第五節 九七式多機能功子密束投射装置

「こぉぉぉぉぉぉ……」


 深く、深く体内に酸素を取り込み、総身の気息を活性化させる。

 万全でなお及ばぬ相手に挑むのなら、肉体的な付け焼き刃でも、気功の助けは必要なものだった。

 加えて、赤備えは従順だ。

 気を体内で巡らせれば、素直に力を吐き出してくれる。


 右手を緩く開き、顔の後方に引き絞る。

 左手は上にあけて、腰の先に。

 全身で、相手に食らいつく牙の構えをとる。

 拳とき手。

 このわずかなリーチの差が、戦場では生死を分ける。


「おいおいおい、玉砕覚悟って奴か? 笑わせるぜ叛逆者ぁ! 俺はにゃぁ、正直ここでの収穫を終えたら、ディス領域で馬鹿してる巨大馬鹿を殴って連れ戻さなきゃなんねーんだよ。だから、叛逆者ぁ、おまえとのお遊びはここまでさ。そこそこ最速で、片付けさせて貰うぜェ?」


 嘲笑を浮かべて立ち止まり、べらべらと無駄口を叩く珪素騎士。

 これまでの対局を振り返れば、侮るなと言う方が難しいだろう。

 なにせ私は、ほとんど太刀打ちできていない。


 それでも、勝つ。

 こいつを、殺す。


 そのために。


「呼べ、ヴィーチェ・ル・フェイ!」

『要請を受諾! 限定解除! 真造躯対拡張装具ヴァハ・バズヴ全活性オールアクティヴ!』


 まじないのような言葉を口にすると同時に、戯画女が発光。

 それに連動するように、私の全身を覆う〝赤備え〟の縁取りが、黄金と、淡い緑の輝きを放つ。

 そして──


「な、聞いてねーぞ!?」


 珪素騎士が、驚愕とともに飛び退いた。

 彼奴が背にしていたもの──〝彼〟の人工子宮が胎動し、内部からすさまじい勢いで、硬質の物体が射出されたからだ。


 こちらに向かって、殺意すら込めて飛来する〝それ〟を。

 交差の瞬間、逆手で捉える!

 そのための平手。

 拳を開かなければ、未来を掴むことはできないのだから。


『九七式功子密束複合投射装置〝大鴉レイヴン〟! 取り戻したわよ、構成因子の断片を!』


 〝それ〟は、銃把じゅうはのついた長方形の箱だった。

 全長は百三十センチあまり。

 純白の本体に刻印された、十字の紋章は緑色に発光し。箱の先端には、同じく十字形の発射孔が見て取れる。

 大型のトンファーのように握ってもみるが、間違いなくこれが正しい使い方ではない。


「どう使えばいい、戯画女!」

『操作方法を、すぐに強制インストールするわよ! えっと、同調開始──導入完了! あ、いいこと思いついた! ここに〝種〟を仕込んで──よしッ。やっちゃえ、キリク!』

「応!」


 カッと目を見開いたとき、〝それ〟をどう扱えばいいかは、すべて明瞭になっていた。

 脳内に刻印されていた理解不能な言語が、急速に意味を持ったものとして再解釈される。


「させるか!」


 何かの危難を悟り、妨害を試みる珪素騎士。

 臆することなく、私は功子投射装置の下部を掴み、銃把フォアグリップを思いっきり手前に引く。


 ガシャコン!


 すると、フォアグリップに連動し、箱の内部構造がレールスライドして露出。

 周囲の大気が、目に見えるほど急激に吸引され緊急圧縮。

 装置をつかんでいた手を離すと、伸長した分が自動で元に戻り──空っぽだった内部へ〝それ〟が装填される。


 銃把を基点に、箱を半回転。

 十字孔を、珪素騎士へと突きつける。


「放て!」

『あなたの言うとおりに!』


 ギィィィィィィィィン!


 引き金を引くのと同時に、功子投射装置が軋みをあげた。

 その射出音は、けたたましいカラスの鳴き声にも似ていた。


 真紅色の光輝。

 フォース功流を鉛玉一発分にしたような光体が、私の身体を吹き飛ばすほどの反動とともに射出されたのだ。

 光弾は一直線に珪素騎士へと直進し、炸裂する!


