第六節 ペリモム食べる

「──殿──女殿!」


 真っ先に自覚したのは、懐かしい薫り。

 遠い、遠い過去──決して交わらない断絶──どこかで嗅いだ覚えのある、望郷の残り香。

 死臭と煤煙のなかに漂う、芳ばしい穀物の匂い。


 覚えている、確かに。

 穀物なんて、この世界にはほとんど存在しないのに。


「巫女殿! 巫女殿!」


 ぼんやりと目を開ける。

 鮮烈な色彩の髪を振り乱した彼女が、必死にオレを呼んでいた。

 まっすぐな、直刃のような眼。

 叛逆者は、オレを見つめて。

 オレは。


「……グイン」

「なに? なんと言った、巫女殿?」

「グイネヴィア・ノウァ・ガラハド。覚えなくてもいい、誰も呼ばない記号だから」

「…………」

「それより、ここは、どこだ?」


 起き上がり、ぐるりと周囲を見渡して、オレは首をかしげた。

 どうにも奇妙な場所だった。

 寝転がっていた床は有機配線にまみれており、周囲には無数のアクリル窓がついた円筒形パーツがごろごろ。

 そして降り注ぐベール、揺蕩う虹色の光。それらを観測する知覚系には、ときおりノイズが走り。


 見上げれば、虹色の水面が波打っている。


「巫女殿が咄嗟にかばってくれたのだが、どうやらここは沼の底らしい」


 ──思い出した。


 叛逆者の言葉で、記憶のバックアップに成功する。

 いや、一部は不全を起こしたままか……N-verコードの性質上、是非もない。


 そうだ、N-verコードによって脳内が浸食──ああ、塗りつぶされた。あれは神が提供したものとは違うものだ──された瞬間、オレは咄嗟に功子を使ったのだ。


 両袖を拡張し、彼女ごと全身を貝殻のように包み込み、一種のシェルターを構築した。

 そうしてそのまま沼へと落下して──本来なら粉々に分解されるところを切り抜けたのだが。


「まさか、湖底がこうなっていたとはな」


 斜塔の街の地下、沼の底。

 眼前に広がるのは──おぞましいまでの悪逆だった。

 円筒に着いた窓をのぞき込めば、そこにあるのは人間の顔。

 培養槽。

 クローン技術によって保たれた、完全な素体。


 ──


 ずらりと並ぶ円筒には、すべての人間が納められ。

 そこから伸びるケーブルが、へその緒として地上の住人たちにつながっているのだ。


「見え透いたか、絡繰りが」


 想定よりも少ない、見かけ上の情報ドラッグ使用量。

 沼に投身自殺するたびに、吐き出されよみがえる住人たちの正体。

 まったくおなじ匂いのする住人たち。

 それが、これだ。


「巫女殿、これは、いったい?」

「わからいでか。死ぬことも許されずかされて、〝資源〟にされているのさ、こやつらは」

「資源……」


 理解し、眉根を寄せる叛逆者。

 そう、〝資源〟だ。

 新型N-verコードを作るための、〝資源〟なのだ。


 N-verコード自体は、神が無より作り出した、膨大なあらゆる記憶を内包する情報素子だ。

 人間の記憶の摩耗、欠落を埋めてしまうほどの膨大な情報だ。

 きっとこれ自体は、エネルギーに置換され、利用されているのだろう。


 では、いつわりの、新型N-verコードは、なにに由来するものか?

 ずばり、


 産まれた落ちた瞬間から、このときまでの。

 痛み、苦痛、怒り、嘆き、絶望、喜び、祈り、希死念慮──ありとあらゆる感情と記憶が、そのままドラッグとにコンバートされていたのだ。


 神が与える福音ではない。

 無から創造される、神秘体験の記憶ではない。

 無数の住人の記憶を搾取し混交した、混沌そのものが、新型情報ドラッグだったのだ。

 ひとを塗りつぶす他者の記憶こそが、それだったのだ。


「グッ」


 怖気の走るものを頭に塗り込まれたという事実に、躯体が不備の悲鳴を上げる。

 テセウスの船だ。


 壊れた船体を修復するために、パーツを交換していく。

 繰り返すたびに真新しくなる船体は、いずれ原形をとどめなくなる。

 はたしてそれは、元と同じものだろうか?

 住人たちの記憶は、意志は、魂は──もはや、何処にもないのではないか?


 新型情報ドラッグが、オレの想像するとおりのものだというのなら。

 接種し続けた住人たちがどうなったかなど、考えるまでもないことだ。


 まったくおなじ記憶で補填された、空っぽの器。


 同一の記憶で駆動し、へその緒を介して感情をフィードバックされ、身体が古くなれば──病を患えば、臓器ごと新品と交換される存在。

 そんなもの、もはや人間とは呼べない。

 量産された、機械に過ぎない。


 おぞましい。

 これほどおぞましいものに、スワンプマンは、オレさえ取り込もうとしたのだ。オレを街の一部にしようとしやがった。


 そうだ、この街はもはや、一個の有機的な機械に過ぎない。

 労働的機械そのもの!


同一性存在スワンプマンなどと、笑わせる」


 不老の正体は、ただの尊厳の剥奪ではないか。

 ……だが。

 なんのために球体頭は、こんなことをしている?


 住民の機械化は、許せないことだ。

 とはいえ、効率化ならほかにいくらでも方法があるだろう。


 なにより、こんな急所のような場所にオレたちを投げ出す意図がわからない。

 確殺できる保証など、微塵もなかったであろうに──


「巫女殿、こんなときに確認することではないのかも知れないが」

「──ん? ああ、解ってるよ。魔女の身体を再構築できるか、だろ? へそが茶を沸かす」


 これまで、絡繰りに気がつかなかったのはオレの落ち度だが。

 しかし、種が割れれば造作もない。


 ここには、躯体を造り出すための材料がいくらでもある。

 情報の海、資源の海原。

 この沼自体が、超巨大なプラントなのだから。


 笑わせる。

 沼がなければ、新型N-verコードもうまれなかったという訳か……。


「私は役に立っていないようだが、願いを聞いてくれるか」

「さげすむな、叛逆者。自分の価値を安売りするやつは莫迦だ。オレは約束は守る。もちろん、ここを探索する手伝いはして貰うし、証拠を集める必要があるから、そのあとにだが」


 彼女をぞんざいにあしらいながら、考える。

 問題は、オレが功子を消費しすぎたことだ。

 混乱状態で反射的にとはいえ、シェルターの構築とこの叛逆者との戦闘でかつかつだ。


 ……そうだ。いま彼女が、オレを殺そうと思うのなら、それは容易い。

 命と引き換えだと脅迫されれば、いかにオレでも魔女の復元ぐらいはやってしまうだろう。

 それを考えると、叛逆者の謙虚すぎる対応は、どうにも釈然としなかった。


 ……ふむ。


「すこし、補給がいるか」


 独白しつつ、オレは袖の中身をひとつ、取り出した。

 万が一の備えを始めることにしたのだ。


「それは?」


 不思議そうに、叛逆者が首をかしげる。

 どうやら辺境人である叛逆者は、こんなありふれたものすら知らないらしい。


「ペリモムだ」

「緊急時携帯糧食と刻印された、四隅が赤黒に染まった紙束にしか見えないのだが……」


 胡乱な顔をする彼女。

 どうやら本当に知らないらしい。


『その名称を気に入ってるのは、巫女ちゃんだけだぜ? 珪素騎士はこう呼んでる、紙肉デッドチップってな』


 また、亡霊の声が蘇る。

 復活する予定もないのなら、あまりオレをたぶらかさないで欲しい。


 ……確かにコレは、一般的な呼称ではなかったかも知れない。

 うん、百聞は一見にしかずだろう。未知を知るのは喜びだ。


 束になっているシールを、オレは一枚、ぺりっと剥がす。

 そうして彼女によく見せると、口の中に放り込んだ。


 もむもむ。


 噛んでいると唾液で膨らみ、飲み込むとそれなりの満腹感が得られる。

 もう一枚、食べる。


 ぺりぺり、もむもむもむ。


 ぺり、もむもむ。


「なんだ、そんな顔をして。もの欲しいのなら相応の態度というものがあるんじゃ、あーりませんか?」

「いや……欲しいわけではなく」

戦場いくさばで、功子切れは役立たず。いいからおまえも、喰っておけ」

「むぐぁ!?」


 強引に、一枚彼女の口に押し込み、そのまま飲み込ませる。

 柔らかな唇に一瞬触れて、オレの方がドキッとする。

 筆舌しがたい表情をしていた叛逆者だが、消化が始まるとさらに名状しがたい表情になった。


「功子が、十ちょっと回復した……」

「割がいいだろう」

「鉄錆のような味がする……」

「味とかなんとか、そんなことは些細なことです。さすが我らがカイザーのギフト、偉大すぎて下々にはなんか理解できない」

「…………。ちょっと、待っていろ」


 無言で頭を抱えていた叛逆者だったが。

 やがて、頭痛をこらえるようにして動き出した。


 そのへんの有機ケーブルを適当に引き抜き、器用に絶縁コーティング部分だけを切り取っていく。


「何をするつもりだ?」


 問いかけるオレに。

 彼女はやけに切迫した表情で、こう答えた。


「料理を、するのだとも……!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます