第七章 復活の蒼銀 ~ウィッチ・エンヴィー~

第一節 護国の鬼は告げた、否であると

 人間情報電池、という考え方は誤りだった。

 正しくは──記憶功子変換器。

 それが、沼に収められた無数の住民の身体だったのである。


 微弱だが、生命体には功子が宿る。

 わずかな砂粒でも積み上げれば天へと届く。


 何百サイクルもの長きにわたって貯蔵された住民たちの身体。

 膨大量の資源と、膨大量の肉体、そして感情を擬似的に循環させることで、沼全体を功子発生装置として転用。


 結果として、束ねられた功子の量は尋常ではなく、それがオレたちの感覚器を狂わせていた。

 ある意味で、情報迷彩として機能していたのである。


 そう、ここまで来れば明白も明白。

 スワンプマンの目的は、功子を操りに神に匹敵することだったのである。


 神と経済、双方に仕えることは出来ない──などという言葉がある。

 であるならば、スワンプマンは経済に仕えることを選んだに違いないでは、あーりませんか。

 嗟乎、なんと虚無々々きょむきょむしいものか……。


「だが、神を裏切るなどあまりに不敬! 言語道断許せぬ所業に、俺の怒りがボルテックス!」

「怒り心頭のところすまないが、この功子の流れは、そろそろ臨界ではないのか、巫女殿?」


 あくまで冷静に、叛逆者は語りかけてくる。

 確かに、周囲の印象迷彩をすべて取り除き、こちらの知覚を最大まで高めると、功子濃度が跳ね上がっているのを感じる。

 沼の最大活性が始まっているのだ。


「巫女殿」

「何だ、叛逆者。逃げ出したくなったか?」

「このまま捨て置けば、上の街に住む人々はどうなる?」

「死ぬ。巻き込まれ、功子に還元される」


 直線の問いかけに、直線で答える。

 黄金のひとみは、それでも揺るがない。


「ならば、助けに戻らねばなるまいよ」

「無茶を言ってくれる」


 思わず、オレの口元が皮肉げに歪んだ。

 臨界までの時間は残りわずか。窮地なのはオレたちも同じ。沼が最大活性すれば、この場所ごと、オレたちの身体も功子に変換されてしまう。

 むしろ、この状況を打破しようとするのならば。


「叛逆者。おまえの功子全投射で、沼ごと街を吹き飛ばす。それ以外に、スワンプマンの企みを防ぐ手段はないと知れ」

「…………」


 彼女が、ゆっくりと目を閉じる。

 そうして。


「否だ」


 きっぱりと、そう言った。

 だろうなぁと、オレは笑うしかなかった。

 つきあいの時間は短いが、こういうのは解っていた。


 、こちらの言うことを聞いてくれるわけがない。


 だが、ならばどうする?

 如何として埒を明ける、グイン?

 考えろ、考えろ神の巫女──


『これはお困りのようデスじゃな、巫女様がた。お助けしましょうデスじゃか?』


 瞬間、頭上から声が振り注ぎ。

 沼の虹色の湖底が、宝石を敷き詰めたように輝き、球体頭の顔に変わった。

 拡張投影現実プロジェクターマッピングか。


「スワンプマン! どの口がほざく!」

『もちろんこの口デスじゃが、絶体絶命の巫女様?』


 ニタニタと、巨大な球体頭がほくそ笑む。


『おやさしい巫女様のことデスじゃ。街の住民たちが犠牲になるとわかって、そのコンバーターを吹き飛ばすことは出来ませんデスじゃろ? そんなことをすれば、記憶とへその緒で繋がった工員たちは全滅デスじゃだ。そんな残虐、巫女様には出来ますまいデスじゃ』

「罷り通らんな、それは……!」


 確かにそれは出来ない。

 神の所有物を、オレの意志で破壊するなどと言うことは──

 ギリッと唇を噛み締める、血が流れ出す。

 スワンプマンが、笑いながら視線を隣へと移した。


『さて、本題はこちらデスじゃ。そこにいるのは叛逆者殿デスじゃね? カイザー様に徒為す恐ろしい化け物……しかし、戦力としては有能デスじゃ。じつは我が輩、新たな神になりこの世を治めようとしていますのデスじゃ。ふふ、まどろっこしいのはなしデスじゃ。端的に言うと、叛逆者殿──』


 わたくしの手下になりませんデスじゃか?

 と、球体頭は、言った。


『いまなら功子を常時供給。不老不死になれるうえ、格段に強くなれますデスじゃよ? さすれば全能万能、やりたい放題デスじゃ!』

「な!?」


 オレは絶句する。

 まさか、このタイミングで、こんな状況で。

 スワンプマンは、キリクを仲間に引き入れようと言うのか!?


 彼女は、確かに神への強い憎悪がある。

 そして、力への憧憬もひとしおだ。

 条件はそろっている。

 膝を折らない理由がない!


 オレは、キリクにすがりつきそうになった。彼女を力ずくで止めようとした。

 けれど、その目が。

 黄金の瞳が、あまりにまっすぐに。



 悪魔の誘いを、否定したから。


『な──なぜデスじゃかぁああ!?』


 これに驚いたのは、スワンプマンのほうだった。

 圧倒的優位から、断られるはずもない誘いを拒絶されたのだから。


『神は強大デスじゃ。叛逆者殿だけでは、我が輩にだって勝てないのデスじゃ。断るなんてアリエナイのデスじゃ!! は……ははーん、さては臆したのデスじゃね!?』

「……? 臆しているのは、おまえだろう、スワンプマン」


 キリクが、首をかしげ、言う。


「この階層にやってくるまで、私は幾人もの人々を見た。彼らの多くは神をたたえる一方で、その力を畏れていた。当然だ、世界を自在に変える力だ、私だって恐ろしい」

『であれば!』

「同じように、力と恐怖で支配するのなら、おまえも邪神と何ら変わりないではないか、スワンプマン」


 ぴしゃりと、キリクが言ってのける。


「おまえのような邪悪にな、立ち向かうこともなく旅を中断したら、私は大切な恩人に怒られてしまうのだ。だから──不老不死は、いらない!」


 拳を打ち鳴らし、彼女は高らかに言う。


「おまえの企ては、ここで挫かせて貰うぞ、邪悪!」

『ぎ、ぎいいいいいいいいいいいいいいいいいい! ザマアみせてやるデスじゃからの、あとで吠え面をかくのデスじゃあああああああ!!』


 歯ぎしりをしながら、スワンプマンの顔がかき消える。

 同時に、周囲の輪郭が溶け始め、境界線が曖昧になる。地下施設が沼と融合を始めたのだ。


 球体頭の目的ははっきりした。

 沼を変換炉に、街を鋼の肉体に、そして工夫たちを功子の原料に変えて、神に成り代わることだ。

 ならば、この場所もすぐに、やつに飲み込まれる。

 実際、湖面はどんどん下がってきている。


 そんな危機的な状況で。

 しかしオレは、笑ってしまっていた。


 その痛快さに。

 キリクの、愚かしいまでのまっすぐさに。


 だからだろう。

 わだかまりも忘れて、オレはとんでもないことを口走ってしまったのだ。

 すなわち、


「キリク、おまえ──オレの婿殿にならないか?」

「……そうしないと、ヴィーチェを助けてくれないと言い出すか?」


 笑顔で首を振った。

 そういうだろうと思ったし、こんなものだろうとも思っていた。大切な人というのも、そのあたりだろう。

 ただ、心がこれ以上なく晴れ晴れしていたから。


「スワンプマンとオレは違う。約束は守るとも、婿殿。だが、その前に──」


 オレと彼女が、同時に戦闘態勢に入る。

 周囲の培養槽が泡立ち始める。沼が大きく波打ち、光の加減が変わる。

 そして、湧き出すように前方から、無数の敵影が出現した。


 それは八本の脚を持つ、多脚戦車の一個師団だった。


「ああ、あれを蹴散らしてからだな」


 キリクが、天へと拳を突き上げながら、叫んだ。


「功子転換──戦鬼転生!」


 吹き荒れる熱波とともに。

 真紅の鬼が。

 その双眸が!


 いま──黄金に輝く!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます