FileNo.3 ロスト-06

 エンジン音が遠くなっていく中、商店街のアーケードの下を歩きながら、あたしはその時のことを思い出していた。確か……二週間前? それとも一か月前だったかな。


「紙袋を拾いました。横断歩道を渡ったくらいのところで」


 話しながら思い出してみる。確かアレは夕方、塾に行こうとしていたくらいの時間帯だった筈。


「植え込みの端にこう……高さ三十センチくらいの、ちょっとがっしりした袋が置いてあって。ちょうど巡回中の警察の人が通りかかったので、『落し物です』って渡したんですけど」


「ほー……良いことしたなぁ。偉いぞ、栄絵」


 雷瑚先生は笑い、あたしの肩をポンポンと叩いた。少し誇らしげな気分になる……いやそうじゃなくて。


「やっぱり、関係ないでしょうか」


「そいつを調べるのがあたしの仕事だ」


 そう呟くように言う雷瑚先生の瞳は、美しい青色に輝いていた。あたしは今でも覚えている。その輝きに、理屈ではない力強さを感じたこと。そしてそれを、これまで目にしたどんな青よりも綺麗だと感じたこと。


 あたしを家に送った後、雷瑚先生はわざわざ自分であたしの鞄を取りに学校に戻り、また引き返してきて、鞄と共に一つのお守りを渡してくれた。何でも、かなり御利益のあるものらしく、ひとまず変な現象はこれで起きないだろうと言った。その言葉は真実だったようで、その晩、あたしは枕元に何者かの気配を感じることもなく、ぐっすりと眠った。翌朝、久しぶりの快眠と、突き抜けるような晴天で、何となく『今日は良いことがありそう』なんて考えてすらいた。だから、思ってもみなかったのだ。


 その朝の登校時、あの横断歩道で、暴走したトラックがあたしに突っ込んでくるなんて。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます