第二節 構造体探訪録 キリクさんぽ

 沈む。

 沈む。

 ゴポリと吐き出した呼気は、泡となって空に昇ることもなく、同じ速度で湖底へと沈んでいく。

 閉じることのできない鼻腔へと侵入した黒い液体は、どこかで嗅ぎ慣れた、炭焼き小屋のような臭いがした。

 場違いながら、焼き鳥に近い風味。


 沈黙、沈降、沈殿。

 なにもかもを飲み込む暗黒の天体のように、ここではすべてが、下へと引き寄せられる。

 引力、重力。そういったたぐいのもの。


 ろくに鍛練も積んでいない幼い身体で、それでも過去の記憶を頼りに気息を必死に整える。

 全身の気を冬眠するように停滞させ、酸素の消費を極限まで押さえ込む。


 油は重い。ぶ厚くあつい。

 培養液の比ではないのだ。手足は鉛どころか、一切動かない。油を掻こうものなら、極小の〝手〟が幾万としがみつき、私をさらに奥深くへと引きずり落とそうとする。


 どこまでも。

 どこまでも、私の身体は、沈み続けて。


『油面境界まで、3、2──キリク、突破しますよ! 目を覚ましてエマージェンス!』


 人格が崩壊するほどの時間が経過したと思われたとき、聞き覚えのある涼やかな声が脳裏に響いた。

 次いで、ずぷりとなにかを突き抜ける感覚。

 私は──沈下を終えて、落下する。


「うぉおおおおおおおお!?」


 水中ならぬ油中から、突如何もない空間に放り出され混乱するが、反射的に姿勢を制御。

 地面が目の前に迫る中、手足を大きく広げる。

 着地するよりも一瞬早く、伸ばしていた手足を縮め、全身を丸めて衝撃を殺す。

 そのまま、蹴鞠けまりのごとくあたりに転がる。

 ……ああ、なんたる無様か。


「い、いまのは逝ったかと思ったが……」

『全身のスキャニング終了。損傷はないですよ、キリク』


 どうやら、無傷で着地できたらしい。

 呆然としながら見上げれば、天井一面が真っ黒だった。

 ときおりその表面が揺れており、ああこれは廃油の海なのだなと理解できた。

 どういう理屈かは知らないが、廃油が滴ることもなく空中に溜まっているのである。


『あまりに密度と粘度の高い廃油なので、油滴に分離しないんです。ほら、キリクの全身も、綺麗なものでしょう?』


 言われてみれば、全身のどこにも脂っ気がない。

 マントも軍帽も、綺麗なままだった。


「決して浮かび上がれないと、貴様は言ったな、ヴィーチェ・ル・フェイ」

『ええ。ですが、なんて言った覚えはありませんよ?』


 なるほど、詭弁である。


『さて、呼吸も問題がないはずです。転換炉が、体内で調整していましたから』

「万能だな、功子とやらは」


 本当に、恐ろしい力である。

 だが、これで得心がいった。

 帝都で廻坐乱主が見せた数々の奇跡。あれも、功子の運用によるものだったのだろう。

 心の底から恐ろしい。


 気を取り直して立ち上がった私は、周囲を見渡す。

 狭い通路のようで、配線や配管が入り組んではいるが、基本的に通れはする。材質こそ違うようだが、煉瓦レンガの道に近い。

 壁は、鉛とも鋼とも言えない奇妙な色をしていた。

 あかがねの色とも、また違う。


「この壁の素材はなんだ?」

『さあ?』

『解らないのか? 落ち度だな』

『むっ! ちがいますぅー! 複雑な合金なので、一言では言い表せないだけですぅー』


 なにをすねているんだ、こいつは。


『それよりも、キリク。生体反応がありますよ。この先からです』

「なに?」

『生物──それも、ある程度の数がいると思いますが。どうしますか?』


 どうもこうもない。

 私たちは一直線に廻坐を目指すべきだ。

 だが──


「それは、人間かも知れない、ということか?」

『否定はできません』

「……よし」


 わずかに考えて、私は戯画女が示した方向へと足を向けた。

 人間がいるなら、この女と話をするよりも有益な情報が得られるかも知れない。

 ……そういう建前で。


 きっと私は、人恋しかったのだろう。

 だから決断を下してしまった。


 まだ見ぬ脅威と遭遇するなどとは、夢にも思わずに。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます