、どうやらその暴言には迅くんの秘められた想いがあるようで……?

私たちも子供の頃に言葉遊びや暗号の解明に夢中になったことがあると思いますが、それはやはり「暗号を作った人のメッセージを知りたい、気持ちを理解したい」という欲求があったからだと考えます。暗号が解けた時の感動、喜びをみなさんも覚えていることでしょう。

人間は、他人が隠したメッセージを知りたい生き物。それが好きな人のメッセージならば、なおさら。
忍ちゃんは、迅くんの暗号を解明することができるのでしょうか!?


ちなみに、個人的に作中で一番のお気に入りは二人のキューピット(?)役となる愛実ちゃんです。愛実ちゃんお茶目だし、マジ天使! 彼女に幸福を!!