運命の日 その五

 パラ、パラっと濃子の上から塵が少し落ちて来た。

「な、何、コレ?」

 反射的に瑠瀬は見上げた。ちょうど濃子の真上あたりの天井に沢山亀裂が走っている。そこから小さなコンクリートが、落ちて来ている。

 天井が落ちる。さっきみたいに。

 瑠瀬は動き出した。その動きはゆっくりで、あまり速いとは言えない。でも瓦礫が濃子に落ちてくる前に、彼女を押し出すことはできた。その直後に、瓦礫が落ちる音がした。

「きゃっ!」

 押された濃子は尻餅をついた。その一瞬だけ目を閉じてしまった。次に開けた時、目の前に瑠瀬の姿がなかった。

「ぐぐ…」

 瑠瀬はその場に倒れていた。瓦礫の一部が、その体に直撃したのだ。

「瑠瀬?」

 微かに手が動くだけで、返事がない。体の右半分は、血で赤く染まっている。

「嘘でしょ、瑠瀬? 瑠瀬!」

 濃子の代わりに、瑠瀬がテロで負傷してしまった…。

 その事実に直面した濃子は、悲しみと罪悪感に包まれた。

「そこにいたか!」

「濃子、オマエは動くな! 源治が応急処置をする。オレが救助を呼んでくる!」

 平祁と源治が駆け付けた。

「源治…。瑠瀬は、瑠瀬はどうなっちゃうの?」

「出血が酷い。病院まで持てば何とかなるだろう。アナタの方は大丈夫なのか?」

 濃子は全身を自分の手でまさぐる。怪我はない。

「…大丈夫そうだな。なら良かった。今は瑠瀬の手当てを優先しよう」

 平祁がすぐに戻って来た。

「駄目だ。どこもかしこも、爆弾とガスでやられている。待っていても救助隊がここに来る可能性は低い」

「そ、そんな…」

 言葉を失う濃子。

「まだ諦めるな! 若干どころか結構危険だが、運ぶしかないだろう。源治、オマエはどうする?」

「アナタに同意。ここで腐っていても、意味はない。ならば少しでも可能性が高い方に賭ける」

 源治と平祁が瑠瀬を担ぐ。濃子は後ろから付いて行く。

「もう少し、ゆっくりだ」

「わかった」

 少しずつ前に進んでいく。もう出入り口は滅茶苦茶に破壊されており、観客席があったところから直接外に出ることができた。

「あ、救助隊が…」

 救急車がそこにちょうど、到着した。そして救助隊が複数人、濃子たちの方にやって来る。

「止血はある程度できました。まだ呼吸があります」

 源治が報告する。しなければ、助からないと思われてしまうだろう。そう判断された場合、瑠瀬には治療が一切施されなくなる。

「運転手。負傷者一名を運び込む。すぐに近くの病院に向かえ」

 瑠瀬は救急車に運び込まれた。

「濃子。オマエが病院まで一緒に行ってやれ。ついでに自分の体も診てもらうんだ」

「わかったわ、平祁。あなたたちはどうするの?」

「ワタシたちは、救助を手伝ってみる」

 源治がそう言って、煙を上げる他の施設の方を向いた。

「そう…。二人とも、気を付けて!」

「わかっている」

「任せてくれ」

 二人はそう返事をした。そして約束もした。

「後で必ず、会いに行く」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます