第三章 圧倒なりし珪素騎士

第一節 集落と股間の切迫感

 〝彼〟に案内されるまま辿り着いた場所は、ことさら奇妙な景観を誇っていた。

 パイプズマイの巣から、それほど遠くない位置にある断崖。

 弩級構造体を構築し、仕切りをしている強固な壁面の一つだ。


 漢字に似た巨大な文字が刻まれており〝揺籃重工〟と読めなくもない……ような気がしないでもない。


 積み木をでたらめにくみ上げたような、数多の材質で作られた巨大な隔壁。

 その壁面をつぶさに観察すると、ところどころに穴が空いているのが見て取れる。

 排気口にも見えるそこに、〝彼〟の集落は存在したのだ。


「な・ぐら」


 〝彼〟は舌足らずな様子で、そのように発音した。

 なぐら……穴倉、だろうか?


「か・むら……ん……巣、ここ……〝おれ〟の」


 むら……村か。

 なるほど、ならばここは、〝彼〟の故郷むらという訳か。


 そんな場所を前にしていながら。

 私はじつに、じつに切実な危機に陥っていた。


「おい」


 内股をこすり合わせ、両手を祈るように抱き、顔を青ざめさせながら、私は視界の中の妖精へと語りかける。


『何ですか、キリク? あと、あたしの名前はヴィーチェ・ル・フェイです。〝おい〟ではありません。気軽にヴィーチェさんと呼ぶように』

「へそ下あたりがやたら切ない」

『は?』


 もう少しきちんというのなら、股ぐらあたりに酷い切迫感があった。

 この感覚に覚えはある。

 ないわけがない。

 だが、ここまで酷いものは知らないし、なにより感じるわけがない。

 なぜなら、私は日本男児で──


『……ああ、排尿ですね』


 言いにくいことを、こともなげに言い放つ蒼髪の妖精。

 そう、ここまできたら隠すまでもない。

 私は、排尿感に身もだえていたのである。


『漏らしても誰も気にしませんし、別にその辺で済ませて貰って構わないのですけど……?』

「〝彼〟がいるだろうが!」

「……、……?」


 小声で怒鳴ると、先を歩いている〝彼〟が、感情の読み取れない顔で振り返る。

 私が男のままなら、その辺で立ち小便をすればすむ話だ。

 だが、この身体は幼女である。

 幼女が人前で排尿するなど、度し難いにもほどがあるだろう。


『あの、キリク』

「なんだ」

『言いにくいことなのですが、その……』


 だからなんだ。

 短いつきあいだが、貴様が歯に衣着せぬ女だと言うことは解っている。

 はっきり言ったらどうだ?


 私がそのように意志を伝えると、妖精は無表情に。

 しかしどこか困ったようなそぶりで。


『あなたは、男性のつもりだったのでは……?』


 と、おずおずと申し出た。


「…………」

『…………』


 …………。


「おのれ廻坐乱主ぅぅぅぅぅッ!」


 私の怨嗟の叫びが、弩級構造体に何処までも反響するのだった。


§§


 さて、なんとか用向きを済ませた私は、


『なんとか、ですか』


 うるさい。済ませたのだから済ませたのだ! あるべきものがない感覚にはちっともなれなかったがな!


 とかく、済ませた私は。

 いよいよ〝彼〟の村へと足を踏み入れた。

 そこは、奇妙な場所だった。


 垂れ下がった配線や、せり出した壁がとして機能しているだけで、基本的には吹き抜け。

 それでいて、見通しは悪い。


 物陰には〝彼〟とよく似た、あるいはもっと変化が進んだ外見の人間たちが、力無く腰掛けている。

 ほとんどのものは無気力で、唸るようになにか、お経のような文言を唱えている。

 背格好の小さなもの──子どもだろうか?──だけが、好奇心旺盛に、ちらちらと私へと視線を向けてきた。

 その様子は、戦時中に密林で出会った部族を思い起こさせる。


「〝おれ〟が……〝おれ〟の、めし当番……ぎぎぎ……めし、掴まえる」

「君は漁師で、家族の食事をまかなっている、と言うわけだな?」

「たぶんそう……いまは、そう……」

「それで、パイプズマイが焼ける匂いがしたから、私のところに来たと」

「ぎぎ……ぎ……」

「なるほど」


 〝彼〟との会話が成立しているかどうかはかなり怪しいのだが、こちらの言っていることはわかるらしいので頷くしかない。


「だから……連れてきた、おまえ……分けてほしい……めし……ぎぎぎ」

「そういう約束だ、覚えているさ」


 私は、背嚢を床におろし、中身を取り出した。

 それまで興味がなさそうだった大人たちが、急に鼻を鳴らし、一斉にこちらを見る。


 ……なにせ体躯がひ弱な幼女なので、すこし怖じ気づきもしたが。いやいや私は日本男児で憲兵だ。

 虚勢を張りつつ──掴まえた大量のパイプズマイを、〝彼〟らへと差し出す。


「ぎぎぎぎ」

「ぎぎ」

「ぎ……ぎ……っ」


 わっと押し寄せてくる集落の人々。

 彼らは手に手にパイプズマイをつかみ、奪い合うようにして持ち去っていく。

 鰻の掴み取りのような有様だった。


「ごちそう」


 〝彼〟──結局名前は聞いても解らなかった──がそういうのだから、御馳走なのだろう。

 であれば、少しは私の気分もよくなる。


『優越感に浸っているところ悪いのだけれど、キリク。はやくそいつに案内して貰って頂戴。まさか、ここに何をしに来たのか忘れた、というわけでもないでしょう?』


 戯画女に釘を刺され、私は首をさすった。

 正直、腹を空かしている人間を助ける方が、よほど大事だとは思う。

 けれど、たしかに目的があって、私はここまでやってきたのだ。


 ヴィーチェ・ル・フェイが察知した多数の熱量とは、パイプズマイの巣ではなく、この集落だったのである。

 そして、近づいたことでもう一つ、判明したことがあったのだ。


「では、君。約束の通り、集落の中心へと案内して欲しい」

「ぎぎ……わかった……ついてこい」


 それだけ言って、〝彼〟は先を歩み出した。

 私も、穴倉の奥へと向かって歩き始める。視界の中に表示される矢印が、同じ方向を指し示していたからだ。


 穴倉の中には、ほかにも十数人の人間がいた。

 みなどこか身体に異変を抱えており、子どもも大人もいた。

 老人だけは見当たらず、また全員に奇妙な既知感があった。

 前方を、〝彼〟がよたよたと進んでいく。

 その口元からはヨダレと、それから耳障りな祝詞がこぼれている。


「かみさま……ちのそこ、まってるかみさま……いだいなかみさま……ぎぎ……おすくいください……ぎぎぎ……かみさま……〝おれ〟たちを……ころさないで……」


 これが念仏の正体だ。

 〝彼〟らはどうやら、廻坐乱主を信仰しているらしく、穴倉の至る所から、この呪文が聞こえてくる。

 それも、聞く限り恐怖による信仰だ。念仏にも劣る。

 不快な祝詞だが、出て行くという選択肢はない。


『波長が強くなっている……やっぱりこのさきに、間違いなくあります。キリクの、投棄された拡張躯体が』


 ヴィーチェ・ル・フェイが語るところによれば、アーヴをあの場所に作り出すまで、たくさんの礎が必要になったらしい。

 そこで、開発段階だった〝ふぉーす・あくちゅえーたー・じゃけっと〟──〝赤備え〟の拡張部品を切り離し、各地で炉心として転用したそうだ。

 そのひとつがこの集落にあると、戯画女はいうのである。


『確かにあるはずです。功子リアクターに同調する波動を感じますから』


 廻坐乱主が強大であることは、理解しているつもりだった。

 私が、ひどくか弱いことも。


 本来なら鍛練を重ねて肉体を成長させるべきなのだろうが、そんな暇は存在しない。

 手っ取り早く強くなるためには、武器を手に取り訓練するしかないのだ。

 大戦の時とて、そうやって新兵を鍛え上げたのだから。


 だから私は、ここまでやってきたのだが──


「……?」


 だが、私は思い知ることになる。

 弩級構造体という場所が、いかに度し難く、異常な場所であるかを。

 新兵の気分でいることなど、一秒たりとも許されない人外魔境であることを。


「なんだ、これは……?」


 呻く眼前では。

 巨大なが、人間を喰らっていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます