五月中旬 その五

 それが終わると、少し早いがお昼となった。製糸場の食堂で、瑠瀬たちはランチを奢ってもらうことになった。

「美味しいな。これが毎日食べられるんなら、ここに就職ってのもアリだぜ」

「私は職がここしかなかったとしても、ニートを選ぶぞ…」

「二人とも…。今は機械でやってるから、あんな風に糸繰りはしないんじゃないのか?」

 朋樹と恵美の会話に、徹が割って入る。その隣で、由香が次の予定を麻林に聞いた。

「あ~。そう言えば、生きてる実物を見してくれるんだっけ?」

「瑠瀬は楽しみなの? あんた確か、バードウォッチングしたくて生物部に入ったんじゃなかったっけ?」

「飛べれば同じだよ。鳥も虫も」

 鳥と虫は、羽ばたき方が違う。だから瑠瀬は虫の翅の仕組みにも興味があった。しかし麻林によると、

「蚕は、羽こそありますが飛べませんわよ、瑠瀬様」

「そうなのかい? でも確か、蛾の仲間じゃなかったっけ?」

 繭を作る虫なら、真っ先にモスラが頭に思い浮かぶ。だから瑠瀬は、蚕を見たことがなかったが繭から蛾を連想した。

「蚕の衛生上、みな様をここの飼育室へ案内することはできません。しかし、今日は客間にわたくしが指定した蚕を用意しておりますわ」

 瑠瀬は由香、麻林と話をしていたが…。一瞬だけ恵美がこちらを見て、怯えた表情をしたのを見逃さなかった。

「恵美、嫌なら麻林に断れば…」

 虫嫌いの恵美がこれ以上、ここにいることができる気がしない。しかし彼女は、

「…少しくらいならつき合う。こんなところで仲間外れにされるなんて、ごめんだ」

 プライドか何かが許さないのか、強がった。

 全員が食べ終えると、麻林が客間に案内してくれた。移動の際に、瑠瀬が朋樹に話しかけた。

「蚕って飛べないんだってさ。何でだろうな?」

「蛾の仲間なんだろ? ミノムシの雌みたいに翅が退化してるのかもな」

 瑠瀬は、なるほどと思った。言われてみれば一部の虫は、翅が退化して生えてない種が存在する。

 客間の入り口に着くと、麻林が扉を丁寧に開いた。

「では、どうぞ」

 しかし客間には、虫かごが置いていなかった。テーブルの上にあるのは、いくつかの段ボールだけだ。しかも蓋が開いている。

 それを見た徹が言った。

「おいおい、これじゃあ逃げちゃうんじゃないの?」

 しかし麻林は首を横に振る。瑠瀬が真っ先に部屋に入り、段ボールの中を確認した。そしてその中から、虫を一匹捕まえて指の上に乗せた。

「…真っ白だ。翅はあって羽ばたいてるけど、全然飛んでいかない…」

 今瑠瀬の人差し指の上で一生懸命翅を動かしているのが、蚕の成虫だ。六本の肢で器用に指の付け根に移動する蚕。瑠瀬が左の親指を進路の前に差し出すと、その上に乗った。

「虫にしては随分と可愛いのね」

 由香も段ボールの中を覗き込んだ。その中で十頭ほどの蚕が羽ばたいている。

「それらは全て、雄ですわ。雄は翅で風を起こして、雌の匂いを自分に引き寄せるのですわ」

 麻林が違う箱を持ってくると、その中から一頭蚕を取り出した。

「こっちは雌ですわ。お腹にある器官で匂いを出して、雄を呼ぶのですわ」

 確かに腹の末端から、黄色の突起を出している。麻林はその蚕を、瑠瀬の左手に乗せた。すると元々左手にいた雄の蚕がすぐさま雌の方へ歩み寄り、腹の先を押し当てて交尾を始めた。

「雄も雌も、両方とも飛べないのか…」

 観察していた朋樹が言った。

「翅はあるし、動かしているのにどうしてだろう…?」

 徹の疑問に、麻林は答えた。

「人が飛べなくしたと言われてますわ」

「人が?」

「大昔から品種改良が行われ、結果として体が重くなって飛べなくなったと言われていますわ」

 部屋の入り口で突っ立っている恵美がやっと口を開いた。

「それなら、二、三匹逃げても電灯に群がらなくて済むな…」

 恵美の思い浮かべる蛾と目の前の蚕は随分とかけ離れているが、それには瑠瀬も納得だった。逃げ出した先で増えると、自然環境が壊されてしまう…。しかしその心配は、麻林によって打ち壊された。

「蚕は、自然界には存在しません。それに恵美様、蚕は一頭二頭と数えますわよ。匹は用いませんわよ」

 一同、その発言に驚いた。

「え、でも、バスで通った桑畑は? あそこに放し飼いされてるんじゃ…」

「瑠瀬様。蚕はあそこには一頭もおりません。葉を収穫して飼育室の蚕に毎日、与えるのですわ。それに蚕は、枝に掴まっていることができませんの」

「それじゃあ、人が餌を与えないと生きていけないじゃん?」

 朋樹も言う。

「だから自然には一頭もいないのですわ」

 今の台詞には、とても説得力があった。

「なら、蚕は何処から生まれてきたの?」

 由香がそう思うのも無理はない。麻林は棚の引き出しから、クリアブックを取り出した。それを開いて中身を見せてくれた。

「この茶色いクワコ…。これが蚕の先祖だと言われておりますわ。この写真はわたくしが実際に捕まえて、育ててみた時のものですわ」

 麻林によれば、クワコは蚕に似ているが別の虫らしい。蚕と同じく桑を食べるため、あの桑畑にいてもおかしくないらしく、そこで捕まえたという。

「最大の違いは、クワコは飛べることですわ。それを知らなくてわたくし、成虫になった途端に半分、逃げられてしまいましたわ……」

「虫の割には、奥が深いんだな…」

 その点には、恵美も関心を抱いていた。

「そういえば、餌は?」

 徹に言われて瑠瀬も気がついたが、この箱の中には餌が置いてない。

「成虫には口がないので、何も食べません。故に羽化すると蚕は、一週間ほどでお亡くなりになりますわ。蝉よりも短命なのですわよ。でもこれは、ヤママユやエリサンをはじめとする野蚕も同じなのですのよ。あの一番大きなヨナグニサンも同じですわ」

 麻林の口からは、蚕の話題が止まらない。今度はまた別の箱を持って来た。

「うわっ!」

 一瞬だけ中身を見た恵美が驚きの声を上げた。

「これが蚕の幼虫ですわ」

 白い芋虫が蠢いていた。

「蛾の幼虫にしては、毛がないんだね」

 瑠瀬が率直な感想を述べると朋樹が、意図せずして掘ってしまった墓穴を見逃さなかった。

「そもそも蝶と蛾の区別自体が曖昧だぞ? お前、そんな事も知らないのか?」

 瑠瀬は黙り込んだ。

「これ、触ってみてもいいの?」

 由香が手を伸ばした。麻林が止めなかったので、由香は幼虫を二頭、手に取った。

「何か、虫と思えない触り心地ね。ひんやりしてるし」

 瑠瀬も朋樹も、徹も触ってみた。

「何か、色が色ならモスラの幼虫みたいだね。本物の眼じゃないけど、模様がそう見える」

 すると麻林はクリアブックをさらにめくり、

「ひとえに蚕と言っても、これだけの種類がございますわ」

 その写真には、色が黒だったり、模様がなかったり…。他にも色々な幼虫が写っていた。

「これも蚕?」

 瑠瀬が聞くと、

「昔から人々はシルクを求めていましたから、世界中に蚕はいますわ。三千種ぐらい…。桑も同じ種類がありますので、蚕によって食べる桑も異なってくるのです」

「そんなに?」

 麻林の答えに、驚きの声を隠せなかった。

「ええ。そして人がいなければ生きていけないので、それだけ人と蚕は繋がりが深いのですわ」

 瑠瀬は手に持った蚕の幼虫を見ていた。もしこの幼虫を瑠瀬がその辺に放せば、この幼虫は次の日にでも死んでいるだろう。

「り、瑠瀬様?」

 逆に箱に戻せば、明日も生き残ることができる。

「瑠瀬様!」

 麻林に肩を揺らされて、瑠瀬は我に返った。

「ま、麻林さん? 大丈夫、だよ…俺は」

 幼虫は箱に戻した。

「もし生物部で実験材料に蚕を使いたいのでしたら、わたくしがいくらでも補助してあげますわ。その時はお声をおかけになって」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます