第三節 魂が知っている

 頭の奥深くで、なにかが


『キリク!』


 戯画女の制止など聞こえない。理性の警告など意味がない。もとより足踏みの理由もない! 

 衝動的に、反射的に、最速で真っ直ぐに!

 目前の〝敵〟へと、飛びかかる。


 敵だ。ああ、敵だとも。

 あれを敵と定めず、なにを敵とするものか!


『ぐっ! 間に合って、限定功子転換──右腕!』


 振りかぶった右腕がかすむ。

 赤い炎を貫いて、それは幼女の儚いものから、硬質な鎧へと変換される。


「誅伐!」


 多脚戦車の装甲をもひき裂く一撃が、いけすかない顔面へと炸裂して──


「はん」


 一切の傷をつけることもできず、首の力だけで押し返される。

 駆逐艦の船底を殴ったときのような、どうしようもない触感。

 ハッと目を瞠り、痺れた腕を振りながら、即座に背後へと跳躍。

 けれど!


鈍重おそい、なぁ!」

「がああああああああ!?」


 振り抜かれた槍の石突きが、私の顎をしたたかに打ち抜いた。

 軽量級の身体は吹き飛び、ゴロゴロと床を転がる。


「……なんだぁ? ぜんっぜん弱ぇ。カイザー神様のお気に入りってんだから、ドンだけツエーのかって期待してたんだが……こりゃあ、買いかぶりか。見た目はカンペキお気にだろうが、この弱さじゃな。うむむ、うむー……巫女ちゃん楽しみにしてたけどなぁ……しゃーねーなー──名乗りもせずに、お仕事を先にこなしますかねぇ」


 珪素騎士がブツブツと呟く。

 顎が割れ、脳を揺さぶられ。

 ボドボドと血をこぼす私が、立ち上がれない間に事態が進んでいく。


 騒ぎを聞きつけて、〝彼〟の家族が集まってきた。

 子どもたちが、好奇心いっぱいにやってきた。

 奇怪な騎士は鼻歌を歌いながら、腰を落とし、〝彼〟の家族へと槍を構え。


「やめ──」

「レェェェッツ、収穫ターイム!」


 彼奴の身体が、颶風ぐふうと化した。

 両足の車輪が回り、蛍光色が尾を引くたびに。両手がかすみ、槍が放たれ。

 そのたびに、


「ぎ──」

「──ぎ──」

「かみ、さ──」

「ゆる──し──」


 〝彼〟の家族が、血の花を咲かせる。

 槍はどういう理屈か、命中の瞬間ケモノのごとくアギトを開き、肉を食いちぎる。

 ゆえに、一突きごとに、ひとつの命が奪われる。

 一衝一殺。

 まるで巨猪オオイノシシの突進が、なにもかもをなぎ倒すがごとく、穴倉は蹂躙されてゆく。


 旋風がおさまる。

 真っ赤に染まった奴の槍が。

 アギトとなった穂先が漏らす、くちゃり、くちゃりという咀嚼音だけが、穴倉の中に反響する。

 ……救いを求めた念仏すらも、もう聞こえない。


『キリク。あれは珪素騎士。円卓の残り香にして神の使徒! 生物の身体を功子で乗っ取って生成される、珪素基生物兵器! 人間を遙かに超えた遺伝子情報量と身体能力を持っていて、信仰のために生物を収穫する上位者で──』

「ヴィーチェエエエエエエエエエエエエエエエエ!!」

『──っ』


 憤激する感情のままに叫べば、彼女は押し黙った。


 なんだそれは?

 それがなんだというのだ?

 いま重要なのは、そんなことではないだろう?


 私は、神を殺すためだけにここにいるのだ。

 人民の敵を殺すのが、私の役目なのだ。

 そしてあれは──私の敵だろうが!


「ヴィーチェ、戯画女! 貴様が真に、私を導く魔女だというのなら! いまこそ戦う力を与えてみせろ! 彼奴を殺す力を、いまここにぃぃぃ!」

『……アンタの身体は未完成で、功子の残量も最大ではない。わかっていて、言ってるのですね?』


 わかる、わからないの問題ではない。

 勝てるかどうかですらない。

 私は今。

 なにをなげうってでも、あの邪悪を止めねばならんのだ!


『……なら、承認符号アクティヴコードを宣言して』


 それは、了承を告げる符号。


 私にはわからない。

 この世界のことが。なにが起きているのか。どこへいけばいいのか。何一つ解らない。

 それでも!


『アクティヴコードは──』

「功子転換──戦鬼転生!」


 いまは戦うべきだと、魂が知っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます