パーティー追放されて仕事が回ってきたので女子高の講師をやると思ってました。

作者 飛騨牛・牛・牛太郎

586

224人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

分体は淡白だがその分読みやすいし、キャラクターの淡白さとそれがマッチしていて違和感を覚えない。
淡々と物語が進んでいるようにも思えるが、よく見る「主人公がただ流されてるだけ」みたいなつまらなさは無く、適度なストーリーの波とそれに合わせてちゃんと合理的に判断するドライな主人公二人が良い。
詳細な描写があるわけではないが、読んでいるとその場面の光景がちゃんと脳裏に描かれるので情報が少なすぎるわけでもない、という印象がある。

結論、読みやすくて面白いです。今後の展開に期待しています。