第四節 圧倒なりし珪素騎士、逆転の道はいずこ

 総身を紫電が疾走。

 頭の先からつま先までを、無数の小さな鏡が覆い尽くす。


 鏡は世界をそれぞれ反射し、奇怪なステンドグラスを形成。

 バラバラに反転をはじめ、裏側に描かれていた真紅を映し出す。


 雷電がほとばしり、空間が引き千切られ、真紅のステンドグラスが砕け散り。

 そしてこの身は新生した。


 軍帽を模した兜、後頭部から伸びる角のようなアンテナ。

 竜の頭部をもした右手。

 刃を重ねたような放熱フィンの左手。

 両足はしかと床を踏みしめ。

 左胸から伸びる配管は背後へとつながり、全身から蒸気を噴き出す。

 しかして両眼が──


 いま、黄金に輝く。


「──へー」


 楽しげに、珪素騎士が笑った。

 肩口に構えられた槍が、こちらへと穂先を向ける。


『キリク!』

「わかっている!」


 二度目の本格運用となれば、流石に悟る。

 赤備えは──

 即ち気息を巡らせれば活力が増し、足に気を集中すれば〝けい〟が通る。

 その要領で、噴進式戦闘機のような速度で地を蹴った私は、不規則に左右へと跳躍。

 先ほどまでとは比べものにならない速度で、狙いをつけさせぬまま、彼奴の懐に飛び込む!


「やるじゃん、叛逆者! さすが神話に名高き赤き竜!」

「黙って死ね」


 迎え撃つことを諦めた珪素騎士は、口笛を吹きながら脚部の車輪を回し後退を選ぶ。

 だが!

 それよりもわずかに早く!

 私の全力の拳が、彼奴の水月に打ち込まれる!


 渾身の一打。

 人間であれば絶命する一撃は。


 ……しかし、哀しいほどに、浅い。


 超加速で瞬間的に距離を開けられたのだと理解したときには、返しの蹴りを叩き込まれていた。

 両腕を交差し防御。

 装甲が、酷く軋む。

 否応なく、距離が開いた。


 一呼吸。

 ゆっくりと、構えなおす。


「悪いが俺さぁ、どんな感覚よりも素早く動けるってのが取り柄でね。そのせいで面倒な子守りを任されたりするんだが……さて、どうやって突破するかい、叛逆者ぁ?」

「無論、正面から」

「いいねぇ! けど、ここは俺の間合いだぜッ? すべてを貫く功子槍の冴え、味わってみなぁ!」

「──っ!」


 息をのむ。

 床の装甲板を食い破りながら、彼奴の両足の車輪が回転。視界から一瞬で消え失せる。

 あとにはタイヤの痕跡のみ。

 残像すらも存在せず。

 反射的に頭上で両腕を交差させれば、重量級の槍の打ち下ろし!


 竹か何かでできているのかと言うほどに槍はしなり。

 そのまま反転。

 鋭利な突きが放たれる。


 バグン!


 奇異なる技が再び起こった。

 尋常ならざる音を立て、槍の穂先が開閉。

 アギトとなって私の右腕を噛み切ろうと迫ったのだ。


 両足から力を抜き、背後に向かって倒れ伏すことで回避。

 さらなる追い打ちを、曲芸的なバク転でなんとかかわす。

 だが、敵もさるもの攻撃の手を休めない。

 穂先が分裂したと錯覚するような、超高速の連撃が繰り出される。


「ほらほらほら! さっきの威勢はどこに行ったんだ、叛逆者ぁ!」

「おのれ……」


 捉えようと集中するたび、彼奴の姿は視界から消えてしまう。

 高速戦闘こそ、彼奴の真価であることは痛いほど解っていた。


 まさに野生の猪のような俊敏性。都会暮らしは勘違いをするが、猪は猪突猛進が全てではない。直進し、

 それは正しく、人類を越えた機動!


「最速にして絶対貫通の騎士。それが、俺だぜ。捉えきれるかな?」


 背後から蹴りつけられ吹き飛ばされる。

 衝撃で息が詰まるが、槍の一撃なら死んでいたと幸運に感謝し──唾を吐く。


「……遊ばれているな」

『少しは冷静になった──なりましたか?』

「ああ」


 珪素騎士の姿を、視界中の矢印や数値、目印が随時追尾してくれているのだが、いかんせん私の反応が追いつかない。

 速い、とにかく速いのだ。

 一撃の重さは耐えきれるほどだが、そもそも防御力というのを無視して噛み砕いてくる。

 そのたびに、大きく身体の力が削れていく感覚がある。功子の残量も目減りしていく。

 このままでは、ジリ貧だ。


『落ち着いたのなら聞いてください。珪素騎士は炭素生命体の上位存在です。珪素は炭素とよく似た物質でありながら、数倍の容量を誇るの。だから遺伝子が三重の情報量で、骨格や筋肉の質が、そもそも人間と違う。神経の反射も、行動の始まりと終わりも規格外なのです』


 なるほど。だから、私の反射を超えて動けると。

 それで?

 まさか、勝てない相手だから諦めろと?


『いいえ。勝てる相手だと言っているのです。なぜなら、珪素騎士は常に無茶をしている』


 それは。


『簡潔に言います。珪素は炭素と同じ振る舞いができません。珪素は硬く、炭水化合物を作るような物質としての柔軟性がありません。本来なら珪素基生物など、存在できないのです。ですが、それを可能にするちからがあります』


 ……それが功子、か!


『イグザクトリー! 廻坐乱主は功子を用いることで、無理矢理珪素に炭素と同じ動きをさせ、珪素騎士を生み出しました。逆に言えば、珪素騎士の体内では常時、功子が循環しているのです。もし、その流れをかき乱すほどの功子をぶつけられれば──』


 彼奴をたおしうる、か。

 承知、承知。


「委細承知!」


 至近距離での戦闘を続けていた私は、大きく後方へと退く。

 珪素騎士が加速態勢に入るよりも早く、右手を突き出す。

 装甲を展開、右手の保持完了。

 戯画女、功子の最大投射を要請する!


『あ、それは駄目。ダメダメよ、キリク』

「……は?」


 思わず間の抜けた声が出る。

 当然、この隙を見逃すほど敵は甘くはない。音速を超えた彼奴が、必殺の一撃を叩き込む。


「がぁっ!?」


 食いちぎられる脇腹。

 絶対先鋭の槍が、私の脇腹を、砲弾が直撃したごとく吹き飛ばす。

 致命傷……!

 間違いなく、これは致命傷で。


「……あァん?」


 珪素騎士が、怪訝そうに得物を引き戻す。そのまま、なにかを警戒するように距離をとった。

 私自身も、驚愕に足を止めていた。


「な、なにが起きたというのか?」


 いままさに、削り飛ばされたはずのはらわたが、無傷で存在していた。

 装甲こそ消し飛んでいたが、幼女のつるりとした腹筋が傷一つもなく露出している。


『もー! 落ち度ですよ! 落ち度ポイント百点! キリクったら、戦いながらでもちゃんと話を聞いてくださーい』

「いや、その前にこれは何だ?」

。念押しですけど、今回はたまたまソレが起きただけです、次はないですよ?』


 ──はぁ?


『そんなことより! 功子の最大投射──フォース功流は加減できません。掛け値なくすべての功子を吐き出してしまうので、次のタイミングで確実に行動不能になります』


 疑問はいくつも湧いて出て、思考は混乱の極地にあったが。

 それでも兵士として積み上げてきた経験が、おのれの職務を果たすという意識付けが、彼女の言葉の重要性を理解する。


 ああ、察した。

 大技は、外せばそこで終わり。そしてこの敵は。


『当てるには、速度が速すぎます』


 だが、現状ではこいつに打ち勝つ手段がほかにない。

 いまは疑問を投げ捨てて、一か八か、そのフォース功流に賭けるしかないのでは?


『一か八かなどありません。キリクには、なんとしても生きて、廻坐乱主の居る最下層まで辿り着いて貰わなくては困るのです。ですから』


 ──より確度の高い作戦を提示します。

 と、彼女は言った。


 作戦。

 このどうしようもない状況で、策があるというのか。

 逆転の、策が。


『無論です。だってここには』


 視界の中で戯画女の顔が、あのときのようにわずかにブレ、笑みを形作る。

 彼女は不敵な笑みを浮かべ、そうして言った。


『あなたを拡張するための、パーツがあるのですから』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます