第4話 大切な

失って 初めて 大切だったことが分かる

わたしにとっては そんなことはなくて


失う前から 大切だったよ

喪う前から ずっと大切だったよ

ずっとずっと大切だったよ


だから

何年たっても

その喪失に慣れず

向かい合えないまま

これは弱さかもしれない

誰もこんなわたしを望んでいない

けれど心が泣くなら それにまかせよう

そこにあるのは ただただ純粋な感情だから


いつか みんなのもとに旅立つ前に

向かい合えますように


どうか




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます