ただし、エラーは0.0005%とする。

作者 宮脇シャクガ