第35話 憎念を統べる者 〜友美〜


「流石はオモイビト。だがそれくらい捌いてもらわないと、話にならんがな」


 突如響きわたる声。その方を見ると、全身真っ黒な甲冑に身を包んだ鎧武者がいた。

 その甲冑のデザインは見たことない独特なもの。


「何者だ!」


 私は鎧武者に対し牽制しつつ、正体を探ろうと試みる。


 顔は鎧に完全に覆われ、三叉の槍のような角が目を引く。その角は鼻筋のように逆側にも伸び、面の下部分には口のような意匠が見える。三角形型の鋭い目が二つ。


 その姿は兜ではなく、言わば仮面のよう。


 そして全身に黒い炎が揺らめいている。


「憎念……実体?」


 小さな呟きにその鎧武者は答えた。


「俺をそんなちんけな存在と一緒にしてもらっては困る。俺の名はヘイト。憎念を統べる者だ」


「憎念を統べる? たいそうなことを言うものね」

「たいそうなことかどうか、その眼でしかと見るがいい!」


 ヘイトと名乗ったその鎧武者は、間髪入れずに殴りかかってくる。


 速い!


 拳が風を切り迫り来る。


「くっ」


 すんでのところでそれを躱す。

 ギリギリで焦る私と、対称的に表情のない仮面。でもその仮面の下にも焦りの表情はないだろう。


 そのまま後方へ飛び、鎧武者から距離をとる。


 あいつ、言動も攻撃もヤバい。

 躱せたからいいものの直感がそう告げている。できれば近づきたくない。


 アイツはその場にいたまま追撃してこない。それは恐らく余裕の表れ。


 それならそれで好都合!


 ホルスターから銃を抜き、流れるように照準を鎧武者に合わせる。銃にエネルギーを込め、引き金を引く。

 放たれた想いの弾丸は一直線に駆け、その鎧に鈍い衝撃音が三回。放った全弾が命中する。


 そのはずなのに、鎧武者は微動だにしない。


「そんな豆鉄砲、躱すまでもない」


 マジかよ。普通の憎念なら、三回死んでるわよ? その上で、人の本気を豆鉄砲呼ばわりか。


 アイツは踏みしめるように一歩一歩、ゆっくりと距離を詰めてくる。

 冷や汗が頬を伝う。頭では何ともなくても、心は正直らしい。


 確かにあの鎧武者、只者ではない。


 ゆっくりした足取りで恐怖がにじり寄ってくる。


「ならば恐怖と共にその鎧、断ち斬るまで!!」


 柄に手をかけ背中の鞘から刀を抜く。鎧武者に向かって駆けだし、斬る。


「フン」


 鎧武者は鼻で笑い、滑るように身を引く。

 空を斬り裂き、当たらぬ刃。


「くっ」


 その鎧といけ好かない仮面を斬り裂くべく、何度も刃を向け刀を振り下ろす。


「ハッ! セイッ!」


 しかし、私の想いはヤツには届かず宙へと消えゆく。


「そんな速さでは、触れることすらかなわんぞ?」


 本気の剣戟をコイツは踊るように躱し、いなされる。


 悔しいけどヤツとは速さが違う。初撃に比べればスピードは落ちてるとはいえ、今の私では斬るどころか追いつくことすら叶わない。


 でも、それなら私も早くなればいい。


 私は刀を持ったまま右ひじを右膝に置き、鎧武者に向かって前傾姿勢。雷の力を高め、身体に駆け巡らせる。力の高まりとともに、装甲がほのかに青白く輝き出す。


「感じが変わった? だが、そんなこざ――」

「はあっ!」


 金属同士が激しくぶつかりあったような大きな衝撃と、頭に直接響くような甲高い音。

 閃光のような速度で一太刀浴びせ、ヤツの言葉と鎧を斬る。


「っぐ」


 不意を突いた刹那の一撃。鎧武者は初めて焦りの声を上げ、後方へ吹っ飛びそうになる。しかしヤツも踏ん張りを効かせ耐える。その証拠に足元のタイルはバリバリと捲れ、二本の轍を描く。


 もう一撃!


 衝撃を堪えて俯く鎧武者に、すかさず追撃。加速し、更に速度を増して刀を振り上げる。


 しかし、


「なんで?!」


 驚いたのはヤツの身のこなし。


 振りの速度はさっきよりも増してる。そのはずなのに鎧武者は身体を反らすように攻撃を躱し、刃は鎧の表皮を舐めるようにしか捉えられない。


 でも態勢は崩した。荒い呼吸音も仮面越しに伝わってくる。どうやら今の動きが向こうの限界らしい。

 だったら、もう少し加速すれば、ヤツを斬れる!


「はぁぁあああ!」


 雷の力を高める。装甲に稲妻が迸る。


「喰らえ!!!」


 今までのどの攻撃よりも早く、水平に刀を振り鎧を捉える。


 ガンッ!


 刃は鎧を喰らう。


「──ッ!」


 しかし発せられたその音と刀越しに伝わる手ごたえは、私の望んだものではなかった。


 耳に入るは金属に金属が激しくぶつかる音、手に伝わるは痺れる程の反動。その衝撃は肩にまで響く。


 私はその鎧を斬れなかった。それどころか鎧そのものや、妖しげな曲線を描く装飾にすら、傷一つ付けられなかった。


 どうして? 刀の芯で捉えたはずなのに。全力で刀を振るったはずなのに。


「不意打ちとは、ちと焦ったが、根本的にその非力な刃では私を倒せぬぞ?」


 鎧武者は淡々と事実を述べるように言う。

 そして刀の柄を握る、私の両手に向かって足を振り上げる。


「うっ!!」


 私の全力を受け止めた強固な鎧から繰り出される、鋭い蹴りが両手に突き刺さる。

 衝撃と痛みに抗えず、握っていた拳は開き、刀は宙を舞う。蹴り飛ばされた刀は天高く放物線を描き、私の遥か後方に落ちたらしい。虚しく響く金属音がその遠さを物語る。


 私の視線は蹴られた両手に落ちる。しかし視界の端には私を殴らんと構える鎧武者の握り拳。


「ハッ!!!」


 みぞおちに、構えた拳が向かって来る。

 痛む両手で防御。


 しかし、


「ぐふっ!!」


 構えた両手を突き抜けヤツの強打がみぞおちにめり込み、私はその場からぶっ飛ばされる。


「うぅっ」


 痛みが身体の中枢に直接響く。呼吸も浅くなり、身体が生物の本能としてうずくまろうとする。


 でもそうするわけにはいかない。


 むせ返りながらも、理性で無理やり御してなんとか立ち上がる。


「クソッ!」


 攻撃が効いてる感じがしない。どうやって倒せばいい?


 鎧武者がゆっくりと向かって来る。


「それがお前の全力のようだな」


 あの野郎。私の力を見切ったのをいいことに、完全に見下してやがる。


「そんなお前の攻撃なんぞ、躱すまでもない」


 言葉に抑揚がつき始める。人の感情に触れる、聞いてるとイライラしてくるような抑揚が。


 挑発してくるほどに、いきなりおしゃべりになりだした。


 つまり、


「舐めやがって……」


 そういうことだ。


 ムカつく。ヤツの挑発に、そして自分の非力さに。


 絶対アイツを倒す。その想いが私の中で燃え上がる。


 決意を心に、私は拳を握り締める。


「なあ、お前言ったよな? 私の攻撃なんぞ躱すまでもないと」

「ああ、言ったが?」

「なら私の攻撃、躱すんじゃねえぞ!」


 感情が、心が、拳が燃え上がる。感情に呼応して装甲が赤く染まってゆく。


「また小細工か。まあいいだろう。受けてやるよ、お前の非力な拳」


 ヤツに一撃決めるべく、火力を高める。

 そのとき、


『痛みに耐えながら無理してほしくない』


 直緒の言葉が頭の中に反芻する。


「……うん。大丈夫。絶対に直緒には嫌な思いさせない」


 私はそう呟き、更に火力を増す。


「絶対無茶はしない。これが負担がかからない全力の限界ギリギリ。これでアイツを倒す。直緒の心を、想いを傷つけないためにも」

「独り言は済んだか?」


 余裕綽々、いけ好かない奴。

 だがもう準備は済んでる!


「いっくぞぉおおおお!!!!!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます