五月中旬 その二

 栃木駅に着くと、同じ制服を来た生徒はみんな、同じ方向に進む。濃子や瑠瀬も例外ではない。

「おっはよ、瑠瀬!」

 男子が一人、瑠瀬の肩を叩いて言った。

「朋。今日も遅刻だと思ったぞ?」

 この男子生徒は小田切おだぎり朋樹ともき。瑠瀬の親友だ。

「流石にテストに遅れるわけにはいかないぜ?」

「そうか? でも二年の後期中間は遅刻だったよな? だから俺はあれだけ、徹夜するなって言ったのに」

「…過ぎたことは気にするな!」

 瑠瀬は朋樹と一緒に、楸中学の昇降口に向かった。そこには蔵王ざおうとおるがいた。

「徹…。隈がすごいぞ?」

「恒例の一夜漬けだよ。気にしないでくれ」

 コツコツやれば徹の成績はかなり良い。しかし前に一夜漬けで高得点を取ってしまったがために、日々の予習復習を怠るようになってしまった。その結果が、あの目の下の隈だ。出会った当初はそれがなかったので、本当にみっともなく感じる。

 三人は同じクラスだ。さっさと上履きに履き替えると、すぐに階段を登っていく。

「濃子!」

 後ろで女子の声がした。濃子が振り返るとそこには、剣菱けんびし亜呼あこがいる。

「亜呼、おはよう!」

 濃子は亜呼とは、小学校時代からの友人である。いつも一緒に行動していた。もう一人加わって三人組だった。

「純心は?」

 濃子は鎌田かまた純心じゅんこの下駄箱を見た。

「もう教室にいるみたい。行こっか」

 二人も教室に向かった。


 今日が試験で出席番号順に座らなければいけないため、教室の生徒はいつもの席には着いていない。

「相変わらず早いね純心は」

 濃子の後ろの席に座っている純心に言った。

「私から言わせれば、濃子たちが遅いんだよ」

 決まってそう言う。

「濃子、おはよ。今日は頑張ろうね」

 朋樹が後ろに座る濃子に言った。

「朋もね!」

 試験は最後まで、何が起きるかわからない。互いに激励し、奮い立たせる。

 一方の瑠瀬も、番号通りの席に座った。

「ごきげんよう、瑠瀬様」

「ああ、おはよう」

 前の席の藤枝ふじえだ麻林まりんが振り向いて挨拶した。麻林は今年転校してきた子で、家はお金持ちらしい。山の手言葉で話すため、育ちも良いのだろう。

「…おはよう。瑠瀬君、麻林さん…」

 すごく暗い声を出したのは、花巻はなまき勇刀ゆうと。ゲームに熱中してしまうあまり、しょっちゅう酷い点数を取る奴だ。

「その声はお前、また勉強してないな?」

「勇刀様、出来が悪いと内申点に影響しますわよ?」

 瑠瀬と麻林がそう言うと、勇刀は机で眠り始めた。今回も駄目そうだ…。

 担任の白石しらいし順一じゅんいち先生がやって来た。一時間目が社会のテストだからか、テスト用紙の入った封筒も持っている。

「朝の会を始めるぞー。日直!」

 今日の日直は純心だ。

「起立。礼。着席」

 号令が終わると、朝の会だ。何度もカンニングだけはするなと忠告された。それ以外には特に何もないのか、すぐに終わった。

 しかしみんな席を立たない。最後の復習をして、テストに備える。初日は社会と理科だけだ。


「あーあ。これならもっとワークノート見直しとけば良かったぜ…」

 テストが終わると、帰りの会だけ席はいつも通りに戻る。今のは濃子と同じ班の、郡山こおりやま和哉かずやの発言。運動神経は高めだが、反比例して頭はそれほど良くない。

「終わってしまったことはしょうがないよ。明日の国数英に全力で取り組もう。勇刀も、ね?」

 濃子の隣の席の水沢みずたに大宙たかひろが言う。

「大宙君に言われても、何も…」

 勇刀がそう言うのも無理はない。大宙はこのクラスで一番頭が良い。だから正直、嫌味に聞こえてしまう。

「濃子、どうだった?」

 亜呼が濃子に聞いた。

「ヒドラの増殖方法だけ、書けなかった」

 濃子は解答欄に、発芽と書いた。しかし解答用紙回収の時、純心に間違っていると指摘された。

「出芽を間違えたの? バッカじゃねーの!」

 和哉が大声で怒鳴る。

「徹から聞いたけど、誰かさんは空白だったらしいじゃない?」

 純心がそう言った。

「…うるせえな、過ぎたことを気にすんのが間違ってるぜ。なあ大宙?」

 和哉はあっさりと引き下がった。しかし、

「勇刀ですら書けたのに…。君はもうちょっと勉強に集中した方がいいよ。部活が大変なのもわかるけど」

「何だよ大宙も! ったく、面白くねえぞ…」

 教室の反対側でも生徒たちは盛り上がっていたが、それはテストの内容ではなかった。

「麻林の家の紡績会社? 見学に行けるの?」

 班員の江刺えさし由香ゆかが尋ねる。席替えで知り合って間もないので、麻林に対しては知らないことばかりだ。

「面白そうだな。私も行ってみたい」

 転校当初から仲の良かった古川ふるかわ恵美めぐみも興味を示している。

「瑠瀬様たちも、いかがでしょうか?」

「ん?」

 急に話を振られた。瑠瀬も朋樹も徹も、話を聞いていなかったわけではないが反応に遅れた。

「試験明けの土日、何か用事がありまして? もしないのでしたら、由香様たちとご一緒に、わたくしの両親の会社にご案内ができますわ」

 三人は顔を合わせた。三人とも生物部で、土日は活動しない。

「何もないから、ちょうどいいや! 行ってみようぜ、瑠瀬、徹!」

 朋樹が二人と肩を組んで答えた。

「受付嬢が美人だったらいいなー」

 徹がそんな感じの発言をすると決まって恵美が、

「本当に下心が上に来てるな、徹は。もう宿命か…」

 と言って頭をポンと叩く。

 瑠瀬が発言する前に白石先生が戻って来て、純心の号令で帰りの会が始まった。先生が色々と喋っているが、瑠瀬は小声で、隣の席の麻林に話しかけた。

「他にも誘っていい? 濃子とか…」

 しかし、

「…瑠瀬様の気持ちもわかりますわ。ですが、お母様に班員ぐらいにしておけと。お力及ばず、ごめんあそばせ…」

 それなら仕方がない。濃子が来るなら、亜呼や純心も来てしまう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます