運命の日 その二

「濃子!」

「は、はい…?」

 瑠瀬は今度は、ホテルのベッドにいた。横に立っている濃子の表情は、驚きで固まっている。

「瑠瀬、大丈夫? さっきからうなされてたし、汗びっしょりだよ?」

 言われてみると、寝間着は汗で濡れている。呼吸も荒い。

「となると、今のは夢か…?」

 夢なら良かった。普通の人はそう思うだろう。しかし瑠瀬は違う。

「え、夢見たの?」

「見たには見たけど…」

 その内容を喋りたくなかった。

「教えてよ。どんな夢だったの?」

 瑠瀬は無言で、濃子から目を逸らした。しかし、

「私、死んじゃうの?」

 濃子のその言葉に、無言で返すわけにはいかない。瑠瀬が夢に見たことは、十中八九近い将来で起きる出来事…予知夢なのだ。

「よくは、わからない内容だった。でも朋が言うには、俺が濃子を悲しませたって…」

 何で濃子が悲しんだのかが、わからない。夢の中では誰も具体的な内容を言ってくれなかった。

 しかし濃子が悲しむというのは、彼女の不幸を暗示しているようだった。濃子の身にこれから降りかかるであろう不幸がただ一つ、思い浮かんだが瑠瀬はすぐに否定した。

「きっと外れだよ。久しぶりの夢だったから…」

 しかし、頻繁に外すぐらい夢を見るわけではない。今までの出来事を考えると、寧ろ外れることの方が少ない。

「何も必ず、夢と同じようになるわけじゃないだろ? あの時も」

 瑠瀬は、十年前に見た予知夢を思い出した。その時瑠瀬は、リビングでテレビを観ていた。すると臨時ニュースが流れ、番組がすぐに切り替わった。飛行機が茨城に向かう途中で墜落したことをアナウンサーが告げ、犠牲者の名前が公開された。その中に濃子の名前があったから、起きた後すぐに濃子に会いに行き、帰り道は飛行機に乗らないでくれと言った。そしたら濃子は、事故に遭わずに帰って来れたのだ。

「でもそれは、何が起きるか夢で見ることができたからでしょう? 瑠瀬の夢の中で私は、どうなったの?」

 さっきの夢の中では…。

「泣いていた。何かに責任を感じて」

 困惑する濃子。肝心の瑠瀬も、他に説明のしようがなかった。

「他には?」

「……………思い出せない…」

 濃子のことで頭が一杯だったからか、瑠瀬は夢の内容を全て記憶できていなかった。

「朋が俺のことを掴んでいたことは、なんとなく思い出せる。その朋が俺に、濃子を悲しませたって言ったんだ…」

 かろうじて覚えていたのは、それぐらい。もっと正確に覚えていたら、濃子を安心させることができたのかもしれない。

 でも濃子は、

「そう…なんだ…。でも私の身に何かが起きちゃうことは変えられないんだし、前向きに行こうよ。まずは朝ご飯」

 と笑顔で振る舞う。

「そうだね…」

 もう予知夢の分析は諦めることにし、二人は朝食の会場に向かった。


 オリンピック・アクアティクスセンターには歩いて十五分ぐらいで着いた。

「身分証明書をご提示お願いします」

 入口で係員が、一人一人をチェックする。この時、カバンの中身を全て見せる。飲み物や食べ物は大丈夫だが、不審物はここで取り上げられる。だからテロなんて、起きるとは誰も考えていない。寧ろどうやって起こすのか、聞いてみたいぐらいだ。

 チケットは瑠瀬の名前で購入したので、まず瑠瀬が生徒手帳を見せた。次に名前が購入者リストにない濃子は、生徒手帳に加えて保険証を見せる。さらにカバンを開く。中には財布とジュースと、昼に食べようと思っているパン、汗拭きタオルぐらいしか入っていない。

「オッケーです。進んで下さい」

 二人は会場に入った。

「おお…」

 目の前には、競技用のプールがある。ここで今日、誰かがメダルを手にする。それはみんなが予想している選手かもしれないし、無名かもしれない。始まらない限りには、誰にもわからない。

「俺たちの席はこっちだよ。えーと…」

 チケットと照らし合わせながら、座席を確認する。

「ねえ、待ってあそこに」

 濃子の視線の先には、瑠瀬たちを見つめる男が二人。知っている顔だ。

「あれは!」

 間違いない。源治と平祁だ。二人はどうやってか、この会場に足を踏み入れている。

 瑠瀬たちは逃げようとしなかったので、二人の方から近づいてきた。

「久しぶりだ。瑠瀬、濃子」

「げ、源治! どうして平祁と一緒にいるんだ?」

 まさか、平祁にやられて仕方なく…と瑠瀬は思ったが、源治の口から意外な返事が来た。

「ワタシが頼んだのだ」

「へ?」

「ワタシたちにはどうやら、過去に干渉する力がないらしい。だから、二人で見に来たのだ」

 瑠瀬は首を傾げた。続いて平祁が答える。

「この過去がどちらの未来を選ぼうが、オレたちはそれに反対しない。黙って見守るだけだ」

「でもそうしたら、平祁は消えるんじゃないのか?」

「そうなるかもな。でもそれが、過去が導き出した未来…」

 二人の落ち着いた雰囲気を見ていると、今日この場で争うつもりはないように感じる。もっと前から、この日は傍観に努めることが決まっていたとすら思える。

「じゃあテロが起きても、助けてくれないの?」

 濃子が聞くと、

「どこまで関われるかは不明だが、できる限り全力は尽くそう」

 そう答えたのは、平祁だった。自分に死なれたら迷惑だから、と瑠瀬は思った。

「でも、どうやってここに? それに源治たちの席はないぞ?」

「この時代の警備は、ワタシたちのそれと比べると弱い。その後にどこが強化されるか、わかっているのだ。だから簡単に入れた。それにワタシたちは観戦するつもりはない。結果は既にわかっているのだから」

 そう答えると、反転した。

「どこに行くの?」

 濃子の問いかけに平祁が、答える。

「その時まで、まだ結構時間がある。何か起きたらすぐに駆けつけるが、それまで過去の世界を見学させてもらおう。何せオレたちは、記録映像でしかこのオリンピックを知らないのだから」

 二人は瑠瀬たちの元から去っていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます