妄想読書

作者 妄想読書

35

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

時代背景や著者の人間性なども踏まえ、所々で織り交ぜられながら語られる愛いっぱいの書評。
それ、全部 存在しないよ と笑顔で上から見ている作者さんの顔が浮かびます。
いろんなジャンルを読まれるんですね。そして、著者のこともしっかり調べた上で丁寧なレビューを書くんですね。
でもこれ全部、存在しないんですよね。
おふざけ設定と至極真面目な文体のバランスが絶妙で、このシュールさに一瞬で虜になりました。
そして、普通に読んでみたい本もちらほら。
でもいくら本屋を探してもミュンヒハウゼン文庫の棚はありません。
だって、存在しないから。

個人的にカクヨムで読んだものの中で一番面白かったです。

★★★ Excellent!!!

本作品に書かれているレビューは、どれもとても素晴らしく、原著の魅力をあますところなく伝えています。

問題は、『原著が架空の書籍であり存在しない』、ということです。

ここで、ふと思います。レビューとは、はたして何なのかと。

架空の書籍の魅力を、レビューによって伝えることができるのであれば、つまらない作品を、空前絶後の名作としてレビューすることも可能です。
逆に、レビューの出来が悪ければ、素晴らしい作品も、最底辺の駄作と第三者には思われるかもしれません。

つまり、本作は、架空の書籍を紹介するという企画的な面白さだけでなく、どうすれば読者が読みたくなるようなレビューを書けるかという、レビューの指南書としても読むことができる、一石二鳥の作品となっているのです。

ぜひ、ご一読を。

★★ Very Good!!

ここにあるのは決して読むことのできない本たち。
だって実在しないんだもの。すべては作者の妄想。
でもそこに本当にあるかのようにわくわくさせてくれる、ユーモアあふれる妄想たち。
あなたも作者の妄想に貫かれてほしい。
そして思わず、その決して触れることのできない本に手を伸ばすだろう。

★★★ Excellent!!!

「泥沼不倫の当事者と関係者が書いたリレー小説」「バベル以前にあったという統一言語が、結局見つからなかったレポート」「読者を心細い気持ちにさせるため架空言語で書かれた小説」……
本作品は、それらの風変わりではた迷惑な本へのレビューという体裁で書かれている。ドライユーモアというのだろうか、私はこういう作品が好きなので、100話くらいあったらまず目次をにやにやしながら眺めたい。続きを楽しみにしています。