少女に対する『彼』の我慢が限界突破したようです

作者 霜月二十三

3

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?