「があああああ!?」


 はじける光、砕け散る珪素騎士の蛍光色甲冑。

 初めて彼奴の動きを、こちらの攻撃が捉えた。


『超高密度に圧縮させた功子が、自らに莫大な作用を及ぼし、強制荷電および反発作用によって射出され、命中部位に作用・変異・崩壊を励起せしめる加速器。荷電粒子砲ならぬ、作用粒子砲! これこそが、九七式功子密束複合投射装置〝大鴉レイヴン〟です!』

「大仰に語っているところ悪いが、とどめを刺し切れていない! 彼奴はまだ来るぞ!」


 私の推測は、残念ながら正確だった。

 いや、慢心しなかったことを生き延びたら喜ぶべきだろう。


 珪素騎士は目の色を変え、無言のまま立ち上がる。

 右肩は砕けていたが、先ほどまでの嘲弄する気配がもはやない。

 やつは殺意を鋭く研ぎ澄ましながら──姿を消す。


 速い。それも、これまでとは段違いに。


 目では追いきれない。

 だから、戯画女が指し示すままに引き金を引く。

 射出される功子の弾丸。

 けれど──


「やはりまだ、俺の方が速い!!」


 弾着地点から、煙のように消え失せた珪素騎士の槍が、私の顔面へと迫る。

 反射的に功子投射装置で防御するが──嫌な音が響く。

 槍の穂先が三度獣のアギトと化し、投射装置の砲身を噛み砕いていたのだ。


『落ち度! 落ち度すぎでしょバカキリク!? 普通唯一の武器を盾にする!?』

「死ぬよりは安い!」


 それに、私の付属品なら、時間が経てば修復されるのだろうが。


『その時間が惜しいと──』

「叱責はあとで聞く! いまは……っ!」


 追撃を放つ珪素騎士に、壊れた投射装置で殴りかかると、彼奴はそのまま距離をとった。

 慎重になっているのだ。

 油断がなくなっているのだ。


「…………」


 彼奴に向けてカチカチと引き金を引くが、投射装置は動作をしない。

 珪素騎士が、ニタァと口元をゆがめた。

 私は──


「三十六計の外!」


 全速力で、穴倉の外へと飛び出した。無論、〝けい〟を足裏から放出し、ブーストすることは当然やっている。

 チラリと背後を伺うと、彼奴も追走してくる。

 ──そうだ、もうこの穴倉の住人たちは、奴の目には映っていない。


『ちょ、ちょっとキリク!?』


 なんだ。


『なんだじゃないでしょ!? ないです! 敵前逃亡って……なにをやっているのですか!』


 文字通り逃げている。

 軍にいた頃なら銃殺刑も間逃れないし、なんならそれは私の仕事だが、しかしここは軍ではない。

 最終的に勝つためなら、戦略的撤退もありだ。

 被害を拡大しないための最善手なら、なんだってする。


『ですが、あの珪素騎士の足は速いです。きっと追いつかれます!』


 その前になんとかする。

 だからこうして、なりふり構わずを目指して走っているのだから。

 それで……確認だが、この投射装置とやらは、功子を操作するためのものなのだな?


『え? ええ。弾体の精製や射出は副次的なもので、本来は大規模な功子の制御や、加速を行うための補助拡張装置。それが、レイヴンです。これがあれば、最大投射も多少は制御がたやすくなって、また細やかに功子を制御することも可能で──』


 ……そうか。頭の中に流れ込んできた知識は、どうやら正確らしい。

 であれば、功子を制御する機能は、まだ活きているか?


『え?』

「だから、射撃をする機能は壊れたようだが、功子を弾丸に加工したり、なんなりと操るちからは健在かと聞いている」

『それは……ええ、使えます。そこは無事です』

「功子を細く出力することも?」

『できます。でも、相手に致命傷を与えるような速度や出力で、功子を投射することはできません。どうするつもりですか、キリク?』


 いや、十分だ。

 それで十分勝てる。

 だから、ヴィーチェ・ル・フェイ。


「私とともに、ちょっとばかし死線をくぐってくれ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます