第18話 危険の気配は飲み会の中で 〜優斗〜

「かりこまりました!」


 店員が店内で接客する声が聞こえてくる。

 ここは、Tセンター駅前ビル内にあるチェーン居酒屋前。今日は平日だがオカルト研究会の新歓コンパ、ということでここに来ている。そして、俺と鏡部は店の前で、唯一の新入りを待っていた。


「ねぇ、優斗。予約、何時からだっけ?」


 鏡部が腕時計を見て、大袈裟に聞いてくる。


「七時」

「今何時?」

「七時ちょうど」

「よね」


 自分で時計持ってるんだから、嫌味ったらしく俺に聞くな。

 そんな時、噂の新入りからラインが届く。


『電車ちょっと遅延ししてて、あと五分ちょいかかりそうなんで、先始めてもらってもいいっすよ。』


「ですって」


 お前が座りたいのは分かったっての。


「じゃあ、入ろうか」


 俺たちは居酒屋の暖簾をくぐる。


「いらっしゃいませ!」

「三人で予約してる、裏永だ。まだ一人来てないけど、あと五分で来るらしい」

「分かりました、それではお席ご用意できてますので、お先にご案内致します。三名様ご案内です。 お疲れ様です!!」

「お疲れ様です!!」


 案内する店員の声に合わせて、店内の店員が一斉に返事する。こんな挨拶はこのチェーンだけだが、なにを考えて始めたんだろうか。


「それではお席こちらになります」


 案内されたのは、半個室の掘りごたつ式四人がけテーブル。片側に先輩が寄ると威圧感が半端ないから、俺と鏡部は向かい合わせに座る。

 飲み放題のメニューを持って、店員がやって来る。


「失礼致します。こちら飲み放題のメニューでございます。ご予約が飲み放題二時間のコースになっておりますが、お連れ様が来られていない様ですが、始めさせていただいてもよろしいでしょうか?」

「お願いしまーす」

「かしこまりました」

「じゃ生ね」


 アルコールを飲みたくてたまらない鏡部が、店員の準備もままならないのに注文する。


「はい。えーっと、生ですね」

「俺も生」

「はい、生二つですね」

「お料理の方は、お持ちしてもよろしいでしょうか?」

「うん、始めちゃってー」

「かしこまりました」


 そう言って、店員は奥へ引っ込む。


「どんだけ飲みたいんだよ」

「だって、立ってるの疲れたし、喉乾いたから」


 呆れて声も出ない。


「失礼致します。お先、生二つです」

「どうも」


 お互いの前にジョッキが置かれる。すかさず、鏡部がその生ビールを空きっ腹に流し込む。


「あのな、一応新歓なんだが?」

「いいじゃない、先始めてて下さいって言われたんだし。ほら、アンタも飲めば? 彼が来たときまでに、先飲んじゃえばいいのよ。そしたら、一緒に頼んで乾杯できるし」

「それでいいのかよ」


 そう言う鏡部は、ビールを水みたいにガブガブ飲んでる。本当に、来るまでに飲んじまいそうだな。

 お連れの方ご来店です、と言う声と共に今日の主役がやって来た。鏡部のビールはもう半分無くなってる。


「お疲れ様です。先輩方、遅れて申し訳ありません」

「お疲れ」

「ごめんねー。先始めちゃってて」

「構いませんよ」

「じゃあ俺の隣でいいから座って」


 主役に着席を促す。


「ありがとうございます」


 そう言って、彼は着席する。


「何飲む?」


 早速、飲み放題の注文の催促だ。


「飲み放題なんですよね?」

「そう。ああ、そういえばストレート?」

「内進です」

「へぇ、そうなんだ」

「じゃあ言っておくが、何をとは言わないが飲まないように。それでも飲むなら自己責任で」

「了解です」


 とりあえず聞いておかなきゃいけないが、ほとんど意味のない形式的なやりとり。


「お飲み物はお決まりでしょうか?」

「じゃあ、麦ジュースで」

「かしこまりました」


 鏡部が残ってるビールを流し込んで言う。


「すいません、生おかわりで」

「かしこまりました」


 ちょっとして、飲み物とサラダが来る。


「じゃあ、揃ったところで、乾杯しますか」

「ですね」

「はい、幹事よろしく」


 フリが雑すぎる。


「そんじゃ、オカルト研の新たなメンバーを祝して、乾杯」


 つまんな、と鏡部からヤジが飛んでくる。


「はい乾杯」


 無視して、強引に乾杯を続ける。


「ふぅ、やっぱり美味いわ」

「美味いっすねぇ」


 二人とも美味そうに飲むなぁ。特に、一人は二杯目だってのに。


「あ、みんな食べたいものあったら、気にしないで自分で食べていいからね。ここそう言うアレじゃないし。てか、ライン上でしか挨拶とかしてないし、パパッと自己紹介しない?」


 本当に自由人だなこいつ。


「じゃ、流れで私から。私は商学の三年の鏡部ゆり、グループラインだとミラーね。はい次」


 こういう時のハードルは初っ端の人間に委ねられるが、今回はハードルが地に着いてる。まあ、ライン上とはいえもうした事だし、それでよいのだが。


「俺は文学の三年の裏永優斗。グループラインだとヘイトだ」

「じゃあ、最後僕ですね」


 そう言って、自己紹介が始まる。


「僕は文学部一年の札華光、グループライン上だとジョーカーと申します」

「ああ名前『ふだばなひかる』って読むんだ」

「読みづらいっすよね、この漢字」

「全然違う感じに読んでた」

「たまに中国人っぽいて言われるんすよ」

「そうそう、そんな感じに読んでた」


 ビール二杯のスタートダッシュもあり、ガンガン絡んでる。


「ごめんな、コイツこんな感じの奴で」

「いや、全然気にしてませんよ」

「失礼致します。こちら舟盛りでございます」


 そんなところで、店員が刺身を持ってくる。


「ほら、光君もガンガン食べて」

「はい、遠慮なく」


 勧められた刺身を食べながら、札華が聞いてくる。


「先輩方って、商学部と文学じゃですよね。これが隠れ蓑だってことは置いといても、どうやってここ作ったんですか?」

「あ、それ聞いちゃう?」

「一応活動はしてるけどな」

「まあ、僕らはそのものみたいなもんですからね」

「まぁな。それで、キッカケなぁ」


 俺と鏡部が出会って、この会を立ち上げたキッカケを思い出す。確か、なんだったかな。


「アレだよ、アレ。昔、私がオモイビトと戦いしてる時、それをコイツに見られて」

「ああ、確かそんなんだったな」

「利害の一致って感じですか」

「だいたいそんなもんだな」


 厳密にはちょっと違うがいいだろう。


「いつだっけ? 優斗が前カノと別れた後だから、私たちが一年の冬くらいかな」


 アイツと別れたのが秋だから、多分その頃だ。


「あれ、先輩方って付き合ってるんですか」

「いや」

「いや、ないない。だってコイツ他に彼女いるし」


 言いたかったことを、鏡部が代弁する。


「そうなんですか」

「でも、コイツ頭おかしくて、さっき言った前カノも、今カノもオモイビトなのよ」


 全く余計なこと言いやがって。

 それを聞いて、札華は大笑いする。


「マジっすか⁈ めちゃめちゃ面白いじゃないっすか。だって言わば、敵ですよ?」

「本当に、コイツからすればそうでさぁ。しかも、実は、その彼氏彼女関係って、ただの監視で、相手をその気にさせるだけさせて、コイツに恋愛感情一切ないから」

「うわ、先輩えげつな」

「やっぱそう思うわよね。本当、コイツの恋心利用するとこ大っ嫌い」


 言わせておけば、滅茶苦茶言うな。しかも、弁解すらさせてくれないらしい。まあ、全部その通りだから、弁解はないんだが。


「しかも、前カノの監視失敗してるし」

「プッ」


 それ聞いて、札華は吹き出しやがった。


「言わせてもらうと、あれは野良の憎念が悪いんであって、俺のせいじゃないから」

「当時のあなたが、ちゃんと憎念を操れてたら、そうはなってなかったんじゃない?」

「そんなことあったんですか」

「今は問題なく操れるし、力も使える」

「じゃあ今度やってよ」


 そのセリフがどうにも癪に触った。


「分かった。やればいいんだろ、やれば」

「流石優斗」


 その言葉に全く尊敬の念は篭っていないが、受け取っとこう。

 時間が経ち、次々と料理が運ばれてきて、それと一緒に飲み物も進む。すると、この場もさっきより盛り上がってくる。


「にしても、ゆりさんって凄い自由な感じしますよね」

「まぁね」

「頭おかしいだけだから」

「それは酷くない?」

「これが自分のやりたいことだ! って言って、笑顔でオモイビトと戦う奴がよく言うよ。しかも、相手を倒すまでやるし」

「別にいーじゃん。それが私のやりたいことであり、本心なんだから。ちょーっと私の愛が重いだけ」

「だから、オモイビト少ないんですね」


 札華が感心して言う。


「そう、今年ちょー不作なの。まあ、そもそも、オモイビトとして目覚めるのが、女の子しかいないし、目覚める子も多いわけじゃないからさ」


 そんな貴重な存在を、コイツは自分で倒してその数を減らしてる。


「それでお前が倒してるんだから、少なくて当然だ」

「でも、私も全員と戦ってるわけじゃないのよ?」

「なんでだっけ?」

「面白そうな子としか戦わないの」

「なんでですか?」


 札華が興味津津に聞く。


「だって、好きになれないから。光君もつまんないことは好きになれないでしょ?」

「確かに。でもそれだけ聞いてると、ゆりさん戦闘狂って感じがしますよ」

「ああ、違う違う。戦う基準はちゃんとあって、一目惚れした子か、後からでも、いいなって思えた子だけ」

「あー。戦い甲斐ってやつですか?」

「いや、そーじゃないの」


 札華が不思議そうな顔をしてるから、補足してやる。


「コイツ、レズ」


 俺がそう言うと、物凄い形相で鏡部は突っかかってくる。


「あんたさ、よく人の大事なパーソナリティの部分を適当に言ってくれるよね!」

「札華が分かってなさそうだから、助けてやったんだ」

「私が言うべきことを言わないで!」

「結局札華に言うんだから、誰が言おうと同じだろ」

「心なく他人が言うのと、自分が言うのは違うのよ!」

「まあまあ、お二人共落ち着いて。僕的には個人のパーソナリティの部分だから、恋愛対象なんて同性でも異性でも、本人の好きな相手を好きになっていいと思いますよ」


 俺らの様子を見て、一番年下が一番大人な対応をとる。


「光君もそう思う?」

「ええ」

「ううっ、この会で初めて優しくされて、先輩嬉しい」

「そりゃよかったな」


 一通り主張し終え、鏡部は札華に話を振る。


「でも、今年本当につまんなくてさぁ。今のところはこの辺、三人いるっぽいけど、戦う気にもなんない。今のところはね。だから最近は、専ら遠征ばっかしてる」


 三人? 直緒と友美の二人だけじゃなく?


「あっ、そうだ。ねぇ光君?」


 鏡部が思い出したかのように聞く。


「目の前のコイツはさぁ、憎念を操ったりいろいろするけど、君は何ができるの?」

「僕ですか?」

「うん」

「人の心を操る、ですかね」

「へぇー。カッコいい」

「でも、戦闘はからっきしですし、まだ制御もうまくできないんで、実戦は出られそうにないっすけど」

「これは頼もしいね」

「ああ、そうだな」


 それが完璧できるようになるとすれば、俺たちにとって大きな戦力になる。だからとっとと完璧になって欲しいもんだ。


「でも、うちのリーダーコミュ障だからさ」

「誰がコミュ障だ」


 何を言い出す、この酔っ払い。


「だって、今日も全然喋ってなくない?」

「お前が人の分まで喋りすぎなんだよ」

「確かに、ゆりさんマシンガンの如く、めっちゃ喋りますよね」

「そんな弾幕張ってたら、喋れるもんも喋れないつーの」

「じゃあ、弾幕の間の針の穴通しなさいよ」

「無茶言うな」


 なんだかんだ、盛り上がる俺たち。そんな調子で、楽しい時間はあっという間に過ぎ、この会もお開きとなる。


「じゃあ、優斗お財布よろしく!」


 会計を人に押し付けて、酔っ払いが帰ろうとする。


「お前も払うんだよ」

「なんで? 光君タダじゃん」

「彼のための新歓だからに決まってんだろ」

「僕払わなくていいんですか?」

「勿論」

「私も払わなくていいですか?」

「4500円な」

「ケチ」

「早く出せ」


 鏡部が渋々と支払いをする。


「女に金出させる男とか、サイテー」

「金出さねぇ女の方がサイテーだ」


 札華が心配そうに聞いてくる。


「ゆりさん大丈夫ですか?」

「大丈夫、こいつまだまだ飲めるから。それになぜか、同じ風に酔っ払ってても、素直に払う日と払わない日がある。今日はたまたまめんどくさいだけ」

「詳しいんですね」

「まあ、そこそこ長いから」


 話も終わり、会計も終わり、二人を駅前に連れて行く。


「じゃあ、先輩方お先に失礼します」

「お疲れさん」

「おつかれー」


 そう言って、札華は駅構内へと消えてった。

 札華を見送って、鏡部が言う。


「ねぇ、あの子どう思う?」

「まあ実際、能力見ないとなんとも言えないけど、悪くなさそうだな」

「さながら金の卵ってとこかしら?」

「色は黒だろうけどな」

「大涌谷?」

「言うと思った」


 俺がそう言った直後、鏡部はくるりと身体の向きを変え、言い出す。


「ねぇ、二次会行かないの?」

「主役は帰ったが」

「え、無い感じ?」

「むしろ、あの解散の感じで、二次会があるとでも?」

「飛び込みでいいわよ。贅沢言わないから」

「まだ飲むのかよ」

「だって、あの店のサワー、うっすいんだもん。飲み足りない」

「明日ゼミなんだが」

「何限?」

「二限」

「しゅぱーつ」


 とんでもない力でガッチリ腕を掴まれて、鏡部のよく使う居酒屋へと連行される。

 そこで、ガツンと効くサワーを飲む奴と同じ量飲まされて、危うく終電を逃しそうになったが、サワーの味に免じて許してやることにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます