#06:折衝する


 -本当に、何も無かったんですね?


 面と向かって無いのに、こちらの目の奥を覗き込まれるかのような感覚がする。


 さすがプロ。僕のつたない嘘などあっさり見破られるんじゃないか、みたいな思いに捉われ、ますます挙動があやしくなりかける僕。左手に握り込んだ例のメモが、汗を吸って掌に貼り付いている感触がするが、それを意識したり、目を向けたりしたら駄目だ。


「……ひとつ、ありました」


 真実を伝えつつ、少量の嘘を織り込むようにする。嘘を見破られにくくする時のテクニックだそうだ。何かの本に書いてあった。そんなことだけは覚えているな……いや、そんなことを考えている時じゃない。そしてここは仕掛ける時だ、と僕の直感が告げている。


「気を失った時に、夢のような、うすぼんやりした映像が浮かんだんです……僕の知らない女性が自分のことを呼んでいました。もしかしたら、失った記憶が少し呼び覚まされたんじゃないかと……」


 これは真実。あの魅力的な女性は誰なのか、それは今の僕にはわからないけど。あるいは僕の想像が生み出した架空の人物かも知れないけど。


 でもあのリアル感……夢って普通、人の顔とか鮮明に認識しないはず。誰々、っていうのが頭では認識しているけど、うすぼんやりとした「像」みたいなかたちでしか把握していないというか。でも今回のは、覚醒からはだいぶ経っているのに、今でも思い起こせるほど、頭に、脳に? あの女性の顔がくっきりと焼き付いている。


 -気を失う前、何かきっかけになるような感覚はありましたか?


 さくらさんの口調が、真剣で熱を帯びたものに変化した気がした。よし、「きっかけになるような感覚」……こちらをメインに話せば、「予言」のことは伏せておける。


「……鼻から息を大きく吸い込んだ時のキンモクセイの香り……あとは耳の奥でオープンリールが巻き戻る音のような? 耳障りな音が響いた気がします」


 これも真実。そしてジョーカー以外の手札は全て切った。ここからが僕の腕の見せ所……のはず。


 -嗅覚。聴覚……興味深い事象と思います。でも、そんなに深く考えこまないでくださいね。夜眠れなくなっちゃいますから。


 一瞬、考え込むような口調になったが、いつも通りのさくらさんの感じに戻った。やはり……癒される。しかし、はいそうですねとあっさりこの話を終わらせるわけにもいかない。本題を、仕掛けるんだ。僕は殊更にゆっくりと息を吸い込んでから、言葉を紡ぎ出していく。


「あの……この後もう一度、中庭に出てみてもいいでしょうか? 同じことが起きるか確かめてみたいというか……」


 -お勧めできません。


 やんわりと、しかし即答。まずい、しくじったか?


 -あ、いえ、脳に無理やり負荷を掛けるのは今の段階ではいけないと思うので……。また気を失ってしまったら……私も心配です。


 本当に僕のことを気遣ってくれているような雰囲気を声から感じた。


 好意……? いやいや、早とちりの思い過ごしかも知れないけど、僕の鼓動は少し早まってしまう。


 でもここは行く。押す。あの「予言」が本物だというのなら、その通りに事は運ぶはずだ。逆に外れてしまったらしまったで、ただの無意識の殴り書きということで決着はつく。


「……さくらさんに付いていてもらうというのは? 僕も安心して気を失えますし」


 でも、何というか直球すぎただろうか。しかも見え見えのボール球。しかし、


 -ふふ……わかりました。私も柏木さんに一度お会いしたいと思っていたんです。面と向かって。同じ建物にいるのに、顔を合わせないなんて、何だかおかしいですよね。では、11時半頃、中庭で待ち合わせしましょう。私はそこでお昼を取りますけど、許してくださいね。


 僕の悪球を、精一杯、体を伸ばしてバットの先にこつんと当ててくれた。


 許すも何も……これも夢じゃないよな? と思って左手で車椅子の車輪を少し前に進ませ、つま先を小物入れの角にぶつけてみる。激痛。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